⚠️この記事は、大宮SHIN矯正歯科でダイレクトボンディング法の治療を行っていることをお伝えするものではありません⚠️

大宮SHIN矯正歯科【さいたま市大宮区】の院長の矢野です。

歯と歯の間に隙間がある歯並び「すきっ歯」歯科専門用語では空隙歯列(くうげきしれつ)と呼び、その中でも上の前歯の真ん中に隙間が生じているものを正中離開(せいちゅうりかい)といいます。

【ダイレクトボンディング法とは】


すきっ歯は非常に目立ちやすい歯列不正だけに、治療を希望される方は多くいらっしゃいます。前歯の間に生じている隙間をレジンで埋めることで、すきっ歯の症状が改善できるのがダイレクトボンディング法と呼ばれるものです。

【ダイレクトボンディング法のメリット】


治療期間が短く、費用も安価なため、隙間だけ埋めてほしい人にとっては、適した治療法といえます。けれども、この処置法には大きな欠点が存在しています。

【ダイレクトボンディング法の欠点】


◉歯が大きくなる

ダイレクトボンディング法は、レジンを前歯に築盛していくことで、すきっ歯を改善します。ですから、必然的に前歯のサイズが大きくなります。また、レジンの経年劣化によって変色を起こしたり、破折したりすることも珍しくありません。

◉すきっ歯の根本的な原因は改善されない

ダイレクトボンディング法は、歯を動かして歯並びを改善する矯正治療ではなく、修復治療に近い形ですきっ歯の見た目だけを改善する方法なので、またしばらくすると、同様の症状や何かしらの弊害がおきる可能性があります。

【すきっ歯の根本的な原因とは】


◉歯の大きさが生まれつき小さい

顎に対して、全体的に歯が小さい場合もありますし、歯並びの中で1〜2本だけ小さい矮小歯(わいしょうし)と呼ばれる歯が生まれつきある人がいます。

◉食いしばり

日常的に歯を食いしばる癖がある人は要注意です。歯と顎のバランスやかみ合わせがずれて、すきっ歯になってしまう場合が多くあります。

◉かみ合わせが深い

かみ合わせが深い状態とは、奥歯をかんだ時に、上の前歯が覆いかぶさって下の前歯が見えない状態をいいます。この時、隠れた下の前歯が上の歯茎にかみこんでしまっていると、そのしわ寄せで前歯が左右に開いて、すきっ歯になってしまうことがあります。

かみ合わせが深くてすきっ歯の歯並び

ダイレクトボンディング法は、あくまですきっ歯の見た目だけを改善する方法です。食いしばりやかみ合わせが原因の場合、ダイレクトボンディング法を用いても、実際に歯並びが良くなるわけではありません。

同時に噛み合わせも改善されないので、咀嚼機能にも問題が残ったまま。結局は再びすきっ歯に後戻りしてしまう可能性大です。

そこで、なるべく治療のストレスを感じずにすきっ歯を根本から治療できる治療法として、当院がおすすめしているのがマウスピース型矯正装置(インビザライン)です。

【マウスピース型矯正装置(インビザライン)の特徴】


◉すきっ歯を根本から治療できる

マウスピース矯正装置(インビザライン)によるすきっ歯の治療では、実際に歯を動かしてすきっ歯の原因を根本から改善します。アライナーと呼ばれる患者さま専用のマウスピースを作製し、それを装着することで少しずつすきっ歯を改善していくのです。

ただ、そこで気になるのが矯正治療に伴うストレスや、すきっ歯の改善のために装着する装置によって害される口元の審美性ですよね。実は、この点もインビザラインであれば、気持ちよくすきっ歯を治療することができるのです。

◉目立たない透明な樹脂製のマウスピース

インビザラインで用いるマウスピースは、透明な樹脂で作られていますので目立つことなくすきっ歯を治すことができます。また、厚みが0.5mm程度と薄く、装着感も良好です。ですから、すきっ歯の治療期間中も、装置によるストレスをほとんど感じずに生活すること可能といえます。

◉気になるコスト面

ダイレクトボンディング法と比較すると、治療にかかるコストは高くなりますが、すきっ歯だけでなく、噛み合わせも改善できるというのは、歯や歯列の寿命を延ばし、歯科治療にかかる生涯医療費を抑えることにもつながると考えることもできます。

すきっ歯を改善し、正しい噛み合わせを確立することができれば、歯が摩耗したり、欠けたりすることも少なくなります。正しく噛めることで、歯肉や歯槽骨、顎関節への負担も減ります。その結果、大切な天然の歯を守り続けることができるのです。

【大宮SHIN矯正歯科のすきっ歯の治療症例】


もちろん、すきっ歯であること以外に、何ら歯列の異常が見られないケースにおいては、ダイレクトボンディングのような対症療法でも問題ありません。しかし、多くのすきっ歯の背景には、噛み合わせに関する何らかの問題が潜んでいます。

当院ではすきっ歯の治療としてダイレクトボンディング法は行っておりません。歯列矯正によるすきっ歯の治療症例は、こちらからご覧いただけます。すきっ歯でお悩みの方は、まずは歯科医院でご自分のすきっ歯の原因を知ることが重要です。

歯並びの状態から「空隙歯列(正中離開、すきっ歯)」を選択して症例検索してください