Fee

治療費

矯正歯科治療は公的保険の対象外の自費(自由)診療となります。

初診相談
初診相談料 無料
再相談の方は3,000円(税別)
セカンドオピニオンの方は5,000円(税別)
精密検査・診断
精密検査分析料①(X線) 20,000円(税別)
精密検査分析料②(デジタル模型) 35,000円(税別)
初診時に精密検査受診、またはご予約された方は、10,000円~15,000円(税別)
基本料金
マウスピース型矯正装置
(インビザライン)
850,000〜900,000円(税別)
マウスピース型矯正装置
(インビザライン・ライトパッケージ)
400,000~650,000円(税別)
表側矯正 750,000~800,000円(税別)
上舌側/下表側矯正 1,050,000~1,100,000円(税別)
舌側矯正 1,300,000~1,350,000円(税別)
子どもの矯正(一期治療) 380,000~420,000円(税別)
子どもの矯正(二期治療) 400,000~420,000円(税別)
オプション
加速矯正装置 80,000円(税別)
ホワイトワイヤー 25,000円〜50,000円(税別)
矯正ミニインプラント 25,000円(税別)/1本
カラーゴム 0円
コンサルティング調整料
調整料 5,000円(税別)
舌側矯正の方は6,000円(税別)
メインテナンス
保定装置代 30,000~60,000円(税別)
コンサルティング調整とは

マウスピース矯正装置(インビザライン)の場合

  • クリンチェック(治療計画)通り歯が動いているか確認、経過説明
  • ・ マウスピースの適合やアタッチメントのセット及び脱離確認
  • ・ 補助装置(ボタンや顎間ゴム)のセットやチェック
  • ・ マウスピースの使用時間の確認と交換日数の調整
  • IPR(歯と歯の間のやすりがけ)

ワイヤー矯正の場合

  • ・ 矯正装置の装着(DBS)や除去、調整及び説明
  • ・ ワイヤーの調整または交換、説明
  • ・ 歯科矯正用アンカースクリューの植立
  • ・ 顎間ゴムのチェック
  • ・ 咬み合わせの調整

動的矯正期間終了後

  • ・ リテーナーセット
  • ・ リテーナーチェック

※ 治療の進行状況によって調整時に、確認及び説明のみの場合もあります。

一般的な治療期間と回数

成人の治療の通院期間は約2~3年間、通院回数約24回~36回
子供の治療は通院期間1~1年6か月間、通院期間は約12回~18回

Installment Payments

月々の分割支払いが可能です

当院では、治療費(税別)の分割支払いが可能です。また、分割手数料は子ども10回、大人20回まで無料です。

  • 分割例の早見表
    こどもの矯正(35万円の場合)
    分割回数 月々の支払い金額
    手数料なし 6(頭金30%) 44,700円
    10(頭金30%) 27,000円
    20 19,700円
    40 10,200円
    大人の矯正(70万円の場合)
    分割回数 月々の支払い金額
    手数料なし 10(頭金30%) 54,100円
    手数料なし 20(頭金30%) 27,600円
    40 20,500円
    60 14,200円

    あくまで目安となります。初診カウンセリングにて最終的なお見積りをお渡しています

当院では、初診カウンセリングで見積りをお渡ししています。

ご自身が矯正治療する場合、「月々の支払いがどのくらいになるのか?」を初診カウンセリングにて確認することが可能です。

当院で治療を開始するしないに関わらずカウンセリングの受診が可能ですので、ご活用ください。

Two Reliable Guarantees

2つの安心保証制度

1つの目の保証「治療費の返金保証」

当院では、治療が途中で中断した場合、治療費の返金をしております。返金額は、治療の進行に応じて算出しております。
但し、保証は、医師の指示の元、きちんと通院していただいた方に限ります。
装置使用の不備、度重なる予約のキャンセルや患者様の都合による長期未来院が続いている方は対象外となります。

2つ目の保証「後戻りの再治療保証」

当院では、矯正治療後に後戻りした場合、「調整料のみ」で再治療をしています。保証期間は、動的治療後2年間となります。但し、担当医の指示に従い、装置を使用されている方、保定に通院されている方に限ります。

Deduction for Medical

矯正治療は医療費控除対象です

医療費控除とは、

生計をひとつにする1世帯が1年間に支払った医療費を申請することで、所得控除を受けることができる制度です。

※1年間の医療費が10万円を超えた場合、一定の金額が返還される制度です。

返還金額の早見表
所得(所得金額-控除額) 年間医療費(30万) 年間医療費(50万) 年間医療費(100万)
300万円 20,000円 40,000円 90,000円
500万円 40,000円 80,000円 180,000円
800万円 46,000円 92,000円 207,000円
医療費控除の還付例

・年収400万家庭
・大人の矯正治療を(矯正治療費65万円)

65万円(治療費)ー 還付額8万円(医療費控除による)= 実質の治療費57万円

医療費控除のシミュレーション
年間医療費の合計(円)必須 金額を入力してください 半角数字で入力してください
保険金などの金額(円) 金額を入力してください 半角数字で入力してください
その年の所得金額(円)必須 金額を入力してください 半角数字で入力してください
医療費控除の対象額
所得税の還付金
住民税の還付金
還付金合計

*上記費用はすべて税抜きの価格となります。

Go Top