Message

当院のホームページに、ご訪問いただきありがとうございます。当院は、大宮駅前にある歯列矯正専門の歯科医院です。
矯正治療のことで疑問がありましたら、気軽にご相談ください。

大宮SHIN矯正歯科
院長 矢野晋也

院内写真

待合室

リラックスしてお待ちいただけるように、季節に合わせた映像が流れる大きなモニターや壁一面にグリーンを配した待合室。暖かみ、安心感を感じていただける設計、素材にしております。

診療室

通りに面した日当たりの良い明るい雰囲気の診療室です。プライバシーを考慮した個室もご用意しております。また、安心して通院していただけるよう、感染対策として院内全体をデルフィーノという製品を使用して抗菌コーティングいたしました。

カウンセリングルーム

矯正治療をされるほとんどの方は初めての経験となります。カウンセリングルームは個室となっており、患者様の疑問を少しでも多くサポートし、気軽にドクター、スタッフと相談できる空間にしています。

受付

受付専属のスタッフが患者様をお迎えします。診療中の疑問、質問、料金など、分からないことがあれば、お気軽にお申し付けください。患者様が笑顔でお帰りになられるまでサポート致します。

自分最適化

ひとりひとり異なる歯並び。矯正専門として特化した歯科医院であることで、より多くの歯並びのお悩みへ対応が可能になります。矯正治療は、本来の美しい自分になるためのプロセスです。自分がもっと自分であるために、一緒に明るい未来・自分最適化を目指していきましょう。

Blog

【歯列矯正やらなきゃよかったと後悔する前に】矯正歯科専門クリニックの見分け方

こんにちは。大宮SHIN矯正歯科 院長の矢野です。

矯正治療を行っている歯科医院は数多くあります。その中からどうやって治療先を選べば良いのでしょうか。

可能であれば、矯正専門歯科である当院を受診していただきたいところですが、遠距離にお住まいの場合、通院が難しい方もいらっしゃるかと思います。

やらなきゃよかったと後悔する前に、適切な矯正治療を行うクリニックの見分け方をお伝えします。

歯科の診療科目とは

医科の診療科目に内科、外科、小児科、耳鼻科、眼科…などがあるように、歯科は「歯科」「小児歯科」「矯正歯科」「歯科口腔外科」の4つに分かれています。

この中で専門にしている歯科医師が最も多いのが、むし歯や歯周病などの治療を行う「歯科」次に「小児歯科」、「歯科口腔外科」、「矯正歯科」となっています。

矯正歯科治療はどこで受ければいいの?

歯科矯正学を中心とした学問を取り扱う専門学術団体として、公益社団法人日本矯正歯科学会があります。その団体によると「矯正治療を受けたいがどこ行けば良いか?」という質問に対して3つの回答をしています。

かかりつけの一般歯科があれば、その先生に矯正の先生を紹介してもらう

一般歯科とは、先ほどの歯科の4つ診療科目の中の「歯科」を指します。

むし歯の予防や治療、歯周病や歯茎のトラブル全般を診療など、治療の多くが保険の範囲内で行われることから、保険診療のことを一般歯科とも言います。

馴染みのかかりつけの先生が紹介してくださった、矯正歯科の先生であれば安心ですね。しかし、特にかかりつけの歯科医師がいない場合もあります。

②矯正歯科治療を専門でおこなっている大学病院などの矯正歯科

大学病院の矯正歯科であれば難しい症例も対応可能ですし、確実に矯正専門の歯科医師による治療が受けられます。

しかし、診療時間が比較的短いため、予約が取りづらい、待ち時間が長いといったデメリットもあります。

③矯正を専門でおこなっている歯科医院を受診し相談する

矯正専門医を探すひとつの目安として、日本矯正歯科学会のホームページには「日本矯正歯科学会の認定医・指導医・臨床指導医を探す」という項目があります。

そこで、お住まいの地域など、通院しやすい場所にいる矯正専門の歯科医師を探すことができます。

日本では歯科医師免許があれば、例え矯正歯科治療の経験がなくても、上記4つの科目を看板に掲げてよい診療科目となっています。

よくある「〇〇歯科 矯正歯科 小児歯科」など複数の診療科目が書かれた歯科医院の看板は一見すると、歯科の総合病院であるかのような印象を受けます。

もちろん、それぞれの専門の歯科医師が在籍している医院もありますが、極端な話、医科に置き換えると耳鼻科の先生が整形外科の治療を行っている歯科医院もあるということです。

この点については、日本臨床矯正歯科医会のホームページにより詳しく書かれています。

適切な歯科矯正治療が行われる施設かを見分ける3つのチェックポイント

このような理由から、かかりつけの一般歯科医院で矯正治療をした方が良いと勧められることもあるかもしれません。

日本矯正歯科学会も、一般の先生であっても矯正歯科治療の充分なトレーニングを受けた先生であれば、治療をお願いしてもよいと発言しています。

その場合の判断基準として、少なくとも以下の点を満たしている医院であれば、歯列矯正をやらなきゃよかったと後悔することはないでしょう。

ワイヤー矯正によるリカバリー治療ができる

マウスピース型矯正装置しか取り扱いがない場合、万が一、マウスピースでは治らないという状況になったときに従来型のワイヤー矯正によるリカバリーをする必要性がでてきます。

マウスピース矯正はやっているが、ワイヤー矯正はやっていないという歯科医院で矯正治療は注意が必要です。

セファロレントゲン撮影検査を実施している

セファロレントゲン撮影検査に基づく矯正治療を推奨しています。歯根の露出や顎への弊害を回避するためにセファロレントゲン撮影検査をしている歯科医院での受診が大切です。

〈当院のセファロレントゲン(左)〉

目立つ前歯の歯並び以外に、気が付いていないだけで、かみ合わせに問題がある場合が多くあります。それを無視した治療を行った場合、上記のようなトラブルに発展してしまうことがあります。

-適正価格の医院を選ぶ

従来の矯正治療のイメージを覆すような、「○円で矯正が気軽にできる」「歯列矯正が短期間ですぐにできる」「自宅で歯並びが治る」などの過度に価格の安さや治療期間の短さを強調する広告等を目にしたことはあるでしょうか。

矯正治療の相場は、大人の場合70~90万円です。(裏側矯正は100万円以上します)自費診療なので歯科医院によって料金に差がありますが、相場の範囲を超えた低価格で矯正治療を行っている場合は注意が必要です。

それでも、中には“安いに越したことはないよね?”と思う方もいるかもしれません。しかし、安いのにはそれなりの理由があります。企業努力では解決できないコストカットをしている場合、矯正治療の成功から遠ざかるのは自明の理です。

皆さんは風邪を引いた時に、薬局で風邪薬を買って飲みますか?それとも病院へ行きますか?これを歯列矯正に置き換えると、風邪薬が格安マウスピース矯正で、病院が矯正専門医が行う矯正治療です。まったくの別物ですね。

取り返しのつかない事態に発展することがありますので、矯正治療前にしっかりと知識を得ておくことが重要です。

矯正治療やらなきゃよかった

不適切な矯正治療で起こる可能性のあるトラブル

-食事がしづらくなった

オーバージェット&オーバーバイトは2㎜が基本です。2㎜でないと前歯で物を噛んで食事をすることができません。オーバージェット&オーバーバイトの位置関係を無視した矯正治療を受けると食事がしづらくなります。

-顎が痛くなった

矯正治療では、歯並びのデコボコをきれいに並べながら、以下のような奥歯の位置関係の構築を行います。

デコボコを取り除くことができたとしても、下記の2例のような位置関係になってしまうと顎に負担がかかり、将来的に顎関節症などになってしまいます。

-出っ歯になってしまった

デコボコをきれいに並べるだけの治療計画だと、出っ歯になってしまうことがあります。特に、抜歯をしない治療計画の場合は出っ歯になる可能性が高く、注意が必要です。抜歯を伴う治療計画は難易度が高く、経験豊富なドクターでないと治療できません。

-いつまで経っても治療が終わらない

格安マウスピース矯正は限定的にしか歯を動かすことができませんので、治療に限界があります。治療期間をいくら伸ばしたところで、限界を超えたゴールを設定している場合、治療は終わりません。

-歯茎が下がった(歯根が露出した)

セファロレントゲンを撮影し、顎の位置・大きさを考慮した治療計画を立てずに治療をしてしまった場合、歯茎が下がってしまう(歯根が露出してしまう)ことがあります。歯の根と骨の位置や厚みをしっかり確認した上での矯正治療を受けることが大切です。


格安マウスピース矯正できれいな歯並びを獲得できるケースが全く無いとは言い切れませんが、目立つ前歯の歯並び以外に、気が付いていないだけで、かみ合わせに問題がある場合が多くあります。それを無視した治療を行った場合、上記のようなトラブルに発展してしまうことがあります。

まずは、ご自身の全体的な歯並びの状態を把握することが重要です。当院のカウンセリング を受けて、もっと簡単に歯並びが綺麗になると思ったのに…と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、価格や期間優先ではなく、患者様の健康を害さない最適な治療方法をご提案していきます。

Go Top