こんにちは!

さいたま市大宮SHIN矯正歯科、マウスピース型矯正装置(インビザライン)体験ブログを担当している、歯科衛生士の針谷です。

 

 

最近、当院にマウスピース型矯正装置(インビザライン )の治療で通われている患者様から「ブログを見て光加速矯正装置(オーソパルス)を使いたい」と申し出てくれる方や、初診の無料カウンセリングの時に「ブログを見た!」と言っていただけることが増えてきました♪

 

皆様、いつも当院スタッフのブログを見て頂きありがとうございます😊

 

 

 

 

今回は、インビザラインで矯正中「こんな時は、どうしたらいいの?」についてご紹介していきます。

 

ーインビザラインで矯正中に起こる可能性がある4種類のトラブルー

 

1.アタッチメントが取れてしまった!

2.マウスピースが割れてきてしまった!

3.新しいマウスピースが合わない!

4.インビザラインのマウスピースを失くしてしまった!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1.アタッチメントが取れてしまった!


 

 

アタッチメントが取れてしまったときについては過去のブログに紹介がありますのでご覧ください!

アタッチメントが取れてしまったら

 

 

では、少しでもアタッチメントを外れにくくするための方法をご紹介します!

 

 

①正しくマウスピースを外す

 

 

 

ついつい片手で外してしまったり、外側から無理矢理外したりしていませんか?

左右均一に力がかかるように外しましょう。

 

 

 

 

 

②しっかりと歯磨きをする

 

 

 

アタッチメントはレジンという樹脂で歯面に付けています。少し表面がザラザラしているので汚れが付きやすくなります。汚れが残ったままだと、次第にレジンが劣化してきて、アタッチメントが外れやすくなってしまうのです。そうならない為にしっかりと歯磨きをするようにしましょう。

 

 

 

当院ではスタッフも愛用している、泡が立ちにくい歯磨きジェルをおすすめしています!泡が立ちにくいので汚れを確認しながら歯を磨くことができます。矯正中の方はもちろん、小さいお子様にもおすすめです😊味もとってもおいしいので是非使ってみてくださいね♪

 

 

pastedGraphic_2.pngpastedGraphic_3.png

 

 

2.マウスピースが割れてきてしまった!


 

 

歯並びのガタガタが強い場合や、マウスピースの取り外しに慣れていない治療初期の頃に起こってしまうことが多いマウスピースの破損…

 

 

亀裂が入ってしまった場合→お痛みがなければそのまま使用してください

●完全に割れてしまった場合→次の新しいものを使用してください

 

 

 

「装置が外しにくいな」と思われる方は、「アライナーリムーバー」という外しやすくするものを販売していますので、お気軽にスタッフにご相談ください♪

 

 

 

 

3.新しいマウスピースが合わない!


 

 

いつも通り次のマウススピースに交換したら、うまく合わない!

原因としていくつか挙げられるのは…

 

 

① 使用時間が短く、アライナーチューイを今までサボってしまっていた

新しいマウスピースに進まず1つ前のものを使用してください。

 

② 歯の治療をして歯の形が変わってしまった

先々のマウスピースを2つほどご来院の際にお持ちください。

 

③ 不良アライナーだった

大変申し訳ないのですが、ごく稀に不良アライナー(=マウスピース)が紛れている場合があります。このことをマウスピース型矯正装置を作製しているアライン社に報告するため、当院ご来院の際に不良アライナーをお持ちください。

 

 

①~③いずれの場合も、すぐに当院にご連絡ください!こちらからの指示が守れていなかった場合の再作製にはご料金が発生する場合がありますのでお気を付けください!

 

 

 

4.インビザラインのマウスピースを失くしてしまった!


 

 

よくある例として、お食事をされた際にマウスピースをケースに保管せずに、ティッシュなどに包んでしまいうっかり捨ててしまったり、外食の場合、ほかの人にゴミだと思われて捨てられてしまうことがよくあります😢!!必ずケースを持ち歩くようにし、大切に保管しましょう。

 

 

そして失くしてしまった場合は、

1つ前のマウスピースを使用して頂くか、新しいマウスピースを使用してください!

マウスピースを装着しない時間が続くと、歯は必ず後戻りしてしまいます。

 

 

それから、お家でペットを飼われている方も注意が必要です!

ワンちゃんがアライナーのにおいを嗅ぎつけて、ボロボロにしてしまった!なんてことも実際にありましたのでお気を付けください🐶