Case

症例

  • 上顎前突(出っ歯)
    14歳男性治療期間:1年6ヶ月

    抜歯/非抜歯: 非抜歯
    使用装置: マウスピース矯正装置(インビザライン)


    学校の歯科検診で咬み合わせが悪いと指摘され、近所の歯科医院に矯正相談に行ったところ、上の歯を2本抜いて矯正することを勧められたそうです。健康な歯を2本を抜いて矯正することに抵抗があるとのことで、当院の初診カウンセリングにいらっしゃいました。そのため、抜歯はしないで、上下の歯をヤスリがけして、マウスピース型矯正装置(インビザライン)を使用して咬み合わせ口元の印象を改善しました。

    主訴:咬み合わせが悪いと学校の歯科健診で指摘された

    診断名:上顎前突

    初診時年齢・性別:14歳・男性

    治療装置:マウスピース型矯正装置(インビザライン )

    抜歯or非抜歯:非抜歯

    治療期間:1年6ヶ月

Go Top