こんにちは!さいたま市大宮区・大宮SHIN矯正歯科 歯科衛生士のOです。 

 

 

マウスピース 型矯正装置(インビザライン)で矯正中に、奥歯が 噛みにくくなってしまったことはありませんか?今回は、八重歯の歯列矯正中の私の治療経過と共に、奥歯のかみ合わせが治療計画通りに進まず、マウスピースを作り直すことになった経緯についてお話します。 

 

 

奥歯のマウスピース が浮くようになってしまった!


 

平成30年9月から令和元年10月までのインビザラインの私の治療経過になります。写真を見ていくと奥歯を赤丸で囲った部分がどんどん噛み合わなくなっており、マウスピース がパカパカと浮くようになってしまいました。

 

 

 

 

 

マウスピース の奥歯が浮いてしまった原因


 

インビザライン のマウスピース の奥歯が浮いてしまう一般的な原因として、以下の事項があげられます。

・ 奥歯のマウスピース をかみしめてしまい、歯が沈んでしまう 

・歯が動く量が大きい 

・アライナーチューイを正しく噛めていない 

 

 

私の場合は矯正するにあたって、上下左右4本の歯を抜歯したのでマウスピースが浮きやすくなるリスクがあるにもかかわらず、アライナーチューイを正しく使用しなかったこと、そして、加速装置を使用していたことがさらにマウスピースの不適合を招く大きな原因になったと思われます。

 

 

 

加速装置とは、治療期間の短縮を目的とした補助装置です。私はマウスピース を装着した状態で毎日20分間装置を咥え、振動を与えることで歯を動きやすくするタイプの装置を使って治療を行なっています。加速装置を使用することで、マウスピースを 4〜5日で交換することができます。

 

 

歯並びの状態や使用状況によって全ての方に同じ効果が得られる、とはお約束できませんが、気になる方はぜひ、ドクターまたはスタッフまでお問い合わせください。

 

 

 

 

話を戻します。平成31年の3月まではアライナーチューイをしっかり噛んでいました3月末くらいから加速装置を使用して4日でマウスピースを交換していたのですがそのくらいからしっかり噛めてないことが多く、気付いたらこんなに奥歯が浮いてしまったのでした。

 

 

マウスピース を作り直して奥歯の浮きを解消


 

 

 

 

そこで、令和1年の10月に追加マウスピース(2回目のインビザライン )を作成しました。新しく作り直したマウスピース は浮かないので、しっかりアライナーチューイを噛めるようになりました!まだ調整は必要ですが、噛み合っていなかった奥歯が動いていることがわかります。

 

 

 

 

インビザライン は定期的なチェックが大切!


 

このように、インビザラインは治療計画のシミュレーション上では予期しなかったことが起こります。そして、マウスピース を作り直すことがあります。適切な治療を行うために、定期的にドクターに確認しもらうことが重要だと痛感しました。

 

 

そして、治療期間を短くするための補助装置は正しく使用しないと、逆にマウスピース のズレを加速させてしまう恐れがあることも実感しました。そして、装着時間やアライナーチューイなど基本的なマウスピース の使用方法も忘れてはいけないなと思いました。