さいたま市大宮SHIN矯正歯科 歯科衛生士の山下です。

 

 

マウスピース矯正装置(インビザライン)・・・・・みなさんどのようなものか知っていますか?

 

「矯正」というと痛い・見た目が悪い・歯磨きが難しくなるなど、たくさんのデメリットが思い浮かぶと思います。

 

しかし、インビザラインはマウスピースでの矯正なので、ワイヤー矯正より痛みは少ないと言われています。そして見た目ですが、こちらもワイヤー矯正よりは目立ちにくいとされています。

歯磨きについては、取り外しが可能なので、普段と同じように歯磨きができます。

 

 

 

ただ、ワイヤー矯正では自分で器具を取り外すことは無いのですが、インビザラインでは、自分でマウスピースの取り外しや交換を行います。

そして、メリットでもありますが、飲食する際はマウスピースを外さなくはいけません。

唯一、マウスピースを装着したまま飲んでもいいと言われていいのはお水か白湯のみです。

 

 

 

 

 

ですが、いくら水のみといわれたところで、お水以外の飲み物が飲みたいときもありますよね?

なぜ、マウスピースをつけている間は、お水か白湯しか飲めないのでしょうか?

 

 

 

マウスピース装着時に

お水か白湯以外飲まない方が良い理由

 

 


 

 

主に3つの理由が挙げられます。

 

①マウスピースが着色する

 

②糖分によって虫歯になる

 

③マウスピースが変形する

 

 

 


 

 

 

 

では、具体的に飲み物の例をあげていきます。

 

 

 

 着色性の強いコーヒー・ブラックコーヒーや無糖の紅茶は糖質オフなので、虫歯の原因にはなりにくいのですが、色の濃い飲み物は、透明のマウスピースを着色させる原因になります。

 

紅茶や濃いお茶も、マウスピースに茶渋がつくので着色の原因になります。特にココアは着色も強く、糖分がかなり多く入っているため避けた方が良いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

炭酸が強い強炭酸ジュース等やコーラなどは糖分が多く含まれていますが、100%果汁ジュースにも結構多くの糖分が含まれています。午後の紅茶やスポーツドリンク、最近流行りの透明飲み物(いろはすフレーバーウォーターなど)も糖分が含まれています。

 

 

このように糖質が多く含まれる飲み物をマウスピース装着時に飲んでしまうと、マウスピースにこれらの多くの糖分が蓄積してしまい、虫歯になりやすくなる原因になりますし、マウスピースを着色させる原因にもなってきます。

 

 

 

 

高温の飲み物は、マウスピースを装着したまま飲んでしまうと、マウスピースを変形させる原因になりますのでやめましょう。ただ上記でも記した通り白湯程度(人肌以上、50度くらい)であれば大丈夫と言われています。

 

 

 

 

 

 

お酒類・・・ビールや赤ワイン・白ワイン・発泡酒・酎ハイなどのアルコール類には多くの糖分が含まれるため、マウスピースを外してから飲むのが良いと言えるでしょう。

 

そしてお酒も、虫歯の原因になります。ですが、どうしても飲み会などでアルコール類を飲まなければいけない場合は糖質ゼロの発泡酒、ウイスキーやウォッカ、焼酎甲類など糖質オフのアルコールもあるので、糖質フリーのお酒を飲むようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

マウスピース装着時の

飲み物の飲みかたのコツ

 

 

 


 

 

 

 

でもどうしても・・・連日猛暑が続く毎日、熱中症対策としても糖分の入った飲み物を飲みたくなりますよね・・そんな時の一つの手段として、

 

 

ストローを使う!

 

 

 

ただし、ストローを使えば、絶対に虫歯の原因にならない・着色しないということはありませんので注意が必要です。できるだけ歯にあたらないように飲み込むことで、マウスピースが着色するのを防ぎます。

 

 

とはいえ、お水以外の飲み物を飲む場合、1番の理想としては、マウスピースを外して飲み、飲み終わったら歯磨きをしてマウスピース自体も洗ってから装着するのがいいのですが、そんな時間がうまく取れない場合もありますよね?

 

 

そんな時はマウスピースを装着する前に、軽くうがいをしてから、マウスピース自体もお水でゆすいでから装着するといいそうです。

 

 


 

 

 

矯正治療中に虫歯になってしまうと大変です。

 

 

マウスピースをしたままの状態で糖分を含む飲み物は、基本的には飲まない様にしましょう。

そして着色を防ぐためにも、お水以外の飲み物や食べ物は摂取しないほうがいいようです。

 

 

 

マウスピースを正しく使用して、素敵なインビザライン生活を!

 

 

 

 

矯正中のお食事についての記事はこちら

ブラケット矯正で注意する5つの食物と食べ方のコツ

矯正中、歯が痛い時におすすめの食事