こんにちは。さいたま市大宮区 SHIN矯正歯科 歯科衛生士の山下です。

 

当院では従来のワイヤー矯正とは異なる、マウスピース型矯正装置(インビザライン)が主流になっています。

 

◆これから矯正治療をしようか悩んでいる方

◆インビザラインで矯正しようか悩まれている方

◆インビザラインのマウスピースがきちんと使えるか不安な方

◆現在インビザラインで矯正中の方…

 

などへ向けて、今日はインビザラインで矯正中の歯磨きの注意点をお伝えします。

マウスピースが取り外せるので、歯磨きの仕方はインビザラインで矯正中も普段と同じですが、いくつか注意していただくポイントがあります。

 

 

① マウスピースを付ける前に歯を磨く


 

インビザラインでの矯正は、マウスピースを1日20時間以上装着していただかないと歯は治療計画通りに動きません。と、いうことは・・・・・歯磨きをせずにマウスピースを付けてしてしまうと、20時間も歯に汚れや細菌が密着しているということになります。

 

 

② 歯と歯の間の汚れをしっかり落とす


 

 

 

食後、歯と歯の間に詰まった食べかすや汚れ落としてから、インビザラインのマウスピースを装着していますでしょうか?

 

矯正中は歯が移動するため、矯正前より歯と歯の間に隙間ができやすくなります。そのため食事をすると、その隙間に食べ物が詰まりやすくなります。詰まった食べカスをそのままにしておくと、歯が移動するためのスペースが塞がれてしまいます。

 

マウスピースの1日20時間以上の装着時間しっかり守っていても、歯と歯の間に汚れが溜まったままだと歯が動きません。次第にインビザラインのマウスピースが合わなくなってしまいます。

 

 

 

 

外出先や学校、職場どうしても歯磨きができないときは?


 

 

 

 

でも、「どうしても、歯磨きなどができないときは、どうしたら良いのでしょう?」という、ご質問をいただくことがあります。外食先や学校でのお昼ご飯の後、歯磨きができない状況のときは、

 

☆うがいつまようじ等で歯の間に詰まっている「食べかす」を取る!!

 

ゆっくり歯を磨く時間が無くても、せめて「うがい」をして少しでもお口の中の汚れを落とします。うがい薬があると尚、良いです。そして、歯の動きを妨げてしまう「食べかす」は必ず取り除きましょう。そして…

 

☆マウスピースを装着する!!

 

歯磨きをしていないからといって、マウスピースを付けないでいることは最も危険です。マウスピースを装着しない時間が長く続くと、せっかく動いた歯が後戻りしてしまいますし、歯が予定通り動かなくなってしまう原因にもなります。

 

歯磨きがゆっくり出来る状態になったら、念入りに歯を磨き、フロスなどで歯と歯の間の汚れを落としてから再度マウスピースを装着しましょう。この時マウスピースも洗うことを忘れずに!

 

 

 

 

外出先でも歯ブラシはもちろん、フロスやつまようじ、うがい薬など持ち歩いていると安心ですね。当院にも、おすすめの歯磨き粉やフロスがあります。

 

 

 

 

 

皆さんそれぞれ、いろいろな事情があると思いますが、こんな時はどうすればいいのだろう?など、他にも何かお困りのことがあれば、お気軽に私たちスタッフに相談してください。

 一緒に悩みを解決して、快適な矯正治療をしていきましょうね!