Case

症例

  • 反対咬合(受け口)
    19歳男性治療期間:3年

    抜歯/非抜歯: 抜歯
    使用装置: マウスピース矯正装置(インビザライン)、表側矯正


    受け口なことを気にして来院された患者様です。詰め物が入っており、ダメージを受けていたので、上の歯は左右6番目の歯を抜歯しました。下の歯は前歯を1本抜歯し、表側矯正で治療を進めていましたが、患者様が「目立たない装置に変更したい」とのことで、マウスピース型矯正装置(インビザライン)を使用して、咬み合わせを改善しました。

     

     

    主訴:受け口

    診断名:反対咬合

    初診時年齢・性別:19歳・男性

    治療装置:ワイヤー + マウスピース型矯正装置(インビザライン)

    抜歯or非抜歯:抜歯(左右上顎第一大臼歯、下顎前歯1本)

    治療期間:3年

Go Top