About Lingual

見えない矯正 - 舌側矯正とは

本来、歯の表側に付ける矯正装置をすべて歯の裏側から装着して矯正治療を行います。裏側矯正・リンガル矯正とも呼ばれ、矯正治療があまり一般化していなかった日本において、歯に目立つ矯正装置を付けられない大人のための解決策として誕生しました。

Merit

舌側矯正のメリット

目立たない

裏側に装置をつけることで表からは全く見えないので、治療期間中でも自然な笑顔で過ごしていただけることが一番のメリットであり、最大の特徴です。

装着時間を守る必要がない

目立たない矯正装置といえば、取り外しができるマウスピース矯正装置が近年では主流となっています。一方、裏側矯正は、装置が歯にしっかりと固定されているので、装置の交換や装着時間といった自己管理の必要がありません。

矯正中でも虫歯リスクが低い!?

表側はいつも通り歯磨きできる裏側矯正は、歯の目立つ部分に虫歯ができてしまう可能性は低いです。また、舌側は唾液が多く流れていたり、エナメル質と呼ばれる虫歯に強い部分が厚いという理由から表側と比べて比較的虫歯になりにくいと言われています。
だからといって、裏側矯正は歯磨きが楽というわけではありません。歯の裏側の歯磨きは普段から歯ブラシが届きにくい場所です。治療中の口腔ケアは特に念入りに行なう必要があります。

Recommend

舌側矯正はこんな方におすすめ

他の人に気付かれることなく矯正治療を終わらせたい

営業職や接客業など、人と接するお仕事で表側に矯正装置をつけることができない場合は、裏側矯正か、マウスピース矯正装置がおすすめです。他の人に気付かれることなく矯正治療を終えることができます。

装置の自己管理をしたくない

裏側矯正は、歯の表面に装置とワイヤーがしっかり固定されており、矯正専門医がワイヤーの調整をすることで歯が動いていくため、患者さま自身による矯正装置の取り外しや交換といった自己管理の必要がありません。

口腔ケアに関する意識が高い

他人から装置が見えないことが裏側矯正のメリットですが、ご自身からも見えにくい位置にあるので、装置周辺の歯みがきが困難です。普通の歯ブラシ以外にも補助的な道具(タフトブラシや歯間ブラシなど)を併用して口腔内を清潔に保つことができる人におすすめです。

Unsuitable

舌側矯正に不向きな人

  • なるべく早く治療を終わらせたい
  • 治療費を安く抑えたい
  • 痛みに弱い

the Period

裏側矯正の治療期間

約2〜3年(歯列全体)

ワイヤー矯正は、歯に装着したブラケットに形状記憶のワイヤーをはめて、ワイヤーが真っすぐに戻ろうとする力を利用して歯を動かしていきます。初めはやわらかくて細いワイヤーから約1か月おきに少しずつ硬くて太い素材のワイヤーに交換していきます。

裏側矯正の場合は、表側矯正よりもブラケット同士の距離が近くなるため、さらに細いワイヤーから使用し、表側よりもゆっくりとしたペースでワイヤーの太さを上げていく必要が出てきます。そのため、表側矯正と比べて微調整の期間が多少長くなることがあります。

また、裏側矯正ではブラケットの構造上、歯の傾きや角度を直すのに時間がかかると言われており、表側矯正と比べて微調整の期間が多少長くなることがあります。

Cost

舌側矯正の費用

費用の概要
裏側矯正(上裏側/下表側) 1,050,000~1,100,000円
裏側矯正 1.300.000~1.350.000円
調整料 6.000円
他の装置との比較

裏側矯正は、インダイレクトボンディング法といって、それぞれの歯並びに合わせてオーダーメイドでブラケットを接着するための土台を作成します。歯の裏側の形は個人差が大きく、表側矯正と違って既製品のブラケットを直接、理想的な位置に付けることが難しいからです。
使用するワイヤーも複雑な形のため、表側矯正より治療費が高額になる傾向にあります。

Case

舌側矯正の症例紹介

当院ではインビザラインと並んで、舌側矯正を取り入れた治療にも力を入れています。

マウスピース矯正装置(インビザライン)と裏側矯正の併用

抜歯後の大きい歯の移動は裏側矯正で行い、だんだん隙間が狭くなってきたらブラケットを外し、マウスピースで矯正していきます。

【こんな方におすすめ】

  • ・目立つ矯正装置はつけられない
  • ・早く治療を終わらせたい

参考症例はこちらから

ハーフリンガル

上顎だけ裏側矯正、下顎は表側にブラケットを装着する治療法です。なるべく装置を目立たせたくないけれど、喋りにくいといった装置の不快感を軽くしたい、また、少しでも治療費を抑えたいという方向けの治療方法です。

【こんな方におすすめ】

  • ・目立つ矯正装置はつけられない
  • ・早く治療を終わらせたい

Faq

舌側矯正に関するよくある質問

Q. 舌側矯正ではできないと言われたのですが・・・。

重度の歯周病や金属アレルギーでなければ、現在は表側のワイヤー矯正で治療できる歯並びは外科手術が必要な症例も含め、全て舌側矯正でも治療できると言われています。

Q. 舌側矯正ができる歯科医院が少ないのはなぜですか?

裏側矯正は装置やワイヤーの調整が難しく、矯正専門医であっても技術力や経験値が必要な治療です。そのためどこでも治療できるわけではなく、対応できる歯科医院が限られています。

Q. 治療中、舌に当たったりしないか心配です・・・。

おしゃべりをしたりお食事をしたりする際に、装置に舌が当たって気になることがあります。特に装置を付けてすぐは、舌の側面などに口内炎ができやすく、生活をする上でストレスになることがあります。

Q. マウスピース矯正とどちらにしようか悩んでいるのですが、何を基準に選んだら良いですか?

マウスピースを長時間つけていられるライフスタイルかどうかという基準で選んでください。マウスピース矯正装置の場合、間食や試食が多くて決められた使用時間や使用方法を守れないと、計画通り治療が進まず、治療期間が延長する可能性もあります。

Go Top