Message

当院のホームページに、ご訪問いただきありがとうございます。当院は、大宮駅前にある歯列矯正専門の歯科医院です。
歯並びに関するカウンセリングは無料となっています。矯正治療のことで疑問がありましたら、気軽にご相談ください。

大宮SHIN矯正歯科
院長 矢野晋也

Blog

マウスピース型矯正装置(インビザライン)で出っ歯になるってホント?

こんにちは!さいたま市、大宮SHIN矯正歯科 歯科衛生士のTです。

 

初診相談にいらっしゃる方で、多い歯並びが『叢生(ガタガタ )』、次に多いのが『出っ歯』です。マウスピース型矯正装置(インビザライン )は、他の矯正装置だと抜歯の必要がある症例でも、抜かずに治療できることが多くあります。

 

しかし、歯を抜きたくないので非抜歯で矯正したいけれど、「歯を抜かないと前歯が押し出されて、もっと『出っ歯』になってしまいませんか?」という質問を、インビザラインで治療をご希望の方からうけることが度々あります。

 

 

確かに、顎の大きさに対して1本1本の歯が大きくぎゅうぎゅうに詰まった歯並びの方が、誤った診断により、歯を抜く必要があるにもかかわらず、無理に非抜歯で歯並びを整えようとするとこのようなデメリットが起こってしまう可能性があります。

 

 

 

 

 

インビザラインで歯を抜かなくても『出っ歯』にならない歯並びとは


 

 

インビザラインで抜歯が必要か、そうでないかは、奥歯の噛み合わせの位置が重要になります。正しい奥歯の位置関係は、写真のように下の歯が前方に出ていて、それぞれの凸凹が噛み合っています。この噛み合わせの位置は問題ない、または軽いズレの場合は非抜歯で『叢生(ガタガタ )』や『出っ歯』の治療が可能です。

 

 

 

インビザラインの非抜歯矯正が『出っ歯』にならない3つの方法


 

 

ここからは、この度念願だったインビザラインで歯列矯正を始めることになった、私自身の歯並びで説明させていただきたいと思います。こちらが矯正治療前の歯並びです。

 

 

 

私の歯並びは叢生(ガタガタ )の症例です。上下の歯の真ん中がずれていることと、八重歯(写真青丸)がコンプレックスでした。しかし、奥歯の噛み合わせは正しい位置で噛んでいます。(写真赤丸)

 

 

精密検査の結果、非抜歯で矯正することになりました。矯正治療のために、健康な歯を抜くということに若干抵抗のあった私は正直ほっとしました。

 

 

しかし、奥歯の位置関係が問題ないのに歯並びが悪くなる原因は、先ほど述べたように、顎の大きさに対しての歯のスペースが足りないからです。歯を抜かずにインビザラインはどうやって歯が綺麗に並ぶためのスペースを確保するのでしょうか。

 

 

① 側方拡大

内側に倒れている奥歯を垂直に起こして、歯並びのアーチをU字型に広げる。

 

②IPR

歯と歯の間を0.2~0.5mmほどやすりがけ(IPR)を行い、歯を抜かずにスペースを作る。

 

③奥歯の遠心移動

奥歯を後ろに移動させる。(私は矯正前に親知らずを全て抜歯しました。)

 

 

この3つの方法によって、抜歯をせずに歯が移動するスペースを作り、インビザラインのシミュレーションソフト、クリンチェック(下の画像) は、出っ歯にならないように歯並びを整えていくように治療計画をたてます。

 

 

 

 

今はアライナー(インビザライン のマウスピース)が到着するのを待っている状況なので、これから歯並びが変化していくことが楽しみです。今後の治療経過の様子も、またご紹介していきたいと思っています。

 

 

しかし、私と同じような歯並びでも、全ての方に同じようにあてはまるわけではありません。無理な非抜歯矯正を行うと、出っ歯や、後戻り(元の歯並びに戻ってしまうこと)のリスクが高まります。

 

 

せっかく高いお金を出して、長い年数をかけて歯列矯正をしたのに、このような結果になってしまったら悲しいですよね。そんな思いをしないためにも、抜歯するか否か含め、熟練の歯科医師による適切な判断がとても大事になってきます。ぜひ皆さんも信頼できる歯医者さん選びをしてくださいね!

 

 

 

 

 

Go Top