こんにちは。

さいたま市大宮にあるSHIN矯正歯科 スタッフの大崎です。

 

2017年9月より、当医院に画期的な機械・iTero element が導入されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

iTero element はお口の中のスキャナー


 

 

歯科医院にかかって、歯型を採った経験ってありますよね?

粘土みたいな、ゴムみたいな柔らかくて冷たいものを、口に入れて固まるまで待つあれです。

 

 

「喉の奥までドロっとしたものが来て気持ち悪くなった」

「固まるまで口を開けたままで、顎が疲れた」

「終わった後、口の周りが印象材のカスだらけでとるのが大変だった‥」

など、歯医者さんが嫌いな理由のひとつによく挙げられてしまいます。

 

 

 

マウスピース矯正装置(インビザライン)でも、この型取りは避けては通れない検査項目のひとつでした。

 

しかも、マウスピースを作るにあたり、精度の高い歯型をとるため、型を外す時に、歯も一緒に抜けてしまうのではないか(実際そんなことはありませんが)と、思うくらい印象材の密着度が強力で、型を採る私たちにも患者さんにも負担が大きいものでした。

 

 

この度、当医院にやってきた iTero element はお口の中のスキャナーです。太いペンの様な機械で、光を当てて歯型をスキャニングしてデータ化します。印象材より精密ですしスピードも上下顎全てで60秒とあっという間です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

治療開始までの期間を短縮


 

 

また、今までは採った歯型をマウスピース作製工場のあるアメリカまで輸送していました。

そのためインビザラインを手にするまで1ヶ月以上の時間がかかりました。

 

 

『iTero element』であればデータですぐ送信できるので、治療開始までの期間を短縮できます。

矯正治療自体が骨や歯に負担をかけないよう、ゆっくり長時間かかるものなので、その分、少しでも治療期間を短くすることができます。

 

 


 

 

『iTero element』は『iTero』の中でも、最新の機械です。

まだ日本で導入している歯科医院はわずかだそうです。

 

 

 

インビザラインで歯列矯正をお考えの方、ぜひSHIN矯正歯科

iTero elemenntでご自身の歯をデジタル化する体験をしにいらして下さい。