こんにちは。

さいたま市大宮区にあるSHIN矯正歯科 院長の矢野です。

 

 

従来のワイヤーなどの矯正治療方法と比較すると…

 

◆矯正治療していることが目立たない

 

◆矯正装置が取り外しができる

 

◆矯正治療中の痛みや違和感が少ない

 

◆金属アレルギーでも問題ない

 

良いことだらけのマウスピース型矯正装置(インビザライン )ですが、自己管理を怠ると治療が失敗してしまう可能性があります。インビザラインの失敗とは、クリンチェック 通りに歯が動かなかったり、治療期間が延長してしまうことをいいます。

 

 

 

インビザラインの治療を失敗しないために、必ず注意していただきたいポイント5つ


 

 

① 装着時間を守る

 

 

 

インビザライン は、マウスピースを装着していないと効果が全くありません。1日の装着時間は最低20〜22時間以上と決められています。インビザラインの中でも最も大きなメリット『矯正装置が取り外しができる』ことは装着時間が守られていないと、メリットから一転、デメリットに変わってしまいます。

 

 

 

② アライナーチューイーを噛む

 

 

 

アライナーチューイーについて詳しくはこちらの記事をご覧をください。

 

 

 

③ ゴムかけを忘れない

 

 

 

症例によりますが、マウピースを装着するだけでなく、顎間ゴムをかける場合があります。このゴムかけも必ずマウスピースの装着時間と同じように守りましょう。

 

マウスピースは時間通り装着しているけれど、ついゴムをかけ忘れてしまう方、そのかけ忘れの時間が積み重なると、やがてマウスピースが浮いてきてしまいアンフィットを起こす原因になってします。

 

合わないマウスピースを無理矢理装着することは、インビザライン の治療の失敗につながります。

 

 

 

④ 虫歯にならないように口腔内は常に清潔に

 

 

 

インビザラインは、途中で虫歯の治療などで歯の形が変わってしまうとマウスピースが合わなくなってしまい、作り直しになってしまいます。

 

不注意によるマウスピースの作り直しは、治療期間延長の原因のひとつです。

 

マウスピースを外して、普段通りに歯磨きができるのがインビザライン のメリットです。飲食後、歯を磨かないままマウスピースを装着したり、不衛生なマウスピースを装着することはやめましょう。

 

 

  医院で定期チェックを必ず受けましょう

 

 

 

 

ご自分では気づかないうちにアタッチメントが取れてしまっていることもあります。アタッチメントも、インビザライン で歯を矯正するにあたり、非常な重要な役割を担っており、取れた状態を長く放置しているとマウスピースの不適合につながります。

 

 

また、必ずしも治療計画のシミュレーション通りに歯が動くとは限りません。治療開始から最後まで、マウスピースが手元にあるからといって、マウスピース任せの治療は危険です。

 

 

そこで、もうひとつインビザラインによる矯正治療を失敗させないために重要なことは、歯科治療の中でも矯正歯科専門の知識がある、日本矯正歯科学会の認定医または専門医、且つまだ矯正治療法としては歴史の浅いインビザラインですが、インビザラインの治療経験が豊富なドクターに治療してもらうことです。

 

 

インビザラインでの矯正治療も、歯が動く原理はワイヤー矯正の経験と知識が活かされます。矯正専門のドクターが定期的にチェックすることで、もし途中でインビザラインの治療の軌道修正が必要になった場合のタイミングを的確に判断することができます。