お子さまに『歯並びを治したい!』というモチベーションをもってもらう

 

 


 

 

 

さいたま市大宮のSHIN矯正歯科 歯科衛生士の元島です。

 

いざ、我が子の矯正治療をはじめよう!と意気込んでみたものの、やる気になっているのは親御さんだけ...なんてこと、ありませんか? この状況は、お子さまの矯正を進めるにあたって、失敗してしまう大きな要因になることがあります。

 

まず、矯正治療されるお子さま本人に『歯並びを治したい!』という、気持ち(モチベーション)を持ってもらう事がとても大切です。どのようにすれば、お子さまの意識は高まるのでしょうか?ポイントを3つご紹介します。

 

 

 

① 何のために矯正治療が必要なのか伝える


 

多少嫌がっていてもなんとか歯科医院に連れて行き、治療をする間だけ我慢してもらえれば済む虫歯治療と、何年かの間は定期的に歯科医院に通い、医院にいる時だけでなく、長期間日常生活の中でも矯正装置を使用しなくてはならない矯正治療は大きく異なります。

 

 

 

 

目的がわからないまま、常に口の中に違和感のある矯正装置を入れておかなければいけない状況では、嫌になってしまうのは当然です。「子供だから話してもわからないだろう…」と歯の矯正が必要な理由を、きちんとお子さまに説明出来ていないということはありませんか?

 

 

 

矯正することのメリットと矯正しないことによるデメリット

 

 

・他の人に与える自分見た目の印象が変わる(口元はもちろん、顔の形にまで影響を及ぼすことも…)

 

 

・歯並びが悪いままだと虫歯になりやすく、将来歯がなくなってしまう

 

 

・食事の際、噛み合わせによって食べ物がうまくかみ砕けず、固まりのまま飲み込み続けていると消化不良で胃腸などの内臓の病気につながってしまう

 

以上のことと、こちら矯正歯科治療はなぜ必要なのかの記事も参考に、お子さまが理解して納得するまで伝えてください。

 

 

② ”歯医者は怖いところ” という固定観念をつけさせない


 

 

ついつい言う事をきいてもらえない子供に向かって苦肉の策で、「歯医者に連れていくよ!」なんて、言ってしまいがちですよね。「歯医者さんは怖い」と思い込んでしまったお子さまの治療を継続するのは、難しくなることがあります。

 

 

もうすでに怖がっていて手遅れかも…という方は、「歯医者に行けた!」という事実を褒めてあげることから始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

当院で行っている無料相談では、まず実際に治療で使用している椅子を使って、お子さまのお口の中とお顔の写真を撮らせていただきます。

 

 

 

歯科医院の雰囲気に「慣れる」第一歩として、そして行けた事を「褒めてあげる」場として無料相談を利用されてもいいかもしれません。

 

当院の子供の患者さんは、楽しく治療に通ってくださっている方が大半です。

 

 

 

 

③ 学校のお友達で矯正を始めている子がいないか聞いてみる


 

 

どんな治療をして、どんな装置を使うのか。

お子さまに簡単に想像して理解してもらうには、身近なお友達の話を聞いてもらうのが近道のようです。

また、治療を嫌がっていたお子さまが、「〇〇ちゃんと同じ装置ならがんばる!」と急にやる気になってくれる、なんてこともよくあります。

 

 

 

まとめ


 

 

いかがでしょうか?

お子さまの矯正に対する、モチベーションアップのお役に立てていれば嬉しいです。

次回は、お子さまの「歯並びを治したい!」という気持ちを長続きさせるためのポイントについてお話したいと思います。

 

 

 

子供の矯正についてこちらも参考になさってみてください。

子供の矯正、いつから始める?