Message

当院のホームページに、ご訪問いただきありがとうございます。当院は、大宮駅前にある歯列矯正専門の歯科医院です。
歯並びに関するカウンセリングは無料となっています。矯正治療のことで疑問がありましたら、気軽にご相談ください。

SHIN矯正歯科ホワイトエッセンス 院長 矢野晋也

Blog

ブラケット矯正装置つけた後のブラッシング方法

 

 

こんにちは。さいたま市大宮のSHIN矯正歯科、歯科衛生士の山下です。

 

 

矯正治療を始めると、装置を歯に装着した後は装置をつける前よりも、歯磨きが難しくまた通常より汚れが溜まりやすくなります。

 

以前のブログでも矯正中の歯磨きについてというタイトルでお伝えしていますが、もう一度確認のため、ブラケット矯正装置を付けた後の特に磨き残しが多い所、ブラッシング方法についてご紹介していきたいと思います。

 

 

★使用する歯ブラシ★


 

矯正を始めたら、普段磨いている通常の歯ブラシだけでは、うまく磨くことはできません。そのため、まずは普段使っている歯ブラシの他に、毛先の細くなっているワンタフトブラシを矯正装置を付けたらひとつ用意しておきましょう。

 

 

 

SHIN矯正歯科でも、この歯ブラシを取り扱っております!矯正治療をこれから始める方、矯正治療中の方、とくに何も治療してない方でも、このワンタフトブラシはとてもお勧めです。

 

ワンタフトブラシは毛束が一ヶ所に集まっているのが特徴的で、通常の歯ブラシでは磨ききれない部分まで磨けるように作られています。 また歯間ブラシも細かな部分をみがくのに便利です。

 

 

★特に磨き残しが多い箇所★


 

 

▼ ブラケット周り

 

  pastedGraphic.png

 

 

▼ 歯と歯茎の間

 

 

  pastedGraphic.png

 

 

 

 

 

 

★磨く時のポイント★


 

① まず普段通り歯磨きを行います

 

タフトブラシでブラケット回りをブラッシング

 

「ブラケットの周り」や「歯と歯ぐきの間」は正面からだとブラケットが邪魔をしてしまうため、ななめ45度から歯ブラシを当ててみがくようにします。

 

歯と歯の間を磨く

 

「歯と歯の間」はワンタフトブラシ(もしくは歯ブラシの先端)の毛先を使って、汚れを落とすようにしていきましょう。ワンタフトブラシは矯正後の通常の歯みがきでも細かな部分をブラッシングできるので、とても便利です。歯間ブラシも同様に便利なので併用もお勧めです。

 

 

★歯磨きの工程の順番を決めておきましょう★


 

矯正中は歯みがきの工程が通常よりも増えて、みがき忘れをしてしまうことがあるため、忘れないように磨いていく順番を事前に決めておきましょう。

 

正しい歯みがきの方法を覚え、矯正後のきれいな歯並びで笑顔になれるよう、歯の健康を保つようにしたいですね。

 

 

 

★鏡を見ながら歯を磨きましょう★


 

 

 

 

 

矯正装置が付いていなくて、通常の歯磨き、歯ブラシでしっかり磨いたつもりでも、実は、全体の約60%ほどしか汚れは落とせていないと言われています。それにも関わらず、矯正装置が歯に付いてしまったらどうでしょう・・・・?

 

余計に磨きにくくなるのはあたりまえなので、矯正装置が付いている=普段より丁寧に磨かなくてはいけないのです。そのため、歯列矯正をしている時は、鏡を見ながら今まで以上に1本1本の歯を丁寧に正しく磨く必要があります。

 

 

「1日3回、必ず鏡を見て歯を磨くのは難しい」という方も多くいらっしゃるかと思います。そういった場合は、一日1回でも鏡を見て歯磨きすることをお勧めします。行う行わないの差はとても大きいです。夜、時間があるときに鏡を見ながらしっかり歯磨きを行う、など工夫されてみると良いかもしれません。

 

 

 

矯正治療中も正しい歯磨きをしてお口の中を健康に!

 

Go Top