こんにちは!さいたま市 大宮SHIN矯正歯科 歯科衛生士の中山です。

 

パチンっとはまるはずの、マウスピース型矯正装置(インビザライン )のアライナーがゆるい時はありませんか?

 

ひとつのアライナーを長く付けていると、新しいアライナーを装着したときのフィット感は無くなりますが、まだ次のアライナーに交換する時期ではないのに、ゆるく感じる場合はきちんとアライナーが歯にはまっていない可能性があります。

 

新しいアライナーにしたばかりなのに、歯列をしめつける感じがないゆるいままのアライナーを装着していることは、矯正中の歯の動きに悪い影響しかありません。そこで、アライナーがゆるい時の原因と対処法をお伝えします。

 

 

🔶アライナーがゆるく感じる原因3つとその対処法


 

 

アタッチメントが外れている

 

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療では、歯の表面に歯科用の接着剤でアタッチメントという突起を付けます。このアタッチメントは、歯とアライナーの適合をよくするという働きもあります。

 

そのため、アタッチメントが外れていると適合状態が悪くなり、アライナーがゆるく感じることがあります。アタッチメントは小さいので、外れてしまっても気づかないことが多いかもしれません。

 

そんな時はアライナーを装着した状態で、鏡を見ながらアタッチメントの部分が外れていないか確認してみてください。もしアライナーがゆるくて、アタッチメントが外れている場合は医院にご連絡ください。

 

白い丸の部分がアタッチメントです。外れている場合は突起の部分が空洞になっています。

 

 

 

☑☑アライナーの正しい装着・取り外しが出来ていない

 

アライナーを正しく着脱出来ていないと、アライナーの適合が悪くなることがあります。

 

 

◆アライナーの正しい装着方法

①アライナーは前歯から奥歯にかけて指で押し装着します

②次にアライナーチューイを前歯から奥歯、奥歯から前歯へと順次移動させながら噛んでください。この時、ひとつの歯を3回~5回噛むようにしてください

③最後に、アタッチメント部分を指で押し込み、装着が完了します

 

https://www.instagram.com/p/B4OQjbonAvL/?utm_source=ig_web_copy_link

 

 

◆アライナーの正しい取り外しかた

奥歯の内側からアライナーの縁に爪を当て、お口の外側に向けてゆっくりと取り外します。奥歯の両側が外れたら、両手で両側をつかんで、前方へ引っ張るように外します。取り外しは必ず一方からではなく両手で左右均等に外すようにしてください。

 

 

 

☑☑☑アライナーチューイを使っていない

 

 

アライナーチューイとは、アライナーをしっかりと装着する為の噛み込み用シリコンゴムです。1日20時間以上、アライナーの装着ができていても、歯とアライナーがアンフィットな状態ですと、歯が間違った方向に動いてしまい、アライナーが歯列から浮いてしまう原因となります。

 

 

そうならないために、アライナーの装着直後は必ずアライナーチューイを噛んでください。また、新しいアライナーに交換して3日間は、夜寝る前に1~2分噛むようにしてください。