さいたま市大宮のSHIN矯正歯科 院長の矢野です。

 

 

「この歯並びの、ここだけが気になって…部分矯正で治せませんか?」

と、『部分矯正』を希望される方は、当院の初診相談にもたくさんいらっしゃいます。

 

 

 

しかし、この『部分矯正』は、希望された方全てに適した治療方法というわけにはいかず、

実は安易にお勧めできません。

 

 

『部分矯正』については、SHIN矯正歯科のホームページ内のこちらでもご紹介していますが、

もう少し詳しく「部分矯正のメリットとデメリット」について触れていきたいと思います。

 

 

 

部分矯正のメリット


 

・治療期間が短い 

 

 

患者さんが気になっている部分のみの治療になるので、歯列全体を矯正するよりも短期間で治療が終わります。特に前歯の部分矯正の場合は、奥歯に比べると歯の移動がしやすく、咬み合わせの調整もあまり時間を要さないことが多いです。

 

 

ただし、部分矯正でも、歯がきれいに並んだあとは全体矯正と同様に保定装置を使った保定期間が必要です。

 

 

 

・治療費が抑えられる

 

 

装置を付ける歯が少ないので、全体矯正と比較すると費用が安くなります。

 

 

・痛みの軽減

 

 

部分的に矯正の為の力をかけていくので、全体的に歯を動かしていく全体矯正に比べると比較的痛みが少なく済むようです(痛みの感じ方には個人差があります)

 

 

・矯正中の歯のお手入れ

 

 

矯正装置を全ての歯につける必要がないため、念入りに歯磨きをしなくてはいけない部分が少なくて済みます。

 

 

・インプラント治療の代わりになる

 

 

ここで言うインプラントとは、矯正用のインプラントではありません。歯科用のインプラントのことです。虫歯など何らかの理由で歯を抜歯して隙間ができてしまったとき、隙間にインプラントを打つ代わりに、部分矯正で歯を移動して隙間を埋めることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

部分矯正のデメリット


 

 

・咬み合わせ

 

 

上の前歯の1本が飛び出ていて、部分矯正で内側へ引っ込めたい場合、下の前歯と当たってしまうようでしたら、下の歯も移動しなくてはなりません。部分矯正だけで上下の噛み合わせのバランスを取ることは難しく、そうなると歯列全体を矯正する必要があります。

 

 

また、前歯の歯並びだけが綺麗になっても、奥歯が正常に咬み合っていないと、いずれ何らかの歯の治療が必要になり、最終的には歯を失うことになります。

 

 

 

・重度の凸凹の歯並びには適応しない

 

歯が重なり合っている部分が大きく、隙間が無い歯並びの場合、全体矯正でないと改善が難しいです。部分矯正は歯が移動するスペースが限られています。無理に部分矯正で凸凹を治そうとすると、手前に出ている歯に合わせて綺麗な歯並びにするので、凸凹は無くなっても、かえって出っ歯になってしまうかもしれません。

 

 

 

・顎骨の位置に問題があるときは対応不可

 

 

上下の骨格的なバランスに問題がある場合は部分矯正をしてしまうと、さらなるバランスの崩れを招きかねないため、対応できません。

 

 

 

・全体的な矯正に比べると完成度が低い

 

部分的な治療になるため、見た目はもちろん、咬み合わせも含め、細かいところへのご希望に添えづらいです。この点にご納得いただいた上で治療を受けられることをおすすめします。

 

 

 

 

 


 

歯並びが1箇所ずれていると、全体的にバランスが崩れていることの方が多く、最初から部分矯正だけで完璧な歯列になる人はわずかです。『部分矯正』は一度歯列全体を矯正したけれど、後戻りしてしまったという方は取り入れやすい治療方法です。

 

 

歯列の全体的なバランスは、口元をぱっと見ただけで判断することは難しく、上下の歯型、レントゲン写真で骨格を見て、患者さんが『部分矯正』をご希望でも別の治療方法を提案させていただくこともあります。

 

 

 

短期間・低価格が魅力的な『部分矯正』といえども、貴重な時間とお金をかけて治療した歯並びに満足していただけなかったり、結局、全体矯正で治療をやり直すという二度手間になってしまわないよう、治療方法の選択は慎重に行っていただきたいと思います。