SHIN矯正歯科【さいたま市大宮】の院長の矢野です。

 

 

歯と歯の間に隙間がある歯並びを「空隙歯列(くうげきしれつ)」と呼び、

その中でも上の前歯の真ん中に隙間が生じているものを「正中離開(せいちゅうりかい)」

といいます。

 

 

いわゆる「すきっ歯」と呼ばれるものですね。

非常に目立ちやすい歯列不正だけに、矯正治療を希望される方が多くいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

▼ダイレクトボンディング法

 

 

すきっ歯であること以外に、何ら歯列の異常が見られないケースにおいては、真ん中の隙間だけを矯正治療によって改善すれば良いように思えますよね。実際、それを目的としているのが「ダイレクトボンディング法」と呼ばれるものです。

 

 

 

・隙間だけ埋めてほしい人のための治療法

 

ダイレクトボンディング法とは、歯を動かして歯並びを改善する矯正治療ではなく、修復治療に近い形ですきっ歯を改善する処置法です。前歯の間に生じている隙間をレジンで埋めることで、すきっ歯の症状が改善します。治療期間が短く、費用も安価なため、隙間だけ埋めてほしい人にとっては、適した治療法といえます。けれども、この処置法には大きな欠点が存在しています。

 

 

 

▼ダイレクトボンディング法の欠点

 

 

 

・歯が大きくなる

 

 

ダイレクトボンディング法は、レジンを前歯に築盛していくことで、すきっ歯を改善します。

ですから、必然的に前歯のサイズが大きくなります。また、レジンの経年劣化によって変色を起こしたり、破折したりすることも珍しくありません。

 

 

 

・噛み合わせは改善されない

 

 

ダイレクトボンディング法は、あくまですきっ歯の見た目だけを改善する方法ですので、実際に歯並びが良くなるわけではありません。同時に、噛み合わせも改善されないため、咀嚼機能にも問題が残ります。

 

 

そこでおすすめなのがマウスピース型矯正装置(インビザライン)ですきっ歯を治す方法です。

 

 

 


 

 

 

▼インビザライン

 

 

・すきっ歯を根本から治療できる

 

 

インビザラインによるすきっ歯の治療では、実際に歯を動かしてすきっ歯の原因を根本から改善します。アライナーと呼ばれる患者さま専用のマウスピースを作製し、それを装着することで少しずつすきっ歯を改善していくのです。

 

ただ、そこで気になるのが矯正治療に伴うストレスや、すきっ歯の改善のために装着する装置によって害される口元の審美性ですよね。実は、この点もインビザライン矯正であれば、気持ちよくすきっ歯を治療することができるのです。

 

 

・目立たない透明な樹脂製のマウスピース

 

 

インビザラインで用いるマウスピースは、透明な樹脂で作られていますので目立つことなくすきっ歯を治すことができます。また、厚みが0.5mm程度と薄く、装着感も良好です。ですから、すきっ歯の治療期間中も、装置によるストレスをほとんど感じずに生活すること可能といえます。

 

 

 

 

▼インビザラインによるbefore→after

 

 

こちらは、当院で実際にインビザラインを受けた方の初診時の写真です。典型的なすきっ歯であることがお分かりいただけるかと思います。

pastedGraphic_1.png

before

 

 

 

 

・深い噛み合わせがすきっ歯の原因になる

 

 

この患者さまは、もともと噛み合わせが深いことが原因で、すきっ歯になっていました。上下の歯列が深く噛み込んでしまうため、そのしわ寄せが前歯へと集中し、左右へと開かせてしまったのです。そこで、インビザラインによる歯列矯正を実施いたしました。治療結果は以下の通りです。

pastedGraphic_2.png

After

 

 

 

 

・すきっ歯の背景には噛み合わせの問題が潜んでいる

 

 

このようにすきっ歯というのは、インビザラインによる歯列矯正によって、美しく機能的に改善することができます。これはすきっ歯の背景には、噛み合わせに関する何らかの問題が潜んでいるからです。それだけに、ダイレクトボンディングのような対症療法では、根本的な解決は見込めないのです。

 


 

 

 

▼コストが気になる方へ

 

 

インビザラインによるすきっ歯の治療は、ダイレクトボンディング法と比較すると、治療にかかるコストは高くなります。けれども、すきっ歯だけでなく、噛み合わせも改善できるというのは、歯や歯列の寿命を延ばし、「歯科治療にかかる生涯医療費を抑えることにもつながる」と考えることもできます。

 

 

すきっ歯を改善し、正しい噛み合わせを確立することができれば、歯が摩耗したり、欠けたりすることも少なくなります。正しく噛めることで、歯肉や歯槽骨、顎関節への負担も減ります。その結果、大切な天然の歯を守り続けることができるのです。

pastedGraphic_3.png

 

 

 

▼まとめ

 

 

このように、すきっ歯をダイレクトボンディング法で治療するとなると、改善されるのは審美性に限られてしまいますが、インビザラインであれば、すきっ歯という歯列不正を根本から改善することができます。すきっ歯が治ることで噛み合わせも改善され、審美性だけでなく機能性も向上します。