Message

当院のホームページに、ご訪問いただきありがとうございます。当院は、大宮駅前にある歯列矯正専門の歯科医院です。
歯並びに関するカウンセリングは無料となっています。矯正治療のことで疑問がありましたら、気軽にご相談ください。

SHIN矯正歯科ホワイトエッセンス 院長 矢野晋也

Blog

矯正治療中の歯磨きについて

こんにちは 大宮SHIN矯正歯科ホワイトエッセンス歯科衛生士の針谷です。

 

 

 

矯正治療は、歯並びや噛み合わせを良くするために矯正装置を装着することになりますが、

実はこのせいで歯磨きがしにくくなってしまいます。

 

 

矯正治療が始まると、装置を取り付ける前と比べて、特に丁寧に歯磨きを行う必要があります。

矯正装置を付けたお口の中は、食べカスが残りやすい状態になるため、

今までよりも多少の時間コツが必要になるのです。

 

 

歯に付いた食べカスやブラッシング不良による磨き残しは、時間が経つとプラークとよばれる細菌の塊(かたまり)になり、こうした汚れは虫歯の原因となるほか、歯周病・口臭といったお口のトラブルを引き起こしてしまいます。

 

今日は矯正治療中の、正しい歯ブラシの使い方や歯磨きのコツを伝えします。

 

 

 

 

 

 

■歯ブラシの持ち方


 

 

 

◯ペンのように持つ「ペングリップ」

 

 

 

 

 

余計な力が入りにくいので、歯を磨く時に力が入りやすい方はこの持ち方にしましょう。

また毛先が動かしやすいため、歯にきちんと当てて磨くことができます。

 

 

◯手の平で握りこむ「パームグリップ」

 

 

 

 

歯の裏側を磨きくときは、この持ち方が磨き易いです。

磨く場所に応じて握り方を変え、この時は軽い力で持ちましょう。

歯ブラシを持つ力が強く、磨く力も強い場合、歯茎が下がってきてしまう事があります。

 

 

 

 

■使用するおすすめの歯ブラシ


 

 

 

通常の歯ブラシではどうしても磨ける範囲に限界があります。

面をまんべんなく磨くことを想定している通常の歯ブラシでは、

ブラケットと歯の間に毛先をくまなく当てることは難しいのです。

 

 

 

こうした問題は、心がけやブラッシング方法で解決できるものではありません。

矯正治療中、歯の汚れをしっかり落とすためには、毛先が小さく、磨きにくい所を

ピンポイントで磨くことができるワンタフトブラシをいつも使用している歯ブラシと併用しましょう。

 

 

 

 

 

また、取り外しができるマウスピース矯正装置(インビザライン )で矯正中の方も、歯がガタガタのうちは、磨き残しが多くなるのでワンタフトブラシをおすすめしています。

 

 

ワンタフトブラシはドラッグストアやSHIN矯正歯科の受付でも販売しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■汚れの残りやすい場所と磨き方


 

 

◯ブラケットの周り

 

ブラケットに対して「上・下」に分けて磨く。

この時歯ブラシを斜め45°にし歯面に当てる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〇歯と歯茎の間

 

歯ブラシを斜め45°にする。

この時に歯ブラシの毛先1~2mmを歯茎の中に入れる。

(健康な歯茎であっても歯周ポケットがあります)

 

 

 

 

 

 

〇歯と歯の間

 

ブラケットなどの装置がついている場合、通常の歯ブラシですと、歯と歯の間がうまく磨けなくなります。そこで、このような時にワンタフトブラシを使用します。毛先が当たるようにワンタフトブラシを縦にして磨いてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

歯ブラシの他に、歯間ブラシデンタルフロスを使うこともおすすめします。

 

歯列矯正治療をして、せっかく綺麗な歯並びを手に入れたのに、虫歯で歯がボロボロ…にはなりたくないですよね。

 

 

しかし、矯正中は磨き残しが多くなり、むし歯のリスクがどうしても高くなってしまいます。

正しい歯磨きの知識を覚え、適切なケア用品を選択することが大切になります。

Go Top