こんにちは! さいたま市大宮のSHIN矯正歯科、マウスピース型矯正装置(インビザライン)体験ブログを担当している、歯科衛生士の針谷です。

 

 

皆様クリスマスはどう過ごされましたか??

当院では院長からお菓子のプレゼントを頂きました♪

 

 

そしてこれからもまだ、お正月などの楽しいイベントが続きますね♪

お正月休みを利用して、旅行に行かれる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

 

そこで今回は、インビザラインで治療中の旅行の時の過ごし方についてお伝えします!「どうしてもいつもように20時間以上使えないときは、どうしたらよいのか?」患者さまの多くからいただいているこの質問に、お答えしていきます!!

 

 

 

インビザラインで治療中に旅行するときの5つのルール


 

 

旅行に行くメンバーに「矯正治療中」・「食後は歯磨きをしないといけない」事を伝える!

 

一緒に過ごす人に矯正中と伝えるだけでも、気持ちが楽になりますし、会うたびに変わっていく歯並びを見るのを、楽しみにしてくれます(笑)

 

食べ歩きなどをするならあらかじめ時間を決め、計画的に過ごす!

 

インビザラインはお食事中はマウスピースを外すので食事制限はないものの、 1日20時間以上マウスピースを装着しなくてはいけません。

 

旅行先で、観光中に美味しそうな食べ物や試食を勧められた時に、気軽に食べられないのが少し厄介なところですよね。何かを口にするたびに

 

マウスピースを外して→食べて→歯を磨いて→マウスピースをつけて…

 

と考えていると、せっかくの楽しい旅行なのに食べることを避けてしまいがちな方もいるのではないでしょうか。あらかじめ、食べ歩きする可能性のある時間帯をまとめてとっておけば、いつもの食事の間マウスピースを外している時間と同じくらいかもしれません。

 

 

⒊ 歯磨きセットを持ち歩く!

 

 

矯正中は、歯が動いているので歯と歯の間に隙間ができて食べ物が詰まりやすくなります。

歯に食べものが詰まったままだと、衛生的にも見た目的にも良くないので、歯磨きできそうな時間や場所を見つけたら歯を磨きましょう。また、歯と歯の隙間が塞がっていると、矯正中の歯の動きにも影響がでてしまいます。

 

歯磨きができない場合は、お口をすすぎマウスピースの装着を優先的に!

 

食べ歩きの時間を決めても、歯磨きの時間が取れない場合は、フロスやお口をお水ですすいでマウスピースを装着する時間を確保しましょう。そんな時のためにミネラルウォーターも一緒に持ち歩いていると便利です!

 

そして最後に、

 

イベントがあり、使用時間が短くなってしまう日に新しいアライナーに交換しない!

 

イベント前のマウスピース交換については、以前のこちらの記事に詳しく書かれていますので、ご覧ください!

 

マウスピース型矯正装置(インビザライン )よくある質問②

 

 

このように、普段通りにマウスピースが使えないときでも、この5つのルールを守っていただければイベントのときでも安心して楽しく治療を続けることができます♪

実際に私も、このルールを守って旅行などに行っています♪

 

 

 

また、現在当院スタッフのほとんどがインビザラインで治療を行っているので

何かお困りのことや、分からないことがありましたらスタッフに気軽にご相談してください♪

皆様のお力になれるよう全力でサポートやアドバイスをさせていただきます!