みなさんこんにちは。

大宮SHIN矯正歯科 受付の志波です。

 

 

 

矯正治療を開始する前・また実際に開始してから、様々な疑問や不安をお持ちになっていることと思います。今回はその中から虫歯は矯正開始前に治さないと治療開始できないのか?』矯正治療中に虫歯が出来てしまった場合は、治療をしてもいいのか?』といった虫歯についての質問にお答えしていきたいと思います。

 

 

 

 

① 矯正治療前で虫歯がある

 

虫歯を矯正治療のために抜歯するかも!?


 

まず初めに、矯正治療をはじめたいけれど、「虫歯があるからまだ矯正歯科には相談へ行けないな、矯正治療を開始できないな…」と思っている方は、虫歯の治療をする前にまずは矯正歯科へ相談してください。

 

矯正治療前で虫歯がある方に関しましては、『必ずしも完治してからでないと治療が始められない』というわけではございません。

 

矯正治療で抜歯が必要な場合は、虫歯になっている歯を抜歯することもあります。「矯正治療を始める前に虫歯を治しておかなきゃ」と焦って治療したのに、歯列矯正のために抜歯するなんてことになったら、せっかくの虫歯の治療が無駄になってしまいます。

 

 

 

 

高価な詰め物を入れる場合は矯正治療の後に。


 

基本的に大きな虫歯の場合は、虫歯の治療を先にしてから矯正治療をはじめていただきます。しかし、詰め物や人工的な歯を被せる場合、白いセラミックや金歯などを入れるならば、矯正治療が終わってからをおすすめします。

 

なぜなら、矯正前に自費の高価な人工の歯を入れてしまうと、矯正治療中に歯が動くので噛み合わせなどがずれてしまい、再度作り直さなければいけなくなってしまうからです。

 

 

 

虫歯があっても矯正治療を始められる場合も。


 

 

小さな虫歯や虫歯の場所によっては、矯正前に治療しなくてもよい場合もあります。大宮SHIN矯正歯科の初診無料カウンセリングでは、お口の中の状態を口腔カメラにて撮影させて頂き、お写真を見ながら院長がご説明いたします。

 

ご本人が気づいていない虫歯を発見する場合もあります。矯正治療を開始する前に治したほうが良い虫歯なのか、矯正を始めてからでも並行して治療できる虫歯かどうか、一度お口の中の状態を確認させて頂いた上でお答え致します。

 

 

 

 

次に、今現在矯正治療中に虫歯が出来てしまった・見つかってしまった場合です。

 

 

 

② 矯正治療中に虫歯が出来てしまった

 

矯正治療中は、歯に矯正装置を装着しますので、お口の中は非常に虫歯ができやすい環境になります。とくに、矯正を始める前から虫歯があった方は、虫歯のリスクが高いと思われるので、矯正治療中のオーラルケアを念入りに行ってください。

 

 

 

上の写真を見ると、右の写真は歯並びはきれいになっていますが、治療前と比べると歯の汚れが気になります。せっかく歯並びが良くなったのに、虫歯ができてしまった!ということの無いよう、歯ブラシだけでなく、フロスや歯間ブラシを使用して矯正中の歯磨きを頑張ってください。

 

 

矯正治療中や終了後に歯のクリーニングをすることもおすすめです☆

 

矯正中のクリーニングについて

矯正治療中の歯磨きについて

 

 

③ 矯正治療中に虫歯が見つかってしまった

 

重なっていた歯が矯正によって動き、隠れていた虫歯が見えてくることもあります。大きな虫歯は治療前の精密検査で発見できますが、小さな虫歯はレントゲンではわかりにくく、見つけられないまま矯正治療をスタートしてしまうこともあります。

 

小さな虫歯の場合


 

しかし、小さな虫歯の場合はすぐに虫歯の治療をせず、これ以上虫歯が進行しないようにお薬を塗布して様子を見たり、虫歯の部位や装置の種類によっては矯正治療と同時進行で治療することも可能です。

 

 

 

大きな虫歯の場合


 

大きな虫歯になってしまったら、矯正治療を中断して虫歯治療を優先して行うことになります。矯正治療中に、一般歯科で虫歯の治療が必要と診断された場合や、ご自身で治療したい歯がある場合は、自己判断で治療を行う前に矯正治療を行なっている医院に一度ご相談ください。

 

 

大宮SHIN矯正歯科では、虫歯の治療が必要と判断した場合は無料にて、患者さまのかかりつけの歯科医院、または近隣の医院様宛に紹介状を作成いたします。虫歯の治療費に関しましては患者さまご負担となっておりますのでご了承ください。

 

 

ワイヤー矯正の場合は装置を歯から外して虫歯治療を行います。取り外しができるマウスピース型矯正装置(インビザライン )の場合は、虫歯の治療はすぐにできますが、治療した歯の形が大きく変わってしまい、使用しているマウスピースが合わなくなってしまうことがあり、場合によってはマウスピースをお作り直しさせて頂いてのご対応となっております。

 

 

いずれの装置にしても大きな虫歯になってしまうと、矯正治療が一時中断され、せっかく矯正治療で動いた歯が後戻りしてしまう可能性があり、治療期間が延長になってしまいます。なるべく矯正治療中は、お口の中を清潔に保つことを心がけ虫歯にならないよう気をつけましょう!