ワイヤー矯正は装置は治療が終わるまで、ずっと歯に付いているの?


従来のブラケットと呼ばれる矯正装置(以下の写真)は、治療が終了するまで、歯にずっと付けたまま状態です。

メタルブラケット

ずっと歯に付けていることで、どのような弊害があるかというと、、、

  歯みがきをしっかりしないと、装置を付けていない状態と比べ(矯正治療をしていない時と比べ)虫歯や歯周病になるリスクが高くなります。

■ 食事の際、装置の間に食べカスが挟まることがある。

■ 催事(結婚式、成人式など)記念撮影で歯を出して笑顔で笑えないことを気にする方もいます。

装置を外してしまうと歯が元の位置に戻ってしまうため、治療期間中に(平均226カ月)装置は外せません。

装置を取り外すことができるマウスピース矯正装置(インビザライン)


一方、インビザラインでは、取り外しが可能です。

Aligner_Package6

  装置を外して、食事を楽しむことが可能です。

  装置を外して歯みがきをしますので、普段の歯みがきと同じように行えます。結果、お口の中を清潔に保つことが可能です。

取り外してOKなのは、1日何時間?


マウスピースを長い時間取り外したままだと歯は動きませんので、いつまで経っても、歯はキレイに並びません。1日最低20時間はインビザラインを使用する必要があります。

1日は24時間ですから、4時間ほどであれば、装置を外しても大丈夫です。

基本的に、食事と歯みがきの時間は以外は装置を装着します。寝ている間も、マウスピースを付けたままです。

一般的な矯正治療とインビザラインを使用した治療を比較した場合、マウスピースは取り外すことができるという大きな特徴があります。

「取り外し」に関するよくある質問


Q インビザラインをつけたまま飲み物を飲んでも大丈夫ですか?

A 大丈夫ですが、コーヒーや紅茶、赤ワイン等は着色の原因となりますのでマウスピースを装着したままですと着色が早まります。

また糖分の多い飲物は虫歯の原因となりますので、帰宅後にしっかり歯磨きとマウスピースの洗浄をして下さい。

但し、マウスピースは2週間に一回程度、新しい物に変えるので着色はそこまで気にならないと思います。

Q 食事の際、インビザラインを外せるということですが、逆に、付けたまま食事をしても良いですか?

A インビザラインを外して頂く事が基本ですが、人前で外しにくいという事はあると思います。

マウスピースを装着したままでも食事は可能ですが、食物がつまりやすくなり、虫歯の原因となりますので、帰宅後にしっかり歯磨きと洗浄をして下さい。