ガミースマイルとは

ガミースマイルとは笑ったときに、上の歯茎が多く見えてしまう状態のことです。通常であれば笑ったときに見える歯茎はほんの少しですが、歯茎が3ミリ以上見える状態をガミースマイルといいます。

ガミースマイルによるデメリット

①口臭

ガミースマイル自体は病気ではありませんが、歯茎が空気に触れやすくなっているため口腔内の細菌が繁殖し口臭の原因になります。

②思い切り笑えない

笑ったときの自分の口元に自信が持てず、思い切り笑えない、手で口元を隠す、マスクが外せないという方もいるかもしれません。

ガミースマイルになる原因

骨格的ガミースマイル

  • ・上顎が縦に長いため
  • ・上顎が前に出ている(上顎前突など)ため

歯性的ガミースマイル

  • ・歯並び(出っ歯)のため
  • ・歯が小さいため
  • ・歯が短いため

歯肉が原因のガミースマイル

  • ・歯茎が過発達しているため
  • ・歯肉増殖症(炎症を伴わない歯肉の組織が増殖、薬の副作用として起きることもある)のため

上唇が原因のガミースマイル

上唇の発達(上唇と小鼻を引き上げる「上唇挙筋」が強いと、唇が歯茎の上まで挙がるので、笑ったときに歯茎が目立つ)のため

自分でできる対処法

ガミースマイルの程度が軽度な場合は、自分で笑い方のコントロールをすることで、歯茎の見える範囲を少なくすることができる場合があります。口を横に引くように笑うと、上唇が過剰に上がるのを防げます。

ガミースマイルの治療法

歯列矯正

歯列矯正によって、いわゆる出っ歯の状態を改善することができます。しかし、前歯の生えている位置によっては、ガミースマイルの改善には乏しい場合があります。

【関連記事】

歯の矯正で改善できる?ガミースマイルの治療方法とは

アンカースクリューを使った歯列矯正

矯正歯科用アンカースクリューについてのブログはコチラ

外科矯正

骨格的な問題が大きい場合は外科矯正によって、顎を正しい位置に整え歯並びを綺麗に並べる方法があります。

歯冠長延長術(クラウンレングスニング)

歯冠長延長術(クラウンレングスニング)とは、歯茎と骨を切開・削ることによって歯を露出させ、歯の見える範囲を増やします。歯が短い、歯茎が多い場合などに適しています。手術にあわせてセラミックの歯を被せ、歯の形態や見た目と整えることも可能です。歯肉整形術(歯肉だけ整える)もありますが、後戻りの心配があります。

上唇粘膜切除術

上唇粘膜切除術とは上唇の裏側にある粘膜を切除して、縫合する手術です。このことにより上唇の運動範囲を狭めて、歯茎の見える範囲を狭くします。

唇が柔らかかったり、唇を持ち上げる力が強かったりすると後戻りのきっかけとなりますが、完全に戻りきることはありません。

ボトックス注射

ボトックスとは、末梢性筋弛緩薬であるA型ボツリヌス毒素の製品名です。このボトックスを局所に注射すると、ボツリヌス毒素により筋肉が麻痺します。このことにより、上唇の可動範囲を狭め、歯茎の見える範囲を狭くします。効果は半年程度です。

費用

ガミースマイルの治療は審美目的になるので、基本的には保険適用外、つまり自費診療となります。しかし、外科矯正では顎変形症などの診断が出る場合には保険が適用され、結果的にガミースマイルの改善につながる可能性もあります。

厚生労働省が定めた特定の症例(上顎前突、下顎前突、下顎後退、開咬、顎骨非対称等)で、かつ厚生労働省の定める指定自立支援医療機関(育成・更生医療)の条件を満たしている医療機関での治療であれば保険治療として行うことができます。

まとめ

笑ったときに見えてしまう歯茎、ガミースマイル。気になりますね。ガミースマイルには様々な要因が重なっている可能性があり、一概に「コレだ!」という治療法を定めるのは難しい問題です。治療法によって、一般歯科なのか矯正歯科なのか、美容外科クリニックにすべきなのか医院選びも変わってきます。

 

また、相談していくうちに、歯茎だけの問題ではなく歯並びを綺麗にしたい、どうせならホワイトニングもしたいと、どんどん要望も出てくるのではないでしょうか。そのとき、しっかり優先順位をつけて必要なものとそうでないものの振り分けて、トータルでの治療計画が立てられると安心です。

 

ガミースマイルは骨格の問題や、唇の筋肉、歯の形状と複雑に絡んでいますので、まず一度歯科医院や美容外科クリニックに相談し、ご自身にあった治療方法を選択しましょう。