みなさんこんにちは。

さいたま市大宮SHIN矯正歯科 受付の志波です。

 

「差し歯にしている歯があるのですが矯正は出来ますか?」

「神経の無い歯があるのですが矯正は出来ますか?」

「矯正で歯を抜いたら抜いた部分はどうなる?」

 

 

当院の初診カウンセリングにいらっしゃる成人の患者様から時々、このようなご質問を頂くことがございます。

 

大人になってから「矯正をしようかな?」と検討する際に気になることのひとつに、差し歯ブリッジの存在があると思います。「差し歯の部分は矯正できないのでは?」と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

 

 

前歯が差し歯


 

私は学生の頃に怪我をしてしまい、左側の前歯が差し歯の状態でした。当院に就職して矯正歯科に関わるまで全く知識がなかったので、勝手な思い込みで「差し歯の部分は矯正治療が難しいのかな?」と思っていました。

 

左の前歯が差し歯でした

 

 

 

しかし、社会人になったし歯列矯正を開始したいと思い院長に相談したところ、差し歯や神経の無い歯があるからと言って矯正治療を諦めることはないと仰ってくださいました。(ただし、差し歯やブリッジは矯正治療前の歯並びに合わせて作っているので、歯列矯正をして理想的な歯並びになった後に、作り直さなければならないことがあります。)

 

 

 

差し歯を抜歯することに…


 

差し歯があっても矯正ができるのならば、矯正治療を始めよう!と思って精密検査をしてみると、CT画像で新たに別の問題が発生しました…差し歯の歯根部に嚢胞が出来ていたのです!

 

院長のご紹介で口腔外科へ行き診察してもらったところ、抜歯をしなければいけない状態でした。。前歯だったので歯がない状態はなんとしても避けたく、矯正治療によって抜歯をした部分の隙間についてまたまた院長に相談したところ、抜歯後の隙間が気になる場合には、ダミーの歯(=仮歯)を作ることも可能だとのこと!

 

 

私は決意を固めて、口腔外科にて抜歯を行いました。差し歯も土台もなくなってしまったので、もちろん歯と歯の間には隙間が出来てしまいました。このままの状態では一目見て抜歯したのが分かる状態でしたが、数日後ダミーの歯をセットしてもらいました。

 

 

 

 

ダミー歯をセットしてから歯型をiTero elememtでスキャンしてクリンチェック ができあがり(動画)、無事にインビザラインであまり目立つことなく矯正を開始することが出来ました☆

 

 

 

 

ダミー歯をセット後の口元

 

 


 

 

私のように、もともと差し歯やブリッジのある方でも、矯正治療をするには抜歯が必要と言われている方でも、ワイヤー矯正はもちろんインビザラインでも歯列矯正治療はできます。

 

差し歯やブリッジが入っているという理由や、抜歯することに不安を抱えていて矯正治療を諦めている方は、諦めずにまずはご相談ください。当院の初診カウンセリングでは患者様の口腔内写真をお撮りし、患者様一人一人に合った治療方法を一緒に考えていきます。