こんにちは

SHIN矯正歯科 歯科衛生士の針谷です。

 

歯列矯正治療の期間は、矯正装置が外れたら終わりと思われがちです。

しかし、歯並びが綺麗になった後は一定期間、リテーナー(=保定装置)を装着したメインテナンスがどなたでも必ず必要となります。

 

皆様は「後戻り」という言葉をご存知ですか?

「後戻り」とは、矯正治療前の歯並びに戻ってしまう現象のことです。

 

 

 

◉どうして、せっかく綺麗な並んだ歯は、元の位置に戻ろうとするのでしょうか?

 

矯正治療は、さまざまな方法で歯に少しずつ力を加え、歯を支えている骨(歯槽骨)にある、歯を収めている穴の向きを変えていきます。

 

矯正装置が外れた直後は、歯が新しい位置に移動しても、移動したスペースの骨がまだ固まっていない状態なので安定しておらず、どんどん元の位置に戻っていこうとする力が働いてしまうのです。

 

 

◉歯は動くもの

 

実は、歯は矯正していても、していなくても一生動き続けています。

動く量は個人差がありますが、矯正装置が外れた後の1年程度は、最も歯が動きやすく、不安定な状態です。

 

◉後戻りを防ぐためには

 

矯正装置を装着する期間とは別に、骨や歯列を安定させるための保定期間も重要なのです。

保定期間の目安は、矯正装置をつけていた期間と同じだけと言われています。

 

いくつか種類がある中から、適しているリテーナー(保定装置)を選択し、綺麗になった歯並びの歯型に合わせ作成したものを、装着していただきます。

 

 

ワイヤー矯正、インビザライン、部分矯正…どの矯正治療のかたでも、必ず保定を行います。歯槽骨がしっかりと固まるまで、せっかく整った歯列が乱れてしまわないようにリテーナーを装着していただきます。

 

◉リテーナーの種類

 

プレートタイプ

 

 

 

 

 

 

マウスピースタイプ

フィックスリテーナー

 

 

 

プレートタイプとマウスピースタイプは、ご自分で取り外しが可能です。

インビザラインで治療をされている方はご存知だと思いますが、”取り外しができる”ということは自己管理が必要になります。

 

リテーナーの装着時間は、基本的には、治療後およそ6か月程度はお食事と歯磨き以外の時間(1日20時間以上)の使用となります。

 

その後は骨が安定してきたら、1日12時間→就寝時だけの使用…と徐々に使用時間を短くしていきます。

 

 

◉まとめ

 

矯正装置が外れたら、ついリテーナーの装着をサボってしまうこともありますが、保定期間も大切な治療の一環です。

 

 

せっかく治した歯並びが戻ってしまうと、再び治療をやり直すか・戻ったままにするか、どちらにしても、時間とお金が無駄になってしまいます。

 

矯正治療をされている方へ、矯正装置が外れた後の1年程度は、もっとも歯が動きやすい状態にありリテーナーを装着する保定期間も矯正治療に含まれるということを覚えていてください。