Blog

Dr.矢野沙織のマウスピース型矯正装置(インビザライン)ブログ一覧

  • 八重歯

    デビューしてブレイクし始めた、八重歯がチャームポイントだったタレントさんや女優さん。

    しばらくして八重歯がなくなり、綺麗な歯並びになってしまっていたのを見て、

     

     

    「あの子、歯治しちゃったね…」

     

     

    「ねー八重歯が可愛かったのにね〜」

     

     

    といった会話、お友達や親しい方としたことありませんか?

     

     

     

     

     

     

    日本と海外で、大きく印象が異なる八重歯

     

     

     

     

    尖った犬歯が、歯列からはみ出して前に飛び出ている様子が、小動物みたいな可愛いイメージでチャームポイントとして扱われているのは日本だけです。

     

     

    欧米では、八重歯は悪魔やドラキュラといった不吉なイメージしかなく、”歯”に対して日本より意識が高く、金銭的余裕があれば、綺麗な歯にするための投資を惜しみません。にもかかわらず、ある程度年齢がいっても八重歯を矯正していないと、それだけで社会的印象が悪くなってしまうそうです。

     

     

     

     

     

    (とは言っても、最近の日本の”カワイイ”カルチャーやマンガが好きで影響を受けて、コスプレで付け八重歯をする親日家の方がいるようですが…)

     

     

     

    八重歯はイメージの良し悪しが問題なのではなく、立派な不正咬合です。八重歯をそのままにしておくと健康面で様々な悪影響を及ぼします。

     

     

     

    よーく考えてみて、高齢で八重歯の方って思い浮かば無いのではないでしょうか?

    ”八重歯がチャームポイントのおばあちゃん”なんて聞いたことありません。

     

     

     

    その理由は、歯が重なっていることにより、どんなに歯磨きを頑張っても、磨き残しの部分できてしまいます。徐々にその部分から虫歯・歯肉炎・歯周病のいずれかにかかってしまい、結局は歯が抜けて無くなってしまうのです。

     

     

     

    本来、犬歯歯根が一番長くしっかりしていて、他の歯と比較すると寿命の長い歯です。しかし、その犬歯が失われてしまうと、周囲の歯が犬歯の役割を補うことになり、負担が大きくなります。そしていずれほかの歯も負担に耐えられなくなり、失ってしまうかもしれません。

     

     

     

     

    八重歯の方がそうならないために、早い段階で歯列矯正することをおすすめします。歯列の凸凹が大きい八重歯ですが、目立つ矯正装置に抵抗があれば、透明のマウスピース型矯正装置・インビザラインでも治療することが可能です。

     

     

     

     

    実際に、SHIN矯正歯科でインビザラインで八重歯の歯列矯正治療をされている方の症例写真をご紹介します。

     

     

     

     

    治療前

     

     

     

     

     

     

    治療後

     

     

     

    個人差がありますので、似たような歯並びのかたが全く同じように歯が動くことはありませんが、インビザラインで八重歯の凸凹がこのように綺麗になります。

     

    ご自身やご家族で、八重歯の方がいらっしゃったら、トラブルが起きてしまう前に、ぜひ一度、当院の初診カウンセリングにいらしてください。

     

     

     

     

     

  • マウスピース矯正装置【インビザライン】でこれから矯正を始めようとしている方へ

    インビザラインをこれから始めようとお考えの方に、期間限定の素敵なお知らせです。

     

     

    只今、特別なスターターキットをプレゼントでお渡ししています。

     

     

    重厚なボックスの中には、マウスピースケース2つとオリジナルの携帯歯ブラシ、インビザラインの使い方の小冊子が入っています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    こちらはインビザラインを開発しているアライン社より、認定されたドクターのいる医院にしか提供されないギフトボックスだそうです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    なぜマウスピースケースが2つ入っているのか、不思議に思った方いらっしゃいますか?

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    インビザラインは一つのマウスピースを、だいたい一週間から10日間使用していただいて、次へと交換していきます。

     

    万が一使用中のマウスピースを無くしてしまった場合、何も歯に装着していない状態だと、せっかく移動した歯が後戻りしてしまいます。それを防ぐために予備用として、ひとつ前のマウスピースは保管しておくようにお伝えしています。

     

    例えば、青いケースは現在使用中のマウスピース、赤いケースにはひとつ前の予備用、といったように使っていただくためにケースを2つお渡ししているのです。

     

    そして矯正治療をはじめた方には欠かせない、携帯用歯ブラシ。

     

     

    矯正中は歯を動かしているので、歯と歯の間の隙間が大きくなり食べ物が詰まりやすくなります。また、ワイヤー矯正もマウスピース矯正も装置に汚れが付着したままだと、虫歯・口臭などの原因になってしまうので、毎食後の歯磨きは欠かせません。

     

     

    インビザラインをはじめると、出かけるときはバックの中にお財布や鍵と一緒に、歯ブラシとマウスピースケースを必ず入れるようになりました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    このマウスピース矯正中には必須アイテムである、ケースと歯ブラシがインビザラインプレミアムキットのボックスには収められています。

     

    それから使い方の小冊子も簡単なイラストと説明が書いてあって解りやすいです。英語・中国語・韓国語など様々な言語で書かれているので、ちょっとした外国語の勉強になるかも!?

     

    数量限定なので無くなり次第終了してしまいます。

    気になった方はお早めにSHIN矯正歯科ホワイトエッセンスへ!

    スタッフ一同お待ちしております。

     

     

     

     

  • マウスピース矯正装置【インビザライン】の検査を控えた方に朗報! iTero エレメントで快適な歯型取りを

    インビザライン矯正を開始の検査時に、型取り材いらずで患者さまのご負担少なく歯型が取れる、

    最新の口腔内スキャナーiTero element(アイテロ エレメント)が、

    この度SHIN矯正歯科ホワイトエッセンスに導入されました。

     

     

     

     

     

     

     

    口腔内スキャナーは、従来の粘土のようなシリコン材を用いた歯型取りに変わって、

    お口の中の3次元形態を、小型カメラから直接コンピュータに取り込むことができる機械です。

     

     

    嘔吐反射の強い患者さんでも気持ち悪くならずに高精度な型取りができる点、

    また、データで瞬時に海外に発注を飛ばすことができて、

    マウスピース型矯正装置(インビザライン)での治療をよりスピーディーに進められる点に惚れ込んで、

     

    私も2年前よりエレメントの前モデルのiTero2.9を愛用してきました。

     

     

     

    カメラで撮影する度に、モニターにご自身の歯の形が映し出されて、

    あっという間に三次元形態が再現されるのを見て驚かれる患者さんを目にしては、

    「歯科界もデジタル化の波が押し寄せています!次世代の方法です!!」

    なんて得意げにお話してきました。

     

     

     

    想像してみてください。

     

    歯並びが気になって歯科医院へ相談に行きました。

    小さなハンディカメラが出てきて、10分足らずで歯型がコンピュータ内に取り込まれて、そのデータでコスタリカやメキシコのアライナー製造班に装置を発注することができます。

    更にスキャニング直後に、目安にはなりますが治療ゴールのシミュレーションも確認することができるのです。

     

     

    少し前だったら考えられないことが現実に、

    「まるで映画バック・トゥ・ザ・フューチャーの世界みたい。」

    と思わずにはいられません。

    そしてまた、これがこれからのスタンダードになっていくのだろうとも感じます。

     

     

     

     

     

    この度発売されたエレメントは、前モデルよりカメラが小型軽量化されて、

    撮影速度も格段に速まって、患者さまに嬉しい進化を遂げた口腔内スキャナーとなっています。

     

     

     

    なお、iTeroを用いた歯型スキャンニングは、最初のインビザラインを使用するための検査のタイミングと、

    ある程度治療が進んでから、

    更なる歯列の調整を行うために発注の必要性が出てくる、

    追加マウスピース作製時のタイミングとなります。

     

     

     

    最新技術をその目で確かめたい方に、

     

    これまでに歯型取りで気持ち悪くなってしまった経験があり、検査を控えて気の重かった方に、

     

    是非ともご体感いただきたい口腔内スキャナーiTeroエレメントです。

  • マウスピース矯正装置【インビザライン】って痛いの?矯正治療の痛みについて

    皆さまは矯正治療についてどのようなイメージをお持ちですか?

    よく患者さまに言われるのが「矯正は痛そう」というイメージです。

     

    誰だって、痛いのは嫌ですよね。

     

     

    ただし、「歯列矯正=痛い」と、

    いたずらに不安や恐怖感を膨らまさないでほしいなと感じます。

     

     

    実は矯正治療で痛みが出るのは、

    歯を動かしている時の体の正常な反応によるもの、

    つまり治療効果の現れなのです。

     

     

    痛みの感じ方には個人差がありますが、

    私自身もこれまで何百人という患者さまを診てきて、

    「こんな痛み耐えられません」と、

    治療を中断された方はいらっしゃいませんでした。

     

     

    そこで、今回は矯正治療の痛みの原因・程度・頻度について正しい知識を持つことで、

    治療に対する怖れを減らす一助になりますように、

    矯正治療中の痛みについてご説明します。

     

     

     

    矯正治療の痛みは、大まかに

     

    ①歯が動く痛み

    ②矯正装置により口内炎ができたり、唇や頬、舌の傷ができることによる痛み

     

    の二種類に分けられます。

     

     

     

    では、それぞれの痛みについて詳しく説明してゆきましょう。

     

     

    ①歯が動く痛み

     

    矯正では、歯に矯正力という刺激を加えることにより、

    歯を支える周囲の骨に起こる、

    生体の炎症反応を利用して歯を動かしています。

     

     

     

    炎症反応とは、

    風邪をひいた時に熱が出たり、

    足を打撲した時に腫れたりするように、

    体に異常がきたされた時にその悪影響を排除する、

    体の正常な防御反応を言います。

     

     

    エッ、矯正治療で炎症反応って!

    大丈夫!?体に悪くないの??

    と、心配に感じた方もいらっしゃるかもしれません。

     

     

    ここで誤解してほしくないのが、

     

    歯科医師は歯を動かすのに最適な力、

    つまりは、

    健全な程度の炎症反応を起こし歯を効率よく動かす力を、

     

    コントロールして加えているのであって、

     

    決して過剰な炎症反応を起こす力は加えていないということです。

     

    どうかご安心なさってください。

     

     

    そして、その炎症反応の特徴的な症状の一つに「痛み」があるのです。

     

    ですから、この歯が動く痛みは「矯正効果の現れ」なのです。

     

     

     

    それでは、この痛みの感じ方について具体的に、

     

    ワイヤー矯正では医院でワイヤーを調整した後、

    インビザラインでは新しいマウスピースに交換し矯正力を加えた後、

     

    数時間すると体が反応し、この歯が動く痛みが出てきます。

     

     

    一般的には、一日程度で弱くなり3~4日ほどで消えてゆきます。

     

     

     

    痛みの感じ方は個人差が大きく、痛みの程度は、

     

     

    締め付けられるような痛みという方、

     

    少しむず痒くなる程度とおっしゃる方、

     

    何もしなくても痛かったという方、

     

    ものを噛んだり、上下の歯が強く触れた時にのみ痛みを感じる方まで、

     

     

    さまざまです。

     

     

     

     

     

    ただ、この歯が動く痛みは我慢できる程度の痛みで次第に消失していくものである、

     

    ということは覚えておいていただきたいです。

     

     

     

     

    次に②矯正装置により口内炎ができたり、唇や頬、舌が傷つくことによる痛み

     

     

    口内炎の辛さ、皆さま一度はご経験あるのではないでしょうか。

     

    矯正では、口の中に装置という異物が存在することになりますので、

    口内炎が出来やすくなります。

     

     

    この症状も個人差があって、

     

    装置をつけても全然できませんでしたとおっしゃる方から、

     

    最初はいくつかできたけれど、じきに慣れてできなくなったという方、

     

    耐えず口内炎に悩まされていますという方まで、

     

    これまた、さまざまです。

     

     

     

    この口内炎による痛みに対しては、

    矯正装置が当たりにくいようにカバーできるホワイトワックスというもので、

    症状を軽減させることができますので、

    辛い場合には先生に相談すると良いでしょう。

     

     

     

    インビザラインのブログですから、

    マウスピースでの治療における、

    これら二種類の痛みについて更に掘り下げて。

     

     

    インビザラインにおける①歯の動く痛みについては、

     

    ワイヤー矯正が月に一度、およそ1mm程度の歯を動かす矯正力を加えるにに対し、

    インビザラインでは1週間~10日に一度、およそ0.2mmずつ矯正力を加えるので、

     

    インビザラインの方が痛みの発生する頻度は多少高くなりますが、

    痛みの持続期間や程度に関してはワイヤー矯正より穏やかなものであるといえます。

     

     

     

    また、インビザラインにおける②矯正装置により口内炎ができる痛みについては、

     

    歯全体をマウスピースで覆ってしまうので、

    ワイヤー矯正より口の粘膜への当たりが滑らかで、

     

    この痛みに悩まされる方は、ほとんどいらっしゃらないといっても過言ではありません。

     

     

    痛みについては、個人差が大きいので、なかなかご説明が難しいのですが、

    矯正治療の痛みについて正しく知ることで、

    皆さまの治療に対する不安を少しでも軽減できれば幸いです。

     

     

     

     

     

     

  • How to start ~初診からマウスピース矯正装置【インビザライン】装着までのスケジュール

     

     

    本日は、患者様からよくご質問を受ける、

    当院のマウスピース型矯正装置(インビザライン)装着までの、治療の流れとスケジュールについてお話いたします。

     

     

    流れはおおまかに、

    ①初診

    ②精密検査

    ③診断・クリンチェック治療計画(歯の移動シミュレーション)の確認

    ④治療開始科「マウスピース型矯正装置(インビザライン)装着」

    となります。

     

     

    具体的に一つずつ説明してゆきましょう。

     

     

     

    まず初めのステップは、

    ①初診相談(予約制・所用時間約45分)

    にご来院いただきます。

     

    患者様が矯正治療に何を望まれているか、また治療開始にあたっての疑問や不安を伺います。

     

    さらに、我々ドクターは患者様の歯列の問題点をリストアップし、専門的視点からお話させていただきます。

     

    その時点で、すぐに処置必要な虫歯はないか、骨格的な問題はないか、ライフスタイルはマウスピース型矯正装置(インビザライン)に向いているか等々、

    治療を進める上での注意点をチェックしてゆきます。

     

     

     

     

    そこで、すぐに精密検査を行える状況であると判断されたら、

    ②精密検査(所要時間60分)

    に進みます。

     

    マウスピース型矯正装置(インビザライン)で矯正スタート 精密検査って何をするの?


     

     

    そして、精密検査で得られた資料を分析し、診断を下し、

     

    ドクターがクリンチェック治療計画という、

    アライン社のマウスピース型矯正装置(インビザライン)独自の治療開始から終了までの歯の動きのシミュレーションを作成します。

     

    マウスピース型矯正装置(インビザライン)はどこで治療を受けても同じなの?~クリンチェック治療計画について


     

     

    この分析およびクリンチェック治療計画作成期間に、当院では約1カ月間いただいています。

     

     

     

    シミュレーションが出来上がったら、一度患者さまにご来院いただき、

    ③診断・クリンチェック治療計画の確認(所要時間30分)

    の工程へ進みます。

     

     

    ドクターは、これまでの経験に基づき、無理のない、患者様にベストと考えられるクリンチェック治療計画を立てます。

     

    それが、患者様の思い描いているゴールと相違ないか、

    もし患者様から、もっとこうしたいという希望があった場合には、

    どこまでそのご希望に添えるかを話し合ってゆきます。

     

     

     

    患者様とドクター、お互いに納得できる治療計画ができたところで、

    マウスピース型矯正装置(インビザライン)作製の発注をかけます。

    発注をかけてから、届くまでには、およそ3週間を要します。

     

     

    医院に装置が届いたら、

    ④治療開始「マウスピース型矯正装置(インビザライン)1枚目装着

    となります。

     

     

     

    ①初診

     

    ↓ goサインが出たらいつでも

     

    ②精密検査

     

    ↓ 1カ月

     

    ③診断・クリンチェック治療計画(歯の移動シミュレーション)の確認

     

    ↓ 3週間

     

    ④治療開始「マウスピース型矯正装置(インビザライン)装着」

     

     

    となりますので、最短でも初診から装着までは、

    1カ月半程度は見ていただいた方が良いでしょう。

     

     

     

    もし、結婚式や留学など、イベントに照準を合わせて矯正治療を希望される場合には、

    治療開始まで時間を要しますので、出来る限り早めに行動されることをお薦めします。

     

    歯列矯正を検討されているプレ花嫁さまへ~大切なイベント向きのマウスピース型矯正装置【インビザライン】


     

     

    ただし、これはあくまで基本的なスケジュールです。

     

    患者様それぞれの状況や検査結果によってはスケジュールが変わってきますので、一つの参考としてお考えください。

     

     

    このような、治療スケジュールについては初診時にも詳しく説明しておりますので、興味のある方は是非一度無料カウンセリングにご来院ください。

     

     

1 / 3123
Go Top