さいたま市大宮のSHIN矯正歯科 歯科衛生士の佐藤です。

 

 

「昔から歯並びがコンプレックスで・・・」

「最近歯並びがガタガタになってきたような気がする・・・」

 

そんなお悩みを抱えたミドル・シニア世代・大人の方の相談が、当院で増えてきています。でも、「矯正するなら若い方がいい」とか「高齢になると矯正はできない」といった先入観から、なかなか重い腰が上がらない、という方も多いのではないでしょうか?

 

ずばり、40代以上の方でも歯の矯正は可能です!

 

40代、もっと上の年齢からでも歯を矯正することで、口元の見た目が良くなり自信が持てるだけでなく、健康面でメリットを得ることができます。

 

 

 

 

 

 

40代から歯列矯正して得られるメリット


 

 

① 虫歯・歯周病になるリスクを減らすことができる

 

歯並びが悪いままだと、歯ブラシが細かいところまで届きづらく、虫歯や歯周病の原因となる細菌を除去することが難しくなります。矯正によって歯列が綺麗になれば、歯磨きがしやすくなり、お口の中を清潔に保つことができます。

 

 

 

② しっかり噛めるようになる

 

矯正をすれば、咬み合わせも改善します。(全体矯正の場合)

お食事をよく咬めるようになり、消化がよくなって、内臓の健康維持に役立ちます。

 

 

 

頭痛、肩こりの改善

 

②でお伝えしたように、噛み合わせが改善しバランスよく咬めるようになることで、お口の周辺の筋肉への負担が減ります。口周りの筋肉は、頭や肩にまでつながっていますので、肩こりや頭痛の改善につながることがあります。

 

 

 

このようなメリットがある反面、40代からの歯列矯正は、治療に伴うリスクやデメリットもあります。

 

 

 

 

 

40代からの歯列矯正で気をつけたいこと


 

【歯周病】

 

歯周組織は、矯正で歯を動かしていく仕組みに深く関係しています歯周病は進行すると、歯を支えている顎の骨を溶かしてしまう恐ろしい病気です。そのため、歯周病をそのままにしてから矯正を始めてしまうと、歯の移動が遅くなったり、後戻りしやすくなってしまいます。

 

 

厚生労働省の調査で、30代~50代の8割が歯周病にかかっているという報告もあり、歯周病は私達にとって身近な病気と言えます。しかし、自覚症状がほとんど無いまま進行し、中には、治療を始める前に行う精密検査で初めて、ご自身が歯周病にかかっているとわかる方もいらっしゃいます。

 

病状が進行している場合は、歯周病の治療を優先していただくため、歯周病治療後、矯正治療に移らせていただく流れになります。(歯周病治療のできる医院の紹介もさせていただいています。)

 


 

 

40代、もっと年齢を重ねるにつれ、矯正治療のハードルが上がるのは事実です。しかし、視点を変えれば、矯正治療を迷っている今こそがハードルが一番低い時かもしれません。

 

 

40代からでも、歯列矯正治療は、歯を失う原因となる「虫歯」や「歯周病」のリスクを減らし、全身の健康維持にも繋がるので、これからのご自分の大切な時間を、より快適に楽しく過ごすためには、大きなメリットがあると言えると思います。

 

 

思い立ったが吉日、初回のご相談は無料です。1度相談だけでも受けてみてはいかがでしょうか?