About Invisalign

マウスピース矯正装置(インビザライン)

着脱可能な透明なマウスピースを装着して矯正治療を行う治療法です。

患者様のお口の中の情報を、専用のスキャニング・マシンで正確に読み取り、治療開始前に、治療終了後の歯の並びをコンピュータ上で三次元的にシュミレーションします。その情報をもとに、専用のマウスピースを歯の移動距離に合わせて20〜60個制作し、7~14日ごとに交換していきます。

*インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医薬品副作用救済制度の対象外の場合があります。

マウスピース矯正装置(インビザライン)で全体治療を行っている患者様には、治療開始してから5年間の保証制度を設けています。すなわち治療開始から5年間は無料でマウスピースの再製作を行えます。平均的な治療期間を約2年としますと、動的治療終了後3年間は後戻りの保証ができる事になります。

Features

マウスピース矯正装置(インビザライン)の特徴

  • 特徴01
    透明なので、目立たない

    マウスピース自体が透明なため、口元を意識することなく生活が出来ます。従来の矯正治療の「矯正装置が見えるから口を開けるのが恥ずかしい」などのコンプレックスを持たずに、治療に専念することが出来ます。

    芸能人など人前に出るお仕事の方も多数、マウスピース矯正装置(インビザライン)を利用しています。

  • 特徴02
    歯の痛みが少ない

    ブラケットを使った従来の矯正治療では、毎月の調整後、数日痛みが強く出る場合があります。精緻なシュミレーションで出来上がったアライナー(マウスピース)は7~14日ごとに取り換え、毎回0.25mmと少しずつ歯を動かしていくため、痛みを大幅に軽減します。

  • 特徴03
    1〜3ヶ月に1回の通院でOK

    一般的なワイヤー矯正の場合だと治療終了までの通院回数は平均して 30 回ほどになりますが、マウスピース矯正装置(インビザライン)の場合は、通院回数を減らすことも可能です。

  • 特徴04
    お食事の時に外せる

    自分で簡単に取り外しが出来ますので、レストランなどの外出時のお食事の際、重要なときに食べ物の詰まりを気にすることはありません。

    取り外しが出来るので、マウスピースの洗浄や、普段の歯磨きもいつもと同じように行え、お口の中を清潔に保てます。

  • 特徴05
    洗浄が可能で衛生面も安心

    矯正治療は装置をつけたままの歯磨きが大変である一面がありますが、マウスピース矯正装置(インビザライン)は歯磨きの際、取り外すことが可能です。装置自体を取り外し、洗浄することもできます。

  • 特徴06
    治療後の歯並びを治療前に確認できる

    3Dシュミレーションを行いますので、治療を開始する前に「治療後の歯並び」を視覚的に確認することができます。

  • 特徴07
    1回の型どりでOK

    マウスピース矯正型矯正歯科装置は、インビザライン以外にもあります。革新的な進歩を遂げ、マウスピース型装置による矯正として世界でNo.1のシェアであるインビザラインは、マウスピースの制作工程においても他の追随を許しません。型どりは1回でOKで、患者様の負担を軽減します。

  • 特徴08
    生涯安心システム

    マウスピース矯正装置(インビザライン)はデータベースで管理されています。これにより、矯正治療中の装置の管理だけでなく、矯正治療後の保定(リテーナー)も管理体制も充実しています。
    データベース上で矯正治療終了時の歯並びと保定装置(リテーナー)を管理するため、装置の紛失などのトラブルにも安心です。

  • 特徴09
    遠方からの来院が可能

    マウスピース矯正装置(インビザライン)は、一般的なワイヤー矯正に比べて通院回数を減らすことも可能ですので、遠方から大宮に来られる方にとっても嬉しい方法です。

Merit / Demerit

メリット・デメリット

メリット
  • ・透明で目立たない
  • ・装置の違和感がほとんどない
  • ・通院回数が少ない
  • ・痛みが少ない
  • ・予知性が高い
  • ・矯正治療中もお食事も楽しめる
デメリット
  • ・患者さん本人が管理しなければならない(1日20時間以上使用するように)
  • ・補助装置が必要な場合がある。(*)

*補助装置が必要な場合について
歯の移動距離が大きい場合は、インビザラインでの治療に先だって6ヶ月〜10ヵ月年程度通常矯正装置を使用することがあります。
見えない裏側の装置や、歯と同じ色の目立たない部分的な装置を選ぶことができます。

Suitable for the Invisalign

マウスピース矯正装置(インビザライン)に適した方

  • アナウンサー、CA、営業職、人前に出る仕事の方
  • 矯正治療中の審美性(装置の見た目)を気にする方
  • 金属アレルギーの方
  • 自己管理ができる方(きちんと装置を使用できる方)
  • 結婚式を控えている方
  • 妊娠されている方
  • 短期留学を検討中の方

4 Kind of Invisalign

マウスピース矯正装置(インビザライン)は4種類

  • 種類
    特徴
  • 大人の方に

    永久歯列の大人の方に、より包括的な治療が可能です。どの様は歯ならびにも幅広く対応します。インビザライン・フル。

  • 10代のお子様に

    10代のお子様にも、対応しています。思春期の見た目の気になるお年ごろにも最適。インビザライン・ティーン。装置の紛失した場合も追加料金なしで新しいアライナーに交換できます。

  • 軽度の不正咬合・部分矯正に

    比較的軽い不正咬合の場合には、インビザライン・ライトが適応可能です。

  • 最短7回!
    より軽度の不正咬合・部分矯正

    より軽度の不正咬合でしたら、最短7回のマウスピース交換、3.5ヶ月で治療終了のインビザライン・アイセブンがおススメです。

Safety of Invisalign

インビザラインの安全性(薬事認証)

インビザラインは、アメリカのアラインテクノロジー社より提供されている、マウスピース矯正装置で、これまで全世界で500万人以上の治療実績があります。(2018年1月現在)

またFDA(アメリカ食品医薬品局)の医療機器として認証を受けており、ISOを取得している最新の工場で製造されています。

日本において、インビザラインを含むマウスピース矯正装置は、それぞれの患者様に合わせて作成しており、市場流通性がないことから、薬事法上の医療機器に該当せず、医薬品副作用被害救済制度が適用されない場合があります。
しかし、その材料自体は日本の薬事認証を得ており、アレルギー等に関する安全性は確保されています。

Lingual Orthodontics

舌側矯正 - 見えない矯正

見えない矯正 - 舌側矯正とは、本来、歯の表側に付ける矯正装置を、すべて歯の裏側から装着して矯正治療を行うことを言います。

表からは全く見えませんので、治療期間中でも自然な笑顔で過ごしていただけることが最大の特徴です。

当院ではインビザラインと並んで、舌側矯正にも力を入れています。

マウスピース矯正装置(インビザライン)との使い分けは?

抜歯などを含み、歯を大きく動かす必要があるとき

顎が小さく、歯が全部入りきらないで歯並びが悪くなっている場合などは、歯を並べるスペースを確保するために、抜歯をしなければいけないことがあります。

抜歯後の空いたスペースを大きく詰める - 歯をダイナミクスに動かさなくてはいけない矯正治療は、インビザラインのみでは適さない場合があります。

舌側矯正を含むワイヤーを使った矯正治療を併用して、段階的に細かな調整をすることでインビザラインの利点を最大限に発揮させることが可能となります。

他の医院で無理と言われた方も、ご相談下さい

1番最適な治療法を、一緒に考えましょう

患者さまのお口の中は千差万別ですが、それぞれに合った最適な矯正治療の方法は必ず見つかります。

矯正治療は通院時だけではなく、装置をつけている間すべてが治療期間になります。

数年単位の長期間、患者様の貴重なお時間を使っての治療になりますので、当院ではその間の患者様のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を最大限に考えて、矯正治療を進めます。

歯並びでお悩みのある方は、一度無料カウンセリングにお越しください。

Go Top