こんにちは。さいたま市 大宮SHIN矯正歯科 歯科医師のOです。

◆目立たない

◆取り外しができる

◆痛みや違和感が少ない

◆金属アレルギーでも問題ない

ワイヤー矯正と比較するとメリットが多く、今とても人気のマウスピース型矯正装置(インビザライン)ですが、長く通っているのに、治療計画通りに進まず、なかなかマウスピースから解放されないという声も聞かれます。

また、Googleでインビザラインと入力すると「失敗」や「後悔」といったネガティブなキーワードと一緒に検索している人が多いようです。こうした中で、今回はインビザラインを使用した歯列矯正を、快適に失敗なく終わらせるために、気をつけることをお伝えします。

インビザラインによる歯列矯正を失敗させないポイント7つ


①ドクターを選ぶ

インビザラインはアライン・テクノロジー社が提供しているコンピューターシュミレーションに基づく画期的な矯正技術ですが、そのシステムを最大限に生かし、治療期間の短縮や難易度の高い症例に対応できるかどうかは、歯の動きを熟知し、正しい治療計画を立てられる矯正歯科医の技術及び症例数と経験値によります。

また、歯がシュミレーションとは異なる動きをしても、適切にリカバリーできるような知識や技術がある場所を選ぶ事が大切です。したがってインビザラインの症例実績が多い歯科医院が望ましいといえます。

②装着時間を守る

アライナーの装着時間はお食事と歯ブラシ以外の20時間以上がお約束です。お約束を守っていただかないと計画通りに歯が動かないため、治療期間の延長につながってしまいます。

③アライナーチューイをなるべく長く使用する

アライナーチューイーについて詳しくはこちらの記事をご覧をください。

④アライナーを指で押してアライナーとアタッチメントをぴったりフィットさせる

ご自分では気づかないうちにアタッチメントが取れてしまっている場合もあります。アタッチメントも、インビザラインで歯を矯正するにあたり、非常な重要な役割を担っており、取れた状態を長く放置しているとマウスピースの不適合につながります。

⑤お口の中を清潔に

矯正治療中の歯磨きがきちんとできていないと、虫歯や歯周病で矯正治療を一時中断することになり治療期間の延長につながってしまいます。

マウスピースを外して、普段通りに歯磨きができるのがインビザラインのメリットです。飲食後、歯を磨かないままマウスピースを装着したり、不衛生なマウスピースを装着することはやめましょう。

⑥歯科医師の指示通りに器具を使用する(ゴム掛け)

お口の中の輪ゴム等、補助的な装置の使用を指示されることがあります。指示通りしっかり使わないと治療期間の延長につながってしまいます。

⑦医院で定期チェックを必ず受けましょう

必ずしも治療計画のシミュレーション通りに歯が動くとは限りません。治療開始から最後まで、マウスピースが手元にあるからといって、マウスピース任せの治療は危険です。

インビザラインでの矯正治療も、歯が動く原理はワイヤー矯正の経験と知識が活かされます。矯正専門のドクターが定期的にチェックすることで、途中で軌道修正が必要になった場合のタイミングを的確に判断し、治療の失敗を防ぎます。


きれいな歯並びは、あなたの笑顔をより魅力的にしてくれます。インビザラインでのマウスピース生活を快適に、失敗したと感じてしまう方がいないような矯正治療を心がけ、スタッフ一同お待ちしております。