さいたま市大宮のSHIN矯正歯科 歯科衛生士の元島です。

 

 

 

歯の矯正を始めるにあたって、日常生活の中で、ご不便をおかけしてしまう部分がでてきてしまいます。その一つが「食事」です。

治療方法や、使用する矯正装置によって注意点が異なりますが、まずは、歯列矯正と聞くと

多くの人がイメージする「ブラケット矯正」についてお話したいと思います。

 

 

 

ブラケット矯正は、固定式の装置になるので、食事中も装置を付けたままになります。

ですから、ワイヤーに食べ物が絡まったり、どうしても食事がしづらくなってしまいます。

今日は、ブラケット矯正治療中は、避けた方がよい食べ物のご紹介と

食事制限によるストレスを軽減するために、矯正中の食べ方のコツをお伝えします。

 

 

 

 

 

 

ブラケット矯正中は絶対に避けたい食べ物


 

①粘着性の強い食べ物

 

例:ガム、お餅、キャラメルなど

 

 

 

 

粘着性の強い食べ物は矯正装置にくっついてしまい、取れなくなってしまいます。

 

 

 

 

ブラケット矯正中はなるべく避けたい食べ物


 

①の食べ物ほどではありませんが、矯正中はあまり召し上がらない方が良い食べ物をご紹介します。

 

 

②装置に着色しやすい食べ物

 

例:カレー、ミートソースなどトマトソース系の食事、キムチなど

コーヒー、紅茶、緑茶、赤ワインなどの飲み物

(主に色の濃い食べ物は注意が必要です。)

 

 

金属の矯正装置に着色することは、ほとんどありませんが、ブラケットにワイヤーを固定する

「モジュール」と呼ばれるゴムは着色しやすくなります。

色の付いていない透明や白いゴムは特に色が付きやすいです。

 

色が変わってもさほど気にならなければ、治療の上では特に問題はありません。

また、1か月に1度の来院の際に必ずゴムの交換をさせていただきます。

 

 

③装置に挟まりやすい食べ物

 

例:繊維質な食べ物(ほうれん草など)、細めの麺類(ラーメン・そば・パスタなど)

 

 

 

 

「挟まりやすいので不快感がある」といったものです。

だんだん、お食事のコツもつかんで、歯ブラシにも慣れてくるので、時間の経過とともに気にならなくなってくるとは思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラケット矯正中工夫すれば食べられる食べ物


 

④固い食べ物 

 

 

例:せんべい、フランスパンなどの固いパン、リンゴなど

 

 

歯にワイヤーを固定している装置「ブラケット」が取れやすくなります。

 

 

⑤噛みちぎって食べる食べ物

 

例:固めのステーキ肉や、骨付きのお肉

 

 

前歯で噛みちぎる際に「ブラケット」に強い力がかかり、取れやすくなります。

 

 

 

これらを食べるときのコツとしては、

『1口サイズに小さくし、前歯を使わないように、なるべく奥歯付近を使うようにする』

ことです。

 

 

 

基本的に「奥歯」「すりつぶして消化しやすくする」「前歯」「噛みちぎって、奥歯で磨り潰しやすい大きさにする」ことが主な役割ですので、前歯の役割である「食物を小さくすること」を事前にして、なるべく奥歯で磨り潰すだけの状態にして食べればいいわけです。

 

 

 


 

 

歯の矯正は、大半の方が治療期間が数年間にわたります。

そんな長い間、お食事を制限されることは、悩ましい問題ですよね。

治療を開始した直後は不自由でも、次第に慣れて「食べられない、食べづらい」ストレスもだいぶ楽になると思います。

 

 

次回は、「ブラケット矯正より比較的食べ物の制限が少ない」と言われている、

『マウスピース矯正装置(インビザライン )のお食事の注意点について』と、

『矯正治療中にお痛みがあるときのお食事のアドバイス』をお話したいと思います。