さいたま市大宮のSHIN矯正歯科 歯科衛生士の佐藤です。

 

 

皆さんの中に「矯正を始めようと思うけど、親知らずがあるんです...抜かないとダメですよね?」と、歯列矯正の治療をためらっている方はいませんか?

 

 

「友達が親知らずを抜くのに、大変な思いをしたと聞かされて...もう怖くて怖くて」という方、結構いらっしゃいます。

 

 

でも、ちょっと待ってください!

その親知らず、本当に抜く必要のある歯ですか?

(歯列矯正において、親知らず以外の歯の抜歯の必要性についてはこちら

 

 

 

親知らずは、「抜かないといけない歯」と勘違いされている方も多いのですが、実は個人差があり、親知らずを残しておいた方がメリットのある方もいらっしゃいます。

 

 

では、親知らずを残した方がメリットのある方とは、どのような方が当てはまるのでしょうか。

 

 

 

 

 

残したほうがよい親知らず


 

 

① まっすぐ生えている

親知らずの噛む面が、上の歯なら下、下の歯なら上を向いていて、横にずれて生えたりしていない。

 

 

 

 

 

② 健康な歯である

親知らずが虫歯や歯周病に侵されていない。

 

 

 

 

 

③ 反対側に噛み合う歯がある

①と②の条件を満たしていて、反対側の歯(上の歯と下の歯)と噛み合っている場合は、それが親知らずだとしても「大事な噛める歯」とみなします。

 

 

例えば今現在は、すべての歯が健康で、虫歯や歯周病といった理由で歯を抜くことと無縁の人でも、年齢を重ねるにつれて歯(特に奥歯)を失ってしまった場合は、親知らずで噛むことができます。そうすれば、食事に不便を感じなかったり、また失った歯を補うための入れ歯やブリッジと呼ばれる被せものの土台として使える可能性もあるのです。

 

 

 

いわゆる、万が一の為の「歯の保険」を持っておけるということです。

 

 

逆に①、②の条件を満たしているけど、反対側の歯と噛み合っていない親知らずを残すとどうなるのでしょうか?

歯には、噛み合う歯を求めて伸びる(萌出し続ける)性質があるため、噛み合わない歯を放っておくと、歯のない反対側の歯肉に当たるまで伸び、その歯肉を傷付けてしまいます。

 

 

歯にとって、『噛む役割を果たせるかかどうか』ということは、とても重要なことなのです。

 

 

 

 

 

 

では、逆に、親知らずを抜いたほうがいい方はどんな方が当てはまるのでしょうか?

 

 

抜いた方がよい親知らず


 

 

① まっすぐ生えていない

特に親知らずの噛む面が手前の歯に向かって生えている(横を向いて生えている)場合は、歯並びに影響します。

 

 

 

歯は、自分の頭(噛む面のある)方向に動く性質があり、横に倒れていることによって、手前のまっすぐ生えている歯に向かって動こうとし、その親知らずの力に押し出されることによって歯並びが乱れてきます。

 

 

特に、矯正中や矯正治療を終了して間もなくは、歯並びが安定しないため、その影響がさらに出やすくなります。

 

 

 

 

② 虫歯や歯周病である

親知らずは、お口の中の見えづらい一番奥にあり、また生えている方向によっては複雑で、歯ブラシが届きにくいため、汚れや細菌が知らず知らずのうちに溜まっています。それが原因で虫歯や歯周病になり易くなります。

 

 

 

 

 

例えば、親知らずが横向きに生えている場合、手前の歯の歯茎の中に隠れているはずの根っこの部分が虫歯になることがあります。歯根の部分は柔らかいので虫歯が進行しやすいうえに、治療がしづらい場所であるので、神経が死んでしまったり、歯が割れたりすることが多くあります。

 

 

 

 

 

また、溜まった細菌に体の抵抗力が勝てなくなると、歯茎が炎症を起こして腫れ、次第に親知らず周辺の歯を支える骨が吸収されてしまい、歯周ポケットが深くなることによる歯周病の悪化、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

 

 

 

 

 

 

このような状態になる可能性がある方は、矯正治療をする・しない関係なく早めに親知らずを抜歯することをお勧めします。抜くことを躊躇っている間に、歯や歯茎の状態はどんどん悪化し、たくさんのデメリットが生じてしまうでしょう。

 

 

 

一般的に親知らずは抜いた方が良いと言われているのは、こうして虫歯や歯周病は伝染して、親知らずだけでなく隣の奥歯も一緒にだめになってしまう確率が高いからです。

 

 

しかし例外として、親知らずがまっすぐ生えているので治療が可能、且つ、残しておくメリットがある場合は治療をして残す場合もあります。

 

 

 

③ 噛み合う歯がない

先ほど、「残した方が良い親知らず」の③でも述べたように、対合(反対の顎)に噛み合う歯が無い歯は、歯肉を傷つけてしまう恐れがあります。

 

 

 

 

 

 

④ 矯正治療で他の歯を動かすときに邪魔になってしまう

歯をより良い位置へ並べるときに、親知らずのある方向にスペースが必要になることがあります。その場合は、親知らずを抜歯する必要が出てきます。

 

 

 

 

最後に


 

もし、親知らずを抜くことと、矯正の両方をお考えならば、先に矯正歯科で検査を受け、そのあとに親知らずをどうするかの検討をされることをお勧めします。

もしかしたら、あなたの親知らずは、矯正治療によって生かされる歯かもしれないからです。

 

 

SHIN矯正歯科では矯正治療をされるにあたって、あなたの親知らずが生かせる歯かどうか、または抜いたほうが良いのかを、精密検査をしたうえで、判断をさせていただいております。

 

 

また、親知らずを抜く必要があった場合には、抜歯してくださる歯科医院のご紹介も行っています。安心して、ご相談にいらして下さいね。