こんにちは! さいたま市  大宮SHIN矯正歯科 歯科衛生士のNです。

 

歯列矯正の治療中、虫歯でなくても歯を動かすために、小臼歯や親知らずなどを抜歯をする機会があります。先日、マウスピース型矯正装置(インビザライン )で矯正中の私は、追加アライナーが届くまでの間に、親知らずの抜歯をしました。

pastedGraphic.png

 

抜歯をした後の食事って、何を食べればよいのか、避けなければいけない食べ物はあるのか、気になる点は多いと思います。今回は抜歯後の食事の注意点4つをお伝えしたいと思います。

 

 

① 麻酔が切れてから食事をしましょう。


 

お昼前に抜歯をした時などとくに、抜歯後の食事はいつから食べていいのか? 気になりますよね。少なくても1時間は空けて、食事をしましょう。

 

なぜなら、抜歯する際には麻酔を使います。麻酔が効いた状態で食事を摂ると、お口の中の感覚が鈍くなっているので、舌や唇を噛んでしまったり、火傷をしてしまう恐れがあります。麻酔が切れるのは1~3時間程度と言われています。

 

実際に私は、麻酔が少し残った状態で食事を摂ってしまい、口の中を噛んでしまいました。皆様は気を付けてくださいね!

 

 

②  抜歯後は柔らかくて消化の良い食事がおすすめ。


 

抜歯後は固形物を噛むことが難しいので、柔らかくて消化の良いものがおすすめです。

例えば

・お粥、お茶漬け、雑炊

pastedGraphic_1.png

 

・スープ

 

 

・茶碗蒸し

 

 

・豆腐

 

・ゼリー、プリン、ヨーグルト など、、、

 

 

ちなみに私は親知らずの抜歯をして、とても腫れていて、食事を摂るのが難しい日が何日間か続きました。親知らずの場合、個人差がありますが抜歯後3~4日は腫れが続きます。

 

抜歯当日:カップスープ

2~4日目:雑炊、お茶漬け、スープ、ヨーグルト、ゼリー

5~6日目:柔らかく煮たうどん、ドリア

 

このように、私は徐々に固形物に戻していきました。

 

 

 

③  避けた方がよい食べもの


 

⚠️硬い食べ物

pastedGraphic_2.png

抜歯をしたところを傷つけてしまう可能性があります。

 

⚠️香辛料や刺激物

pastedGraphic_3.png

刺激によって、腫れや傷の痛みを引き起こしてしまう可能性があります。

 

 

⚠️アルコール類