さいたま市大宮SHIN矯正歯科 歯科衛生士の山下です。

 

 

マウスピース矯正装置(インビザライン )で使用するマウスピースを利用して、歯列矯正とホワイトニングを同時に行うことが可能です。

 

 

せっかく歯並びが綺麗になっても、歯が黄ばんだ状態だと、年齢が上に見えしまったり、しっかり歯磨きをしているにもかかわらず、清潔ではない印象を与えてしまいます。反対に、ホワイトニングをした白い歯は、好印象ですし、顔色までワントーン明るくなったように見えます。

 

 

 

▼ホワイトニングの種類


 

ホワイトニングは大きく分けて3つの種類があります。

 

①オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングです。レーザー照射や高濃度のホワイトニング専用の薬剤を使用するため、即効性があります。

 

 

②ホームホワイトニング

一番気軽に始められるのが、ホームホワイトニングです。マウスピースにホワイトニンングジェルを入れて、自宅で行います。

 

 

 

 

③デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングでとホームホワイトニング、両方行うホワイトニングです。オフィスホワイトニングで白くした歯を、ホームホワイトニングで維持するので、持続性があります。

 

 

 

 

 

インビザライン ×     ホワイトニング の症例写真


 

では、SHIN矯正歯科でインビザラインとホワイトニングを同時に施術された方の症例写真をご紹介します。

 

 

・インビザライン × デュアルホワイトニング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この3つの症例は、インビザライン による矯正の途中から、デュアルホワイトニングを始めた症例です。それぞれ20〜40代の女性の方で、ホワイトニングの期間は半年くらい、歯並びも綺麗に並んできて、歯の色も白くなりました。

 

 

 

・インビザライン ×    ホームホワイトニング

 

 

 

 

こちらもインビザラインで歯並びがある程度改善されてから、ホームホワイトニングを始めていただきました。矯正のチェックで来院していただいた時に、歯のクリーニングを行い、インビザラインのマウスピースでホームホワイトニングをしてもらって1週間経ったくらいものになります。

 

デュアルホワイトニングほどではありませんが、少しずつ白くなっているのが分かります。このまま続けていくと、もっと白くなっていくでしょう。ホームホワイトニングは、忙しくてなかなか医院に足を運ぶ時間がない!という方におすすめです!

 

 

 

 

 

▼インビザライン ×     ホワイトニング 同時に行う場合の注意点


 

・歯並びが整ってからホワイトニングを開始する

 

インビザラインのマウスピースを利用して、ホワイトニングをする場合は、ある程度歯並びが改善してからホワイトニングジェルを使用していただきます。なぜなら、歯が重なっていたり歯並びのガタガタが大きいと、均一にホワイトニングの薬剤が歯に行き渡らず、かえって歯の色にムラができてしまうからです。

 

 

・被せものや詰め物の歯

 

ホワイトニングで白くできるのは、天然の歯のみになります。ホワイトニングして白くなった天然歯と、被せものや詰め物の色の差が大きいと、不自然なイメージを与えてしまいます。気になる方は、ホワイトニング後に白くなった天然の歯に合わせて、人口の歯を作り直してもらうことをお勧めします。

 

 

・神経のない歯

 

たとえ自分の歯でも、神経が死んでしまっている歯はホワイトニングをしても白くはなりません。この場合は、歯を削って白い被せ物をかぶせる事で、その歯については色の改善が出来ます。

 

 


 

 

 

興味はあるけれど、自分の歯がホワイトニングできる歯なのか分からない、料金はどのくらいかかる?といった疑問は、ぜひ当院の無料カウンセリングをご利用ください。お一人お一人に合った最適な治療方法ご提案させていただきます。