こんにちは!大宮SHIN矯正歯科 歯科衛生士のTです。

 

 

マウスピース型矯正装置(インビザライン )の治療では「アタッチメント」と呼ばれる、直径1㎜程度の虫歯治療にも使われる白い歯科用のレジンという素材でできた、ポッチを歯の表面につけます。以下の写真が「アタッチメント」です。

 

20160324

 

 

 

 

この「アタッチメント」どのくらいの期間付くのか、いつまで付いているのか気になりますよね。

 

 

 

 

アタッチメントを付けるタイミング


 

「アタッチメント」は、2つ目のマウスピースから付け始める方がほとんどです。1つ目は、まずインビザライン のマウスピースに慣れていただくために「アタッチメント」は付きません。2つ目のマウスピースに上の歯の「アタッチメント」を、3つ目のマウスピースで下の歯の「アタッチメント」が付きます。

 

 

 

 

 

アタッチメントの役割


 

透明の薄いマウスピースで歯を覆って動かすインビザラインは、従来のワイヤー矯正と比較すると、歯の移動の様式によっては不得意なものもあります。しかし「アタッチメント」をつけることで、インビザラインが不得意な歯の移動を補助することができます。

 

 

「アタッチメント」が歯を動かすための固定源になり、より効果的な力を加えます。端的に分かりやすく言えば、「アタッチメント」を利用することで、インビザラインを使用した治療の可能性を大きく広げて行きます。

 

 

◆「アタッチメント」の役割について他の記事

マウスピース矯正装置【インビザライン 】アクティブサーフェス

 

 

アタッチメントが付いている期間


 

矯正治療は大きく2つの期間に分けられます。まずは歯を正常な位置に動かすことを目的とした動的期間、そして、正常な位置に並んだ歯列をその位置にキープすることが目的の保定期間の2つです。

 

「アタッチメント」は、歯の移動をコントロールするためのものですので、動的期間の間は必要な歯にずっと付いています。治療期間は症例によって個人差がありますが、多くの方の動的期間は大体2~3年で、その間がアタッチメントが付いている期間と思っていただいて良いと思います。

 

 

 

 

アタッチメントが外れるタイミング


 

歯を動かす必要がなくなる保定期間に入ると「アタッチメント」は全て外します。しかし、動的期間中でも「アタッチメント」を全て外すタイミングがあります。それは、マウスピースを作り直す時です。

 

 

写真をたくさん撮るような、例えば、結婚式などの大きなイベントを控えている方は、このタイミングを利用していただくとおすすめです!治療計画を立てる前に遠慮なくご相談くださいね。このように審美的に融通が利くところもインビザラインの利点の一つですね!

 

 

 

 

 

アタッチメントは目立つ?


 

インビザラインは『目立たない矯正』として大変人気があり、インビザラインを希望する患者さまの一番の理由は、『人に気付かれたくない』です。ですから、「アタッチメント」を付けると目立つのではないか?と心配される方もいます。

 

人と人が話をするとき、最も近い距離が75cmと言われていますが、マウスピースを付けた人と75cm離れた状態が以下のような状態です。

 

 

2016032202

 

 

いかがでしょうか。ほとんど気づかれることはないと思います。

 

 

 

それでも、前歯に「アタッチメント」を付けることに抵抗がある方(特に、成人女性)もいらっしゃいますので、可能な範囲でアタッチメントを減らす事もできます。場合によっては歯の裏側に「アタッチメント」を設置する事も可能です。

 

 

また、「アタッチメント」を使用した方がインビザラインは効果的に治療を進めることができるので、治療期間が少し伸びてしまう可能性がありますが、使わない方針でインビザラインの治療計画を立てることもできます。

 

 

◆「アタッチメント」に関連した記事

アタッチメントが取れてしまったら