こんにちは!さいたま市 大宮SHIN矯正歯科 歯科衛生士のHです!

 

 

矯正治療中は特に口内炎になりやすく、1日や2日で治らない中々の強敵ですよね💦私は、下の奥歯の内側の歯茎に巨大口内炎が出現し、とっても苦痛な日々を過ごしておりました😢、、、そこで、今回は矯正中のトラブル、痛くてツラい「口内炎」について、原因や装置別の対処法などをお伝えします。皆さまのお悩みのお役に立てればと思います!

 

 

◆口内炎の種類

 

実は、口内炎には様々な種類があります。口内炎によっては大きな病気の発症のきっかけとなってしまう場合もありますので、まずはそれぞれの口内炎の原因と症状の違いを把握していきましょう。

 

 

【カタル性口内炎】


 

矯正器具などの接触によってできる口内炎は、こちらの種類に分類されます。お口の中を噛んでしまう、熱いものによる火傷や薬剤による刺激などの物理的刺激によって起こる口内炎を【カタル性口内炎】と呼びます。粘膜が赤く腫れ、水疱ができたり、お口の中が熱く感じたり、味覚が分かりにくくなるといった症状がでます。

 

 

【アフタ性口内炎】


 

ストレスや免疫力の低下・睡眠不足・栄養不足などが原因で起こる、一般的に最も多くみられる口内炎は【アフタ性口内炎】と呼ばれ、こちらは、2~10㎜程度の丸くて白い潰瘍ができ、2~3個同時に潰瘍が発生することがあります。

 

 

 

【ウイルス(ヘルペス)性口内炎】


 

ウイルスや細菌の繁殖で起こる口内炎です。主に「単純性ヘルペスウィルス」の感染、接触感染や飛沫感染などによって起こり、特に体の免疫力が低下していると発症しやすくなります。お口の粘膜に多くの小水疱が発生し、破れてびらんを生じることがあり、発熱や強い痛みを感じることもあります。

 

 

【アレルギー性口内炎】


 

特定の食べ物や金属、薬などによるアレルギー反応によって発症し、お口の中の粘膜がただれるといった症状がでます。

 

 

【ニコチン性口内炎】


 

たばこに含まれるニコチンを長期摂取することにより発症し、また、煙による「乾燥」「熱さ」も関係しています。お口に中の粘膜が厚くなり、赤く腫れた後に白い潰瘍ができますが、痛みはあまりなく自覚症状を感じにくい口内炎です。

 

 

 

 

◆矯正装置別の口内炎の対処法


 

【ワイヤー矯正】

 

 

矯正装置の中でも、最も口内炎ができやすいのがワイヤー矯正です。とくに、治療初期はガタガタの歯並びに装置が付くので、凹凸によって一部分だけが粘膜に強く当たってしまい、同じところに繰り返し口内炎が出来てしまう、なんてこともあります😢

 

歯並びが整ってきて、お口が装置に慣れてくると口内炎は出来にくくなりますが、それまでは矯正用ワックスをお使いください。飛び出たワイヤーが原因で口内炎が出来ている場合は、ワイヤーを調整しますので医院にご連絡ください。

 

〈矯正用ワックスの使い方〉

 

 

 

 

 

 

【小児矯正】

 

小児矯正では、多くの方が取り外し式の装置を使用します。まずは、装着時間が守れていないと、口内炎の原因となってしまうことがあります。気を付けましょう!装置の着脱時に同じところに痛みがあり、傷が出来ている場合は、装置が強く当たっているところを削合・調整いたしますので医院にご連絡ください。

 

 

 

【マウスピース矯正装置(インビザライン)】

 

噛み合わせを調整するために使う補助装置の使用や、アライナーの淵が原因で傷になり、口内炎になってしまうことがあります。補助装置が当たって唇が痛いときは、先ほどお伝えした、矯正用ワックスを試してみてください。

 

アライナーの淵が当たって傷になってしまう場合は、少しだけならアライナーを切ってしまって大丈夫です!眉毛を整えるような小さなハサミがおすすめです!爪やすりでギザギザ部分をなめらかにしてみてください♪

 

 

 

◆実際に私が試してみた・口内炎撃退グッズ!


 

口内炎ができ始めてから3日目くらいがピークで、喋るだけで激痛・ご飯を食べて激痛・飲み込んで激痛・何もしてなくても口内炎に舌が常に当たり、本当に苦しかったので、薬局に駆け込み、口内炎に効くと言われているものをいろいろ試してみました。

 

 

①チョコラBB

 

まず最初に「チョコラBB」を購入しました。口内炎に有効とされているお薬の一つですよね!即効性はなかったものの、口内炎を治すのを助けてくれる成分が摂取できるので気持ち的に助かりました(笑)

 

 

②口内炎パッチ

 

ただ、どうしてもすぐに痛みを軽減したかったので、次に試したのは「口内炎パッチ」。こちらは本当に優れものでした!!!口内炎の場所によっては自分で貼るのが難しいのですが、舌と直接当たるのを防いでくれるので、すぐに痛みの軽減がされました😊♪おかげで食事がとってもラクになりました!

 

 

③オルテクサー

 

 

そして、最後は当院でも購入できる「オルテクサー」口腔用軟膏です!薬なので、染みるかな?と心配していたのですが、染みずに使いやすかったです♪こちらを塗り始めてからどんどん口内炎が小さくなりました!

 

全ての方が、私の使用感と同じにはならないと思いますが、市販品は比較的簡単に入手できるので参考にしてみてください。

 

 

◆口内炎のときに摂りたい食べ物


 

 

どの口内炎も発症のきっかけは、ストレスや免疫力低下・睡眠不足、そして栄養不足と言われています。口内炎に効く栄養素として「ビタミンB2」「ビタミンB6」があります。それぞれ、粘膜の再生の働きや、免疫機能を維持する働きがあるとされています!

 

 

【ビタミンB2】は牛・豚・レバー・牛乳・卵・納豆・のり・わかめ・アーモンド、【ビタミンB6】はマグロ・カツオ・バナナ・ピスタチオ・ゴマなどに含まれています。そこで、おすすめ料理をご紹介します✨

 

 

「栄養たっぷり!簡単!ねばねばバクダン丼」

 

pastedGraphic_3.png   pastedGraphic_4.png

(材料) ごはん、またはうどん・マグロ納豆・とろろ・アボカド・のりゴマ

(調味料)ゴマ油・しょうゆ・みりん・(うどんの場合はめんつゆも!)

 

作り方はとっても簡単で、ごはんかうどんお好きな方にマグロ・納豆・とろろ・アボカドをどーんとのせてのり・ゴマ・卵・調味料をかければ終わりのズボラメニューになっています♪簡単で美味しくて身体に良いので是非、皆様も作ってみてくださいね💛