こんにちは。

さいたま市 大宮SHIN矯正歯科 歯科衛生士のSです。

 

実際に当院で歯列矯正の治療を受けられた方の症例をご報告します。今回のブログでは、反対咬合(はんたいこうごう)=受け口の歯並び症例についてお伝えしていきます。

【反対咬合=受け口とは】


 

本来、上の前歯は下の前歯の上に2ミリ程度重なるものですが、反対咬合とは、それが反対になっている不正咬合です。下顎が上顎を受けるように噛み合わさるので、俗に受け口ともいわれています。

反対咬合の主な原因は、不十分な上顎の成長生まれつき上顎が小さい上顎よりも下顎が大きい舌で下の前歯を押す癖がある等が考えられます。

 

 

 

 

【反対咬合=受け口のデメリット】


 

反対咬合は、見た目が悪く心理的ダメージがあること以外にも様々な問題があります。

 

 

発音障害

正しい咬み合わせではないため、発音がしにくく、舌ったらずな喋り方になってしまう場合があります。特に、サ行の発音や英語の発音に発音障害が出ることが多いです。

 

 

虫歯や歯周病になりやすい

反対咬合の方は唇を閉じにくく、開きがちになります。唇が開いている時間が長いと、ドライマウス(口のなかが常に乾燥した状態)になり、唾液の分泌量が減少します。そうすると、口腔内に細菌が増殖しやすくなり、虫歯や歯周病口臭を招きやすくなります。

 

 

 

体に不具合が起こる

咬み合わせが悪いと、咀嚼機能が低下し、胃腸障害など体に不具合が起こる可能性が高くなります。その他にも、肩こり頭痛など起こる場合があります。

 

 

また、咬み合わせが悪いと噛むたびに余計な力が加わるため、歯はダメージを受け顎関節には負担がかかります。そのため、8020達成者には、反対咬合(受け口)はいなかったという報告もあります。

 

 

※8020とは?

80歳で20本以上の歯を持つことを言います。

20本以上の歯があるとおせんべいやフランスパン、お肉やごぼうなど、たいていのものを噛むことができます。80歳で20本以上の歯を持つ人は、好きなものを不自由なく食べることができるので、外で友人と食事をすることもいといません。

 

 

その結果、歯の数が少ない人に比べて社交的であったり、おしゃれであったり、常に機嫌がいいなどの傾向がみられるとの調査もあります。

 

 

 

 

【ご来院の理由】


 

15歳男性の患者様です。

受け口が気になるということでご来院されました。

 

 

 

こちらの患者様は、ご自身の顔立ちを見て歯並びが気になり始めたそうで、歯科医院や学校検診でも歯並びについて指摘をされていたそうです。歯並びを気にせず笑いたい!とのことで、当院の初診カウンセリングを受けられました。

 

 

 

 

【矯正中の不安・装置選び】


 

矯正を始めるにあたって歯を抜くことへの不安治療期間等に不安がありました。患者様のご希望もあり、精密検査の結果、非抜歯で治療を進めることになりました。装置の見た目に関しては気にならないとのことでしたので、表側矯正(ワイヤー)で治療開始しました。

 

 

 

 

 

【治療開始・治療経過】


 

 

 

患者様のご希望もあり非抜歯で治療を始めました。

まずは右上2番を並べるためのスペースをバネを使って確保したあと、上下の前歯のガタガタを並べていき、最後に顎間ゴムを使用して咬み合わせの調整を行いました。

 

 

 

 

【ワイヤー矯正中の豆知識】


 

☆バネ(オープンコイル)とは?

 

オープンコイルをSetすることで、歯と歯を離す方向に動かす力が働きます。

 

 

今回のように、歯を並べるためのスペースが十分にない場合に用います。

 

 

 

 

【動的治療終了】


 

こちらの患者様は、通院間隔等しっかりとお守り頂けていたため、約2年3ヶ月で動的治療が終了しました。

 

 

 

こちらが動的治療終了後のお口の中のお写真です。反対の咬み合わせが改善され、気にせずに笑えるようになったと喜んで頂けました!

 

 

 

 

【まとめ】


 

主訴:受け口が気になる

 

診断名:反対咬合

 

初診時年齢:15歳

 

装置名:表側矯正(ワイヤー)

 

抜歯or非抜歯:非抜歯

 

治療期間:2年3ヶ月

 

費用の目安:こちらをご覧ください

 

リスク・副作用:こちらをご覧ください