こんにちは。

さいたま市大宮 SHIN矯正歯科 歯科衛生士の佐藤です。

 

実際に当院で歯列矯正の治療を受けられた方の症例をご報告します。

今回のブログでは、叢生(そうせい)症例=ガタガタの歯並びについてお伝えしていきます。

 

 

【叢生(ガタガタ)とは】

 

叢生は、歯が顎に入りきらず、重なり合ってデコボコになっていたり、ガチャガチャになっていたりする状態です。「叢生」と言うと耳慣れないかもしれませんが、いわゆる「乱ぐい歯」と同じ意味です。ちなみに、「八重歯」も叢生の一種です。

 

 

 

【叢生(ガタガタ)のデメリット】

 

叢生のデメリットは見た目が良くないという事だけではありません。

歯が重なり合っているため、歯磨きが難しく、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。

さらに虫歯や歯周病が進行すると、口臭の原因や歯が抜けてしまう可能性もあります。

 

 

【叢生の症例】

 

さて、ここから実際の「叢生」の症例紹介に入ります。年齢は25歳、女性の患者様です。

前歯のガタガタと八重歯が気になるという理由でご来院されました。

 

 

 

 

 

こちらの患者様は、前歯のガタガタが気になり写真を撮ることや人と話すことが苦手で、口元を抑えてしまったり、写真を撮るときに歯を見せて笑うことが出来ないと仰っていました。そのため、歯列矯正をして、口元を気にせずに笑いたい!とのことでした。

 

 

しかし、”現在の歯並びを改善するために矯正治療を行わなければならない”ということは理解しているが、ブラケット矯正に抵抗があるとのことでした。詳しくお話を聞いてみると、「見た目が気になってしまう」ことと、「矯正治療中の痛み」について不安があったそうです。

 

 

そのため、当院ではマウスピース矯正装置(インビザライン)をご提案しました!インビザラインはブラケット矯正と比較して、痛みが少なく、目立ちにくい装置になっています。

 

 

(左:インビザライン  右:ブラケット)

 

 

 

【治療開始】

 

患者様の矯正治療を始めるにあたっての不安も解決し、いよいよインビザラインでの矯正がスタートしました!患者様自身が歯を抜くことに抵抗があり、は抜かずに行いました。

 

しかし、重なり合ってガタガタしている歯を綺麗に並べるためにはスペースが必要です。そのスペースを確保するために、歯と歯の間のヤスリがけを行いました。

 

 

1回目のマウスピースは全部で38枚です。

クリンチェック と呼ばれるシミュレーション動画で、38枚のマウスピースでこのように歯が動く治療計画が立てられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

【10ヶ月後】

 

マウスピースは1週間交換で進めて頂き、約10カ月で終了しました。

1回目のマウスピースが全て終了した際のお口の中の状態です。

 

 

上の治療計画時のシミュレーション画像と、下の実際の10ヶ月後の口腔内の画像を比較してみると、下の前歯が1/3くらい隠れているのが良い噛み合わせの状態ですが、まだ1/2くらい隠れてしまっているので、まだ少し深いようです。

 

治療計画のシミュレーション画像

実際の10ヶ月後の正面から見た歯並び

 

治療計画のシミュレーション画像

実際の10ヶ月後の側面からみた歯並び

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

咬合面から見ても、全体的に並んできましたが、元のガタガタが強いところは、まだ少しガタつき(=叢生)が残ってしました。そのため追加でマウスピースを作り直し細かい所を調整していきました。

 

 

 

 

 

【16ヶ月後】

 

 

 

2回目のマウスピースは全部で15枚でした。

 

1回目と同じくマウスピースは1週間で進めて頂き、約4ヶ月で終了しました。

 

 

 

 

 

 

こちらが2回目のマウスピースが終了した際のお口の中の状態です。

 

少し深かった咬み合わせも2回目のマウスピースで改善され、1回目のマウスピースで並びきらなかった前歯のガタつきがキレイになりました!

 

 

 

 

 

 

【動的治療終了】

 

こちらの患者様は、インビザラインの使用方法や装着時間をしっかりとお守り頂けていたため、約1年4ヶ月で動的治療が終了しました。

 

 

 

<正面>

 

    

右側が動的治療終了後の正面から見たお口の中のお写真です。

患者様が気にされていた前歯のガタガタと八重歯が改善されています。

 

また、患者様は気にされていませんでしたが、上の左側の1番奥の歯が頬側に飛び出ていたため下の歯と全く咬み合っていませんでした。そのままにしておくと、咬み合う歯がないため歯が徐々に歯が下に下がってきてしまい、将来的に歯が抜けてしまう危険性がありましたが、今回の矯正治療でそういったかみ合わせも改善されています。

 

さらに、上の歯の中心と下の歯の中心をそろえることで、見た目も美しく仕上がりました。

 

 

 

<側面>

 

 

右側が動的治療終了後の横から見たお口の中のお写真です。

 

歯が前に向かって斜めになっているため、全体的に口元の突出感が少しありましたが、矯正治療を行い個々の歯も正しい角度にすることで、前からはもちろん、横から見ても美しい口元になりました。

 

 

 

 

【まとめ】

 

主訴:前歯のガタガタと八重歯が気になる

 

診断名:叢生

 

初診時年齢:25歳

 

装置名:マウスピース型矯正装置(インビザライン )

 

抜歯or非抜歯:非抜歯

 

治療期間:1年4ヶ月

 

費用の目安:こちらをご覧ください

リスク・副作用:こちらをご覧ください