About iTero Element

iTero Elementとは?

矯正治療をスタートする際に、現在の歯列を歯形として採得する必要があります。

従来は、アルジネートと呼ばれる印象材を用いて歯型取りを行ってきました。印象材は柔らかいゴムのような触感で、印象材を歯に押し付けることで変形し、歯の形を再現します。

しかし、近年では、光学印象を可能にする口腔内スキャナーが開発され、歯形取りが患者さまにとって快適なものへとなりました。iTero Elementとは、米国アラインテクノロジー社が開発した、光学印象口腔内スキャナー&システムです。

About Optical Impression

光学印象とは?

光学印象とは、レーザー光を歯に当て歯の形態を計測して、スキャンしていくことです。スキャンされた歯形は画面に映されます。つまり、データ化することが可能です。レーザーを照射している際は、なんとなく光が当たっているような感覚がありますが、ほぼ無感覚に近い状態です。

the Difference

他の光学印象との違い

光学スキャナー&システムは、iTero Element以外にも存在しますが、何より最大の特徴はマウスピース矯正装置(インビザライン)との相性の良さです。

iTero Elementとマウスピース矯正装置(インビザライン)は同じアラインテクノロジー社によって開発されたため、互換性の高く、マウスピースを使用した矯正治療おいて高いパフォーマンスを発揮します。

Which Changes

iTero Elementによって変わる矯正治療

  • 治療期間の短縮

    従来の弾力性印象材による歯形の採得と比べ、歯形の再現性が約10倍の精度(アラインテクノロジー社調べ)を可能にします。歯形の再現が精密になるということは、正確なマウスピースを製作することに繋がります。歯によりフィットするマウスピースは、効果的に歯に力を加えます。結果、治療期間の短縮に繋がります。

  • 印象の不快感

    従来のゴムのような弾力性印象材を口の中にいれるとき、以下のような苦痛を感じることがあります。

    ・匂いが気持ち悪い
    ・ゴムを押し付けられて気持ち悪い
    ・長時間口を開ける
    ・嘔吐反射を起こす

    iTero Elementによる印象は、最短で歯列弓を全額を1分でスキャンが可能で、これらの苦痛から解放いたします。

  • すぐに矯正治療をスタート

    今までは、作成した歯形を郵送で米国に郵送し、マウスピース矯正装置(インビザライン)が日本へ返送されるまでに2~3か月かかることもありました。しかし、iTero Elementでは、データで瞬時に米国に送ることができます。輸送にかかる時間の省くことができ、従来はなかなかスタートできなかった矯正治療が、スムーズにスタートすることができます。

Go Top