About Orthodontics

こどもの矯正治療とは

こどもの矯正治療と大人の矯正治療は、治療の目的、方法などに大きな違いがあります。
こどもの矯正治療大人の矯正治療
治療の時期混合歯列期に行う
(乳歯と永久歯が混在)
永久歯列期に行う
(すべて永久歯)
治療の目的骨格の成長を利用した
歯並びの改善
*治療の痛みはほぼなし
歯の移動による歯並びの改善
使用する装置
治療費30万円〜65万円〜
歯並びが悪くなる原因として、3つの原因が考えられます。
  • 原因01
    癖(くせ)

    指しゃぶり、ほおづえ、舌(べろ)の癖など、外的な圧力に歯並びも影響を受けます。

    子供の矯正治療では、このような癖を除去する矯正装置を用いることで歯並びの改善を図ります。

  • 原因02
    歯列が狭い

    近年、日本人の顎の大きさは小さくなりつつあります。一方で、歯の大きさは変わっていません。

    子供の矯正治療では、歯がきちんと生えてくるスペースを、歯列を広げることで確保します。

  • 原因03
    上下の顎の大きさ

    上の顎が大きく、下の顎が小さいことで、出っ歯になってしまうことがあります。

    子供の矯正治療では、骨の成長期に顎の骨の大きさをコントロールして上下の顎の大きさのバランスや前後関係を整えます。

Necessity of the Orthodontics

必要性について

お父さん、お母さんから、お子様の矯正治療に関して、

「子供のうちから、矯正治療した方が良いのでしょうか?」

という質問を多く受けます。

子供の矯正治療で得られること
  • 成長のコントロール

    こどもの矯正では歯並びの改善だけが目的ではなく、上下のあごの成長を正しい方向に誘導してあげることにより、出っ歯、反対咬合、あごのゆがみなどを防ぐことができます。

  • 歯の移動が速い、後戻りが少ない

    小児期では歯を支えている骨(歯槽骨)が柔いため、歯の移動に無理がなく治療期間も短期間で済みます。また治療後の後戻りも成人と比較して少ない傾向にあります。

  • 痛みが少ない

    小児期では歯を支えている骨(歯槽骨)が柔いため、成人と比較して痛みが少ないのも特徴です。また、子供は適応能力が高いため、はやく装置に慣れることができ、大人よりも楽に治療できる傾向があります。

  • 抜歯の可能性を軽減

    歯を支えている骨(歯槽骨)を広げて、歯が並ぶスぺースをつくってあげます。例えば10人用のベンチを12人用のベンチにしてあげるイメージです。おとなの矯正治療では歯を抜かなければ治療できない歯並びでもこどもの矯正治療により、歯を抜かなくてすむ可能性が大きく広がります。

  • お口の中の意識

    こどもの矯正治療をすることにより、永久歯が生えそろった後、おとなの矯正治療が不必要になる患者様もいます。
    その場合治療費がおとなの矯正治療の半額程度で済みます。

    子供の頃に矯正治療を行うことで、お子様の口の中に対する関心が高まり、将来的に虫歯や歯周病のない健康な口内環境作りへと繋がります。

The Best Time

最適な開始時期とは?

子供の矯正治療の最適な開始時期は、
お子さんの歯並びの現状や骨の成長時期によって決まります。

お子様一人一人によって最適な治療時期が異なってきますが、

一般的には成長が大きくみられる7~9才が最適な治療開始時期です。

お子さんの歯並びが気になったり、歯科検診で指摘を受けた場合は、矯正専門医の受診をお薦めします。

Do an Analysis

7歳で、まず一度検査をしましょう

下記に当てはまるお子さまは、矯正治療を早めに開始した方が良い代表例になります。
  • 先天欠損歯があるお子さま

    先天欠損歯(先天欠如歯)とは、生まれつき数が足りない歯の事です。
    先天欠損歯があると、歯と歯の間が離れて、いわゆる「すきっ歯」になってしまうことがあります。また、乳歯が先天欠損の場合、その後に生えてくる永久歯も欠損している場合が多く、噛み合わせや歯並びに問題が出てくることもあります。

  • 埋伏歯があるお子さま

    埋伏歯とは、骨の中に埋まったまま、出てきていない歯のことをいいます。
    子供の頃に埋伏歯を発見することができると、手術を回避できる場合が多いです。
    *親知らずも埋伏歯の1つです。

  • 反対咬合(受け口)のお子さま

    反対咬合の治療を大人になってから行おうとすると、顎を切ったりする手術が必要になります。

    反対咬合は、骨格的な原因に由来することが多いです。
    骨が成長する子供の頃に、矯正治療を行う(顎の成長をコントロール)ことで手術を回避する飛躍的に可能性が高まります。

  • 指しゃぶり、舌癖(ベロのくせ)があるお子さま

    指しゃぶり、舌癖(ベロのくせ)も歯並びが悪くなる原因です。
    特殊な矯正装置を使用することで、このような癖を除去することができます。

    歯科検診で指摘を受けた場合以外でも、少しでもお子さまの歯並びが気になったら矯正医に相談をしましょう。

Go Top