こんにちは。さいたま市大宮にある大宮SHIN矯正歯科 歯科衛生士のSです。

 

マウスピース矯正装置(インビザライン)を始めると、アタッチメントと呼ばれる、歯と同じ色の樹脂(レジン)でできた小さな突起が歯の表面に付きます。このアタッチメントは、まれに取れてしまうことがあります。

 

アタッチメントの付け方


 

まずは、アタッチメントを歯に装着する手順をご紹介します。お顔にタオルをかけてしまうので、どうやってアタッチメントを歯につけているのか気になりませんか?アタッチメントセットにかかる時間は片顎30分くらいです。

 

①歯面の清掃をする

 

歯の表面には汚れと一緒に、歯を保護するペリクルという唾液由来の膜があります。これを清掃することで除去し、この後に塗っていくお薬の反応を良くします。ペリクルは、処置後に自然に再生されます。

 

 

②エッチング剤を塗る

 

エッチング剤とは、アタッチメントが歯面につきやすくするために、歯の表面を処理するお薬です。お薬を塗ってから、少し時間を置くことでエッチング剤の効果があがります。その後お水で洗い流し、風をあてて乾燥させます。

 

 

③ボンディング剤を塗る

 

ボンディング剤は、アタッチメントの材料となる樹脂を歯面にくっつける接着剤の役割です。ボンディング剤を歯面に薄く均等に広げ、乾燥させ、お薬を反応させるための専用のライトを当てます。

 

 

④テンプレート用のマウスピースをはめる

 

アタッチメント部分に樹脂を流し込んだマウスピースをはめ、専用の光を充て、樹脂を硬化させます。

 

 

⑤アタッチメントセット完了

 

マウスピースを外し、樹脂がきちんと歯に付いたことを確認し、余分な樹脂をエンジンで削ったり器具で除去し形を整えて完成です。

 

 

 

 

 

アタッチメントは取れやすい?!


 

アタッチメントは、歯を動かす期間が終わったら外します。そのため、お食事やマウスピースの着脱の際に取れてしまうことがあります。また、アタッチメントはとても小さいので、取れてしまっても患者様は気づかないこともあります。

 

そのため、ご来院の際に毎回、私たちはアタッチメントが外れている箇所がないかチェックさせていただき、治療計画上必要な部分については再度装着いたします。

 

アタッチメントが取れてしまったら


 

外れてしまったことに気づいた時は、まず医院に連絡してください。お電話で取れてしまったアタッチメントの場所を確認します。

 

今、まさに動かしている歯に付いているアタッチメントが外れてしまった場合は、治療に影響がでてしまう可能性が大きいので、できれば、なるべく早めにアタッチメントを付け直しにご来院をお願いします。

 

しかし、その時の治療計画の過程であまり影響しない場所のアタッチメントが取れた場合は、すぐに医院に来ていただく必要もありませんし、次の調整時にもアタッチメントの再装着よりIPRなどほかの治療を優先させることもあります。

 

 

 

アタッチメントが取れないようにするには


 

アタッチメントは取れやすいといっても、外れてしまうと治療の進行の妨げになってしまうので、取れないに越したことはありません。普段の生活の中で取れないように気をつけることができるポイントがいくつかあります。

 

こちらの記事でアタッチメントが取れやすくなる原因をご紹介していますので、アタッチメントが取れてしまってこの記事に辿り着いた方は、また取れてしまうことがないよう、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

アタッチメントが取れやすくなる5つの原因

 

❓どうして、インビザラインにはアタッチメントが必要なのか、アタッチメントをつける目的はこちらの記事をご覧ください。

 

マウスピース矯正装置【インビザライン 】アクティブサーフェス