こんにちは。さいたま市 大宮SHIN矯正歯科の衛生士の山下です。

今日は矯正治療中の歯のクリーニングについてお伝えします。

 

 

当院では現在、矯正治療中の患者さまにご希望があれば、矯正の調整とは別にしっかりお時間を取って歯のクリーニングの処置も行っております。

 

 

クリーニングメニューの流れ


 

① 専用のうがい薬を使用してお口の中の殺菌

② 歯石取り

(スケーリング)

③ 歯面研磨

(歯に付いた着色を取る)

④ フロッシング

(歯と歯の間の汚れ取り)

⑤ トリートメント

(専用のお薬を使用して、歯についた細かい傷を埋めて傷や汚れが付きにくいようにコーティグ)

 

 

 

 

◆矯正治療中にクリー二ングの処置が必要な理由


 

歯列矯正治療中は、いつもより虫歯や歯周病にかかるリスクが高まります。そのため、矯正中は歯ブラシを使い分けて念入りに歯磨きをしていただくように、過去のブログでもお伝えしてきました。

 

 

矯正治療中の歯磨きについて

 

 

しかし、毎日の歯磨きを念入りに行っていただいている方でも、下の前歯の裏側などの歯ブラシの届きにくい場所は、知らず知らずのうちに着色や、汚れが溜まって歯石が付着していることが多いです。

 

 

歯石とは、唾液中のカルシウムが沈着する石灰化によって、石のようにこびりついた黄色や灰色または、黒色の付着物です。歯茎や歯と歯の間に付着した歯石は、矯正治療中において歯の動きの妨げになります。この歯石はいちど歯に付着してしまうと歯ブラシでは取り除くことが出来ません。

 

そのため、歯科医院で機械を使用したクリーニングが必要になってくるのです。

 

 

 

◆マウスピース矯正装置(インビザライン )の場合


 

 

取り外しができるので、歯磨きは矯正前と変わらずにできるインビザラインは、ワイヤー矯正など歯にブラケットと呼ばれる装置が固定されている矯正治療法よりは、虫歯や歯周病のリスクは低くなります。

 

しかし、インビザラインでもアタッチメントゴムをかけるためのボタンが歯面に付いていると、その周りに汚れや着色が付きやすくなります。また、先ほど述べた、歯ブラシの届きにくい下の前歯の裏側はインビザラインで矯正していても汚れが溜まりやすいのは同じです。

 

アタッチメントやボタンの周りの着色汚れ

 

 

特に、歯茎や歯と歯の間に付着した歯石は、インビザラインで矯正している場合はマウスピースが合わなくなり、予定外のマウスピース作り直しとなり、その分治療期間の延長にもつながります。

 

矯正装置が歯に固定されているワイヤー矯正の場合は、当院以外の歯科医院でクリーニングを受けることは難しいですが、インビザラインであれば、他の一般治療を行っている歯科医院でクリーニングの処置だけを受けられるというメリットもあります。

 

 

◆クリーニングの重要性


 

 

上記のお口の写真を見て、皆さんはどちらの方が好印象でしょうか?

 

歯並びが整っていて綺麗でも、白くて清潔な歯と汚れて黄ばんでしまった歯では印象がだいぶ違うことがわかります。せっかく長い期間と高額な治療費を費やして、矯正治療をして歯並びがきれいになっても、黄ばんだ虫歯だらけの歯では矯正治療の効果が半減してしまいます。

 

歯の汚れは、虫歯や歯周病、口臭といった健康面のデメリットだけでなく容姿の見た目にも大きな影響を与えることがわかります。欧米では口元の印象が就職や対人関係を左右します。今後、留学や海外でのお仕事を考えている方はとくに、歯列矯正とクリーニング・ホワイトニングをおすすめしますし、日本でも最近は歯並びや歯の白さ・綺麗さが重要視されてきています。

 

 

◆矯正中のクリーニングのメリット


 

① 虫歯や歯周病の予防ができる

 

矯正治療中とくに治療を始めたばかりのころは、歯が動くことによる痛みや、しみやすく敏感になっている箇所の歯磨きは、歯ブラシをあてるのが辛くて避けてしまいがちではないでしょうか?

 

ご自分だと、つい甘くなってしまい、しっかり磨けなかった部分の汚れの積み重ねが虫歯や歯周病の原因につながります。そこで、定期的に歯科医院でクリーニングの処置をしてもらうことで、そういった磨き残しがなくなり、また念入りに口腔内をチェックしてもらうことで、虫歯や歯周病を早いうちに発見し、進行を防ぐこともできます。

 

② 歯の着色の予防

 

矯正治療前の精密検査の時と、治療が終了して保定装置に入る前にお口の中の写真を撮影しますが、歯並びは明らかに治療前より治療後の方が整って綺麗になっていますが、稀に歯の色のトーンが治療前のほうが明るく、治療後は黄ばんでしまっている方がいらっしゃいます。

 

これもやはり、矯正装置が歯に装着されることで歯磨きがしずらくなり、歯に着色汚れが付きやすくなってしまうためです。

 

また、コーヒーやカレー、赤ワインといった着色しやすい飲食物を矯正治療中も変わらず楽しみたい方は、定期的にクリーニングをすることで、歯に色素が沈着することを防げます。

 

 

③ 口臭の予防

 

歯に装置が固定されるワイヤー矯正はもちろん、インビザライン も1日20時間以上マウスピースが歯列全体を覆っているので、ふとした時に口臭が以前より気になってしまうことがあります。クリーニングで、普段ご自分だけでは落としきれていない口腔内の汚れを綺麗にすることで、口臭も抑えることができます。

 

 

④ お口の中を綺麗に保つモチベーションが高くなる

 

歯科医院でクリーニングを受けたあとは、ホワイトニングほどではありませんが、歯の色が一層明るく白くなります。また歯を舌で触るとツルツルになっています。この状態をできるだけ長く保ちたくなるので、普段の歯磨きのモチベーションがあがります。

 

 

 


 

 

普段から、矯正治療中は食後必ず歯磨きとフロスを忘れない・歯ブラシを使い分けて念入りに磨くなどセルフケアをしていただくことが一番大切ですが、仕事や学校、育児などの理由で日頃歯磨きに時間があまりとれない方はとくにクリーニングをおすすめします。

 

頻度は2〜3ヶ月に一度を目安にしてください。定期的にクリーニングを受けていただくことで、矯正治療期間を快適に過ごすことができます。クリーニングご希望の方はお気軽に私たちにご相談くださいね!