こんにちは。さいたま市大宮区SHIN矯正歯科 院長の矢野です。

 

マウスピース矯正装置(インビザライン )は、患者様にとって

 

①見えない

 

②取り外しが可能

 

③痛みが少ない

 

等のメリットが大きく、不正咬合の状態によってはワイヤー矯正よりも短期間で質の高い治療結果を達成できます。その一方で、デメリットもあることを理解しておく必要があります。

 

20151126

 

 

 

 

 

 

 

 

1.(歯科医師の)症例判断力

 

インビザラインは、基本的にほとんどの症例に適応可能です。

 

しかしそこには担当医の適切な症例判断力が欠かせません。

 

インビザラインはどの歯科医師が使用しても同じと思われがちですが、決してそのような事はありません。 

 

2.(歯科医師の)矯正治療の技術力

 

当たり前のようですが、技術力がなければインビザラインは理想的な結果を導く事はできません。

 

しかし、歯科医師の技術力を見極めるのは、なかなか難しいですね。

 

見極めるポイントの一つは、一般的な(ワイヤー)矯正の経験が豊富(日本矯正歯科学会認定医など)で、かつ、インビザラインの治療経験が豊富な(ランクがプラチナプロバイダー以上)の矯正医である事だと思います。

 

3. 患者さんのモチベーション不足

 

マウスピースは患者さんの意志で取り外し可能です。

矯正装置を外して、食事や歯磨きを行うことができるため、一般的な矯正治療に比べると快適です。

 

しかし、120時間以上装着していないと、つまり、食事や歯磨き等、一部の時間以外は寝るときも装着していなければなりません。

 

20時間装着していないと、治療スタート前にシュミレーションした通りに治療が進んでいきません。つまり、治療期間がどんどん延長していきます。 

 

 

もし治療が予定通り進まなければどうしたらよいのか?

 

インビザラインには得意な動きと不得意な動きがあります。

 

不得意な動きは必要に応じてワイヤー矯正で部分的にリカバリーします。

 

ただ歯を並べるだけが矯正治療ではなく、しっかりした咬み合せを作ってこその矯正治療です。

 

インビザラインの利点、欠点と患者様の歯並びがマウスピースを使用した治療に適応するのか、ワイヤー矯正を組み合わせなければいけないか等、

 

しっかり説明してもらう事が大切です。