こんにちは!大宮SHIN矯正歯科・歯科衛生士の針谷です。

 

 

私はこのブログを通して発信しているように、現在、マウスピース型矯正装置(インビザライン)で上顎前突(じょうがくぜんとつ)=「出っ歯」の治療を行っています。

 

 

顎顔面、歯などが、何らかの原因でその形態と発育と機能に異常をきたし、その結果、正常な噛み合わせでない状態の総称を”不正咬合”といいます。”不正咬合”にはいくつか種類があります。その中でも、「出っ歯」を主訴として来院してくださる患者様は当院でも多くいらっしゃいます。

 

 

実は、上顎前突というのは日本人に多いと言われています。その一因として、上顎のアーチが横に広い欧米人と比べ、日本人はアーチが縦長で狭くなりやすいというのがあるそうです。そこで今回は、「出っ歯の原因」について詳しくご紹介していきます!

 

 

 

 

 

 

実は「出っ歯」の原因には「先天的」「後天的」の2つがあります。

 

「先天的」な出っ歯


 

「先天的」というのは「うまれつき」という意味で、骨の大きさや位置など骨格に由来するものです。骨格はご両親、もしくは祖父母の骨格の遺伝を受けますので、近い祖先に上顎前突を持つ人がいる場合、その影響を受ける可能性があります。

 

 

そして2つのタイプに分けることができます。

 

① 上顎が大きすぎるために、顎ごと前に出ているタイプ

② 下顎が小さすぎるために、下顎が奥に入り過ぎているタイプ

 

 

主に芸能人で例えると…

 

「あばよ!」や「いい夢みろよ!」の決めセリフとともに、「警視庁24時」や「甲子園」などの1人ネタシリーズが有名な、Y澤S吾さん

 

 

 

”アン”ではじまる二人組のお笑い芸人で、痩せていて独特な話し方が特徴のT中さん、などが挙げられます。

 

 

 

 

 

「後天的」な出っ歯


 

「後天的」というのは「うまれた後から」という意味で、顎の骨の大きさや位置には問題がないものの前歯が前方に突出している歯の性質による由来のものです。こちらは様々な原因があります。

 

・指しゃぶり

・舌や下唇を前歯で噛む

・舌で前歯を押す

・爪を噛む

・口呼吸

・頬づえ

・親知らずの萌出・歯周病が原因で歯が抜け、周囲の歯が倒れてしまう

 

 

このように、出っ歯の原因のほとんどがその人のクセによって 引き起こされているのです!

 

 主に芸能人で例えると…

 

「奇跡の一枚」と言われた写真の拡散によって、”1000年に1人の逸材”として注目を集め有名になったH本K奈さん

 

 

そしてモデルで女優のH田翼さん、などが挙げられます。

 

 

このお二方は、既にセラミックでの治療や裏側矯正治療を受けられたようです。

 

ちなみに私の出っ歯の原因もこのクセによるもので、指しゃぶり舌で前歯を押す口呼吸など思い当たることがありすぎてドキッとしました(笑) 赤ちゃんの指しゃぶりは本来生理的なものなのですが、4歳児を過ぎてからは出っ歯の原因になってしまうそうです。

 

 

 

 

また、この「歯並びを悪くする癖」は矯正治療後の後戻り”の原因にもなってしまうので注意が必要です。「出っ歯の原因」は様々なところに潜んでいます。自分では気がつかなかっただけで、もしかするとご自身で「出っ歯の原因」を作っているのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

「出っ歯」について、過去のブログ記事でもいくつか紹介しています。そちらもあわせてぜひご覧ください!

 

 

 

「上顎前突のデメリットや、症例」

 

歯科健診で指摘されて(上顎前突症例)

 

「子供の歯並びを悪くする9つの癖」

 

子供の歯並びを悪くする9つの癖