Case

症例

  • 開咬(前歯が咬んでいない)
    舌癖
    29歳女性治療期間:1年6ヶ月

    抜歯/非抜歯: 抜歯
    使用装置: マウスピース矯正装置(インビザライン)


    10年前に他院で行なったブラケット矯正による後戻りを気にして来院された患者様です。歯磨きの大変さや装置の見た目を気にされて当院で、マウスピース型矯正装置(インビザライン)で再矯正を行うことになりました。また、後戻りしてしまった原因として舌癖もあったのでその改善も行いました。

    主訴:前歯が噛み合わない

    診断名:開咬・舌癖

    初診時年齢・性別:29歳・女性

    治療装置:マウスピース 型矯正装置(インビザライン )

    抜歯or非抜歯:抜歯(前回の矯正治療で上下左右の第一小臼歯抜歯)

    治療期間:1年6ヶ月

Go Top