こんにちは。さいたま市大宮にあるSHIN矯正歯科の受付の小林です。

 

 

当院に初診カウンセリングでいらしていただいた患者様には、まず最初に問診票のご記入をお願いしています。その問診票の中に、ご自身が特に気になっている歯並びに、記しを付けて頂く欄があるのですが、最近「横顔」にチェックをしている患者様がとても多くいらっしゃいます。

 

 

 

特に「前歯の出方が気になる」とおっしゃるほとんどの方が、合わせて「横顔の口元の突出感」を気にされているようです。「横から見たときに、今よりも口元を引っ込めたい。」と言われる方が多いです。

 

 

 

普段、日常生活の中で自分の横顔を意識することは少ないかもしれません。

女性の方で特に社会人の方ですと、ほとんどの方が毎朝お化粧をすると思います。

 

鏡に映る正面の顔は綺麗に仕上げようと思いますが、横顔まで意識してメイクアップをされる方は、あまりいないのではないでしょうか。

 

しかし普段の生活で、周りの方の横顔を目にすることはたくさんあると思います。

同じように自分の横顔も見られていると考えると、綺麗な横顔を手に入れたいと考える方がたくさんいらっしゃるのも頷けます。

 

 

 

Eライン


 

そもそも綺麗な横顔とはどのような特徴があるのでしょうか。

 

「綺麗な横顔」「横顔美人」などで調べてみると、

 

・鼻が高い

・まつげが長い

・シャープな輪郭

 

など様々な特徴が出てきますが、特に多くみられるのは

「Eラインがあること」があげられます。

 

 

 

皆さまもこのEラインという言葉は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

Eラインとは、エステティックラインの略称で、アメリカの歯列矯正医師であるロバート・リケッツ氏が横顔の美しさの基準として発表したものです。鼻先から下顎の先端までを直線に結んだラインのことを言います。その直線の中に唇が収まっている状態が理想の横顔と言われています。

 

 

 

このEラインは簡単に自分でチェックすることが出来ます。

 

ペンや定規など線がまっすぐなものを用意するか、人差し指を鼻先から下顎にかけて当ててみましょう。この時に唇が触れないかぎりぎりライン上にある場合は理想的なEラインを持っている方ということになります。

 

 

 

しかし日本人は欧米人と比べて、圧倒的にこのEラインを持っている人は少ない、と言われています。Eラインの基準はアメリカの医師によって作られたものなので、日本人が同じ基準に満たないのは仕方の無いことかもしれません。

 

 

 

 

 

そもそも欧米人はコーカソイド、私たち日本人を含むアジア系はモンゴロイドと呼ばれる骨格の作りが違うため、鼻の高さが圧倒的に違います。しかし理想的なEラインはただ鼻が高ければ良いというわけではありません。重要なのは口元の突出感です。

 

 

 

 

歯並びを改善して理想的な横顔に

 


 

そしてそこに大きく影響してくるのが歯並びの悪さです。

 

歯が唇側に傾斜して生えていることによって口元が出てしまうと、横顔のバランスが崩れてしまいます。骨格を変えることは難しいですが、歯並びなら歯列矯正で改善することが出来ます。

 

 

治療方法は患者様の歯並びによって、また、どのくらい口元を下げたいかによって異なります。

口元の突出感を大きく引っ込めたい方は、歯を抜いて口元を下げる治療法が一般的です。

 

抜歯する歯も個人差がありますが、犬歯の隣の正面から数えて、4番目の歯を上下左右全部で4本抜くことが多いです。

また、口元を少しだけ下げたい方は、歯を抜かずに治療することが出来ます。

その場合、隙間を作るために歯と歯の間にやすりがけをしていく方法があります。

 

 

口元が下がるだけで正面はもちろん、横顔の印象が大きく変わる方もたくさんいらっしゃいます。

 

 


 

 

美しさは千差万別です。Eラインはあくまでも一つの基準に過ぎません。ですが、横顔を改善したいと悩まれている方で、少しでも歯列矯正に興味がある方は、是非一度カウンセリングにいらしてみてはいかがでしょうか。

 

無料カウンセリングは https://shin-ortho.com/counseling/ からメールでもご予約可能です。

ご来院をお待ちしております。