前回は、皆さんがマウスピース型矯正装置(インビザライン)で治療を始める動機で多いものについて書きました。今回は、10年前にワイヤー矯正を経験した私が、インビザラインで再治療をすることになったきっかけをお話させていただきます。

 

 

 

今となっては歯医者の私ですが、幼少期はお菓子が大好きで虫歯が多く、お恥ずかしいことに現在も奥歯には銀色の詰め物が入っています。 近頃、その下で虫歯菌が悪さをしていないか心配で……

 

虫歯菌ミュータンス菌の大きさは1ミクロン、つまり0.001mm。詰め物と歯の間にあるわずかな隙間から中へ侵入して、銀歯の下で虫歯が再発なんてこともあります。

 

 

picjumbo.com_foodiesfeed.com_DSC_0001-9 

 

 

 

 

一旦詰め物の下をチェックしたい。ついでに、目立ちにくい白い詰めものに変えたい。せっかく良いものに交換するなら、の前に、気になっている歯並びもキレイにリセットして、正しいかみ合わせに合った詰め物を入れよう!と、決心したのです。

 

 

えっ!?一度矯正しても歯並びって悪くなるの??驚かれる方もいらっしゃるでしょう。

 

 

実は、矯正した人も、していない人でも、歯は一生動き続けます。

 

 

歯列のアーチの内側にある筋肉の塊である舌、外側から包み込む唇の力や、皮膚の弾力、そのバランスに不均衡が生じると歯並びは変わってしまいます。

 

 

また、歯列は奥歯から前歯に向かって緩やかに前下がりに傾斜しており、咬むたびに前歯を押すような力が、一生涯かかり続けると言われています。こに年をとって、歯を支える顎の骨が痩せてくるような変化が加われば、前歯がガタガタしてくるのも納得ですよね。

 

 

例にもれず、以前の矯正終了時にはピシッと綺麗に並んでいた私の歯並びも、若干の前歯のガタガタや横の歯の捻じれが生じています。そして乱れてしまった部分には不均衡な力がかかり続けて、更にその状態が悪化していくのは目に見えています。

 

 

 成人で、歯並びが悪くなってきたことを気にしている皆さん、実は今の状態が一番良い状態で、何か手を打たないと悪くなってしまう一方です。歯並びが悪い方向に進んでいるものを、歯列矯正でいったん食い止め、進行を遅らせる、

 

 

そういう発想で始める矯正もあると、私は考えます。

 

 

yellow rose

 

 

一方で、せっかく苦労して、お金をかけて、矯正したのだから、もう二度と矯正はしたくないという方、矯正治療後に装着する、後戻りを抑える保定装置を通常の2~3年の使用といわず、半永久的に使用してくださいね。