こんにちは。さいたま市 大宮SHIN矯正歯科、歯科衛生士のHです。

 

歯と歯をやすりがけする処置、IPR(アイピーアール)。マウスピース矯正装置(インビザライン)で矯正中は経験する方が多いと思います。このIPR処置後に感じる症状別に、用意しておくと便利なケア用品をご紹介します。

歯の間に食べ物が詰まりやすいとき


 

【フロス・糸ようじ・歯間ブラシ】

 

IPR後は、歯と歯の間に隙間ができるため、どうしても食べ物が詰まりやすくなります。そのため、この日からフロスや糸ようじ、歯間ブラシなどといったケア用品を頻繁に使うようになりました!

 

 

〈左からフロス・歯間ブラシ・糸ようじ〉

 

 

 

歯がしみるとき


 

【MIペースト】

 

 

IPRの後、歯がしみやすく感じることがあります。そんな時は、歯の成分であるカルシウムとリン酸が豊富に含まれており、歯面に塗布するだけで歯の質を強化する効果があるMIペーストを当院ではおすすめしています!

 

 

MIペーストでアライナーパック

 

使い方はとっても簡単です。普段の歯磨きの後、インビザライン のアライナーにMIペーストを直接1cmほど出して歯ブラシや指でのばしながら全体に塗布して装着します。これをアライナーパックと呼んでいます。

 

毎食後+就寝前に1日4回が望ましいそうですが、なかなかそんなにお時間がとれないですよね😅そこで、就寝前に使用するのがおすすめです。3分以上そのままにしておけば効果が発揮されるので付けっぱなしでも問題ありません。そのまま寝てしまっても大丈夫です!

 

アライナーを外した後は、せっかくの成分が流れてしまわないよう、お口は軽くゆすぐ程度で!ただし、アライナーに残ったMIペーストは40°c以下の流水でしっかりと洗浄してください。MIペーストは硬めのペーストですが指でこすると落ちます。

 

 

虫歯予防にも!

 

歯質強化による知覚過敏に効果があるだけでなく、含有成分のリカルデントは初期虫歯の進行を抑え、虫歯を予防する作用もあります。

 

MIペーストはおすすめポイントがたくさんあるので、矯正治療中のIPR後のケアとしてだけでなく、普段のケア用品としても使用できます。もちろん、アライナーが無くても歯に直接塗って使用できます。

 

メロン・ストロベリー・バニラ・ヨーグルト・ミントなど豊富なフレーバーは、お子様とも一緒に楽しみながらお使い頂けます。ただし、牛乳由来成分配合のため、乳製品アレルギーをお持ちの方は使用できないので気をつけてください。

 


 

MIペーストは歯科専売品のため、ドラッグストアなどでは売っていません。当院または最寄りのかかりつけの歯科医院で購入してくださいね。

 

 

※関連記事

歯がしみる原因について書かれています!

矯正中の知覚過敏について① ~矯正中に歯がしみる4つのワケ~