こんにちは!さいたま市 大宮SHIN矯正歯科 歯科衛生士のNです。

 

頬骨やエラを削って輪郭を変える美容整形と歯列矯正、両方を考えている場合、どちらを先に行ったら良いかという順番についての疑問が浮かび上がってきますよね。

 

それぞれのクリニックの先生の考えや方法にもよりますが、歯列矯正の治療を先に始めることをおすすめします。なぜなら、歯列矯正によって歯並びが良くなると顔貌(顔のつくり)が変化する場合があるからです。

 

 

歯列矯正を先に行う理由


 

歯列矯正中の顔の変化

スマイル

 

 

歯列矯正をして歯並びが整うと、均等に口角が上がり綺麗なスマイルラインになります。そして、歯並びが綺麗になると、思いっきり笑顔で笑えるようになります。実際に治療後の感想で「笑うことが多くなった」「笑顔の自信が持てる様になった」という声を聞きます。

 

Eライン

 

 

Eラインとは、横顔の鼻先と下アゴを結ぶ直線ラインのことです。そのラインよりも少し内側に唇があるのが理想のEラインと言われています。このEラインは、歯列矯正をすることによって改善される場合があります。

 

 

当院で治療された方の中に横顔にEラインができた症例があります。詳しくはこちらのブログをご覧ください。顎の位置によっては、歯列矯正だけでは横顔の改善が難しい場合もありますが、美容整形のような外科手術をしなくても、歯を移動させることでEラインに近づけることができます。

 

 

輪郭

 

 

咬み合わせ不良によるかみ締めや食いしばりがあると、筋肉の使い方が左右で異なってしまったり、咬筋に力がかかりすぎてエラが張ってしまうことがあります。矯正治療で噛み合わせの力を均等にすることで、顔やお口周りの筋肉の使い方が変わり小顔効果が見られことがあります。

 

 

 

矯正中の顔貌以外の変化

食事によるダイエット効果

マウスピース型矯正装置(インビザライン )は、基本的にお食事と歯磨きの時以外はマウスピースをはめていただきます。そのため、食事が規則的になり間食も減るので間接的にダイエット効果があるかもしれません。

 

マウスピース型矯正装置(インビザライン )でダイエット?!

 

 

歯列矯正は見た目だけでなく、歯並びが整うことで歯磨きがしやすくなり、口腔内を清潔に保つことができます。噛み合わせも改善されるので、食事をしっかりと噛むことができるようになり、かみ合わせの不調から来る肩こり・頭痛の症状がよくなることもあります。

 


 

このような理由からはじめにお伝えしたように、美容整形と歯列矯正の順番を迷っている方は、矯正治療を行ってから美容整形を考えてみてはいかがでしょうか?カウンセリングや精密検査によって、お顔の印象の悩みのほか、抜歯が必要か否か、などについてお応えできます。

 

初診カウンセリングはメールからでもご予約可能です。ご来院お待ちしております。