Message

当院のホームページに、ご訪問いただきありがとうございます。当院は、大宮駅前にある歯列矯正専門の歯科医院です。
矯正治療のことで疑問がありましたら、気軽にご相談ください。

大宮SHIN矯正歯科
院長 矢野晋也

院内写真

待合室

リラックスしてお待ちいただけるように、季節に合わせた映像が流れる大きなモニターや壁一面にグリーンを配した待合室。暖かみ、安心感を感じていただける設計、素材にしております。

診療室

通りに面した日当たりの良い明るい雰囲気の診療室です。プライバシーを考慮した個室もご用意しております。また、安心して通院していただけるよう、感染対策として院内全体をデルフィーノという製品を使用して抗菌コーティングいたしました。

カウンセリングルーム

矯正治療をされるほとんどの方は初めての経験となります。カウンセリングルームは個室となっており、患者様の疑問を少しでも多くサポートし、気軽にドクター、スタッフと相談できる空間にしています。

受付

受付専属のスタッフが患者様をお迎えします。診療中の疑問、質問、料金など、分からないことがあれば、お気軽にお申し付けください。患者様が笑顔でお帰りになられるまでサポート致します。

自分最適化

ひとりひとり異なる歯並び。矯正専門として特化した歯科医院であることで、より多くの歯並びのお悩みへ対応が可能になります。矯正治療は、本来の美しい自分になるためのプロセスです。自分がもっと自分であるために、一緒に明るい未来・自分最適化を目指していきましょう。

Blog

歯の矯正で顔が変わる!?横顔や輪郭の変化について

「歯科矯正で顔が変わった」

このような話を聞いて本当なのか気になる人もいるでしょう。

「目が大きくなった」「エラがスッキリした」とポジティブなものもあれば、「人中(鼻の下)が伸びた」「ブサイクになった」とネガティブな情報もあり、本当の答えがわからず不安になってしまいますよね。

矯正専門歯科医院の視点から、歯列矯正で顔が変わるとされる理由や、変わりやすい人の特徴などについてご説明していきましょう。

歯列矯正で顔が変わるとは

そもそも、なぜ歯列矯正で顔が変わると言われているのでしょうか。

歯列矯正というのは、悪い歯並びを本来あるべき理想的な位置に戻るよう動かしていく治療です。

歯並びが悪いと往々にして歯が外側に飛び出ていたりするために、歯の上にある顔の肉も外側に押し出されることで鼻から顎までのフェイスラインが膨れたり長くなったように見えるような状態になりやすくなります。

歯並びが正されるに伴い、その影響がなくなった場合、結果としてフェイスラインが整い顔の印象が変わるため、「顔が変わった」ように見えるのです。

勿論、歯並びの矯正ですので、変わって見えるのは鼻から顎までのみ。しかしながら、口周りは印象を強く与える部分のため、きれいに整った結果目が大きく見えたり、小顔に見えたりと、顔全体の印象が変わる人もいることとなります。

具体的には、以下のような理由により、歯列矯正により顔が変わったような変化が現れます。

-顎の位置の変化

矯正治療により、顎の位置が正しくなることで、顔全体のバランスが改善されます。特に、下顎が前に出る「受け口」や、上顎が前に出る「出っ歯」の場合、顎の位置が変わることで顔の輪郭が大きく変わることがあります。

この写真の症例の詳細はこちら

-歯並びの改善

歯の並びが整うことで、口元の見た目が改善されます。歯が揃うことで笑顔がより美しくなり、口元の形も整うことがあります。

-かみ合わせの改善

矯正によりかみ合わせが正されると、顔の筋肉の使い方も正しく変わります。これにより、筋肉の緊張や不均衡が解消され、顔のシンメトリーが良くなることがあります。

-唇の位置と形の変化

矯正装置や歯の移動により、唇の位置や形も変わることがあります。特に、前歯の位置が変わることで、唇の突出感が軽減され、自然な唇の形になります。

この写真の症例の詳細はこちら

-顔の骨格の発達への影響

成長期における矯正治療は、顔の骨格の発達に影響を与えることがあります。正しい位置に矯正されることで、顔全体の骨格がバランス良く成長することが期待されます。

この写真の症例の詳細はこちら

-顔まわりの輪郭(プロファイル)の改善

顔まわりのライン(プロファイル)も変わることがあります。特に、前歯が引っ込むことで、鼻と顎のバランスが取れ、すっきりとした印象になることがあります。よく美しさの例で挙げられるのは「Eライン(イーライン)」「フェイスライン」「スマイルライン」などがあります。

—Eラインが整い、横顔が美しく見える

横から見て鼻先から顎先を結んだラインは「Eライン」と呼ばれ美しい横顔の基準の一つです。

日本人の場合、Eラインに口先が触れるくらいが理想的とされています。しかし、前歯が出ていたり、下の歯やあごが出ていたりすると、唇がEライン上から外れてしまうためEラインが崩れてしまいます。

そこで、歯列矯正により歯並びを整えれば、唇の位置が整い、Eラインに近づけられるため、口元がすっきりして見えます。それにより、顔のバランスが整い、横顔も美しく見えるようになります。

—フェイスライン

顎の位置が適切に矯正されることで、顔全体のバランスが向上します。咬み合わせが正されると、顔の筋肉の使い方が均等になり、顔の左右のバランスが良くなります。

これにより、顔が対称的で美しい印象になります。正しいかみ合わせはフェイスラインだけでなく、食べ物を効率的に咀嚼できるようにするため、消化機能が向上し、顔色が良くなることもあります。

—スマイルライン

ニコッと口角を上げた時に見える上の前歯の先端に沿った線のことを「スマイルライン」と言います。
このスマイルラインが下唇のラインに沿って緩やかなUカーブを描いていると、微笑む時に顔全体の印象が良くなります。

歯並びが悪い場合、ガタガタしていたり、歯と歯の隙間が多いと、スマイルラインが崩れた状態の場合もありますが、歯列矯正を行うことで、スマイルラインが整えられ笑顔が美しく見えます。

また顎の位置の調整で、顔の筋肉の緊張が解消され、今までうまく動いていなかった表情筋が正しく使われるようになると、口角が上がりやすくなることもあり、微笑みやすくなると言われています。

そのほか、内面的な意味では、歯並びや顔の形が改善されることで、自分の見た目に自信を持つことができるようになります。自信がつくことで、表情や姿勢が良くなり、全体的な印象も向上します。

—エラ張りの改善

耳の付け根から顎にかけてのラインが横に広がって顔が四角く見えてしまうことを顔のエラが張っていると言います。

食いしばりが強い方の場合、咬筋という顎の筋肉が強く作用し、筋肉が硬くなることでエラが張ります。歯列矯正でかみ合わせが整うと余計な筋肉がなくなってエラ張りが解消されることがあります。

また、かみ合わせが正常になることで、顔や首の筋肉がリラックスし、長年の筋肉の緊張や疲労が和らぐことがあります。これにより、顔の表情が柔らかく見えることがあります。

ただし、骨格が原因であった場合には矯正だけでは治すことはできません。

-全体的な健康の向上

矯正治療により歯並びやかみ合わせが改善されると、食べ物を効率的に咀嚼できるようになり、消化機能が向上することも。これにより、顔色が良くなるなど、全体的な健康状態の向上が見られることもあります。

歯列矯正で顔が変わるのはいつから?

治療内容や個人差はありますが「顔が変わってきた」と感じるのはおおむね歯が動いたと実感しやすい約半年から1年後の場合が多いです。特に出っ歯など外側に広がった歯を整えた場合、変化を早めに感じやすいようです。

歯科矯正で歯を動かすペースの目安は1ヶ月に0.3~1mm程度と少しずつのため、すぐに輪郭の変化を感じることはありません。

歯列矯正による望ましくない顔の変化

このように嬉しい顔の変化がある一方で、望ましくない顔の変化もあります。

-ほうれい線が目立つ

出っ歯が原因で、いわゆる口ゴボの状態だった場合、歯列矯正で口元の突出感が解消されると、今まで前歯で引っ張られ持ち上げられていた皮膚が緩み、その結果ほうれい線が目立ってしまうこともあります。

(ただもちろん、加齢によるお肌自体の張りの低下、ダイエットなどによる体重減少に伴うたるみなど、矯正以外の原因でも起こりえます)

-人中が目立つ・顔が面長に見える

また、上記の理由で、ほうれい線と同様に正面から見た時、鼻の下が長く見えたり、鼻と上唇の間にある「人中」が伸びて見える可能性があります。

それから、治療中は食事中に固いものをかみにくいこともあり、表情筋を上手に使えず衰えてしまい、頬が下がると、顔が長く見える可能性もあります。

-出っ歯になった

叢生(歯のガタガタ)などで、歯を抜かないと口の中に歯列をきれいに並べるためのスペースが確保できないにも関わらず、無理に歯を抜かずに治療を行った場合、足りないスペースを補うために歯列全体を拡大して以前より出っ歯になる、ということが起こり得ます。

歯列矯正で抜歯の提案があった場合には、なぜ必要なのかをよく確認し、抜くべきかどうかを判断するようにしましょう。

-頬がこけてしまう

歯を動かす時の痛みや装置への違和感から食べ物を噛む回数が減少すると、口回りの筋肉が衰え、頬がコケてしまうことがあります。

痛みに敏感な方、装置を不快に感じそうという方には、ワイヤー矯正よりマウスピース矯正装置(インビザライン)のほうが安心かもしれません。

そもそもどのような矯正であっても、装置の種類に関係なく、痛くて食事に支障が出るような場合は、歯科医師に相談しましょう。

残念な顔の変化への対応策

しかしながら、歯並びを整えるスペースがなくて「出っ歯になる」以外は、顔の筋力が衰え、皮膚がたるんでしまうことが主な要因であるといえます。

歯列矯正と同時に、「あいうべ体操」などで表情筋を鍛えるトレーニングをしたり、フェイスマッサージを行ったりすることで、矯正終了後の望ましくない顔の変化を防ぎます。(通院中に気になる方は当院にてご相談いただけます。)

口腔筋機能療法についてはこちら

矯正すると顔が変わりやすい歯並び

出っ歯(上顎前突=上の前歯が下の前歯を大きく覆っている状態)や受け口やしゃくれ(下顎前突=下の前歯が上の前歯よりも前に出ている状態)と呼ばれる歯並びです。

歯列矯正をすることによって、あご周りがスッキリし、顔のバランスが改善されることが期待できます。

抜歯を伴う治療となることが多くありますが、以前まであった歯が少なくなり、前面に出ていた歯が理想の位置におさまることで、フェイスラインが整っていきます。

歯並びが原因で口元が閉じなかった方も閉じるようになり、スッキリした印象を与えるようになり、唇の突出感などもなくなって、Eラインが整う可能性が高いです。

まとめ

患者さまの骨格による個人差もありますが、歯並びによって、歯列矯正で顔の印象が大きく変わる場合があります。

大宮SHIN矯正歯科では、矯正治療で歯並びだけでなく、顔周りの印象も変化する可能性がある患者さまには顔の変化のシミュレーションも治療前に作成しております。

これから矯正治療を始めようとしている方も、すでに矯正中の方も、歯並びだけでなく顔周りの印象を大切に思う気持ちは当然のことです。どうぞ恥ずかしがらずにご相談ください。

Go Top