大宮SHIN矯正歯科 歯科衛生士の元島です。

 

 

当院で人気のマウスピース型矯正装置(インビザライン )は、とくに20〜30代の女性の歯列
矯正の治療を希望する患者さまに選ばれることが多い治療法です。

 

しかし、その年代は妊娠・出産を経験される方も多いのではないでしょうか?歯列矯正をしたいけれど、近いうちに妊娠する可能性もあり、矯正治療を始めるタイミングはいつが良いのかわからず、なかなか治療に踏み出せないという方もいらっしゃると思います。

 

 

産前?産後?歯列矯正を始めるタイミングは?


 

 

まだこれから妊娠する予定という方には、産後からの歯列矯正治療をおすすめします!

 

 

かく言う私も、半年前に育児のスタートを切った、ホヤホヤのママです。そして、妊娠前からインビザラインで歯列矯正を始めていた私自身の経験上、つわり中は気持ち悪くてマウスピースをはめていられませんでした。(つわり中でも全く問題なくマウスピースを装着できた!という患者さまももちろんいらっしゃいます。)

 

 

そのため数ヶ月後、つわりが終わった頃にマウスピースを装着してみると、歯が動いてしまっていて、それまで使用していたマウスピースが全くはまらず…予定外のマウスピース作り直しとなり、その分治療期間が延長となってしまいました。

 

 

基本的には、妊娠中も矯正治療はできます。その場合は、安定期からのタイミングでインビザラインの治療を開始するのことは問題ありません。⭐︎妊娠中の歯列矯正についてはコチラ

 

 

 

産前・産後の歯科治療で気になる…レントゲンや麻酔、お薬について


 

 

妊娠前後の歯科治療で気になることといえば、レントゲンや麻酔、お薬についてではないでしょうか。安定期であれば、レントゲンや麻酔は問題ないと言われています。また、お薬も妊娠中でも服用できるものがあります。

 

 

また、出産後はすぐにでも歯の治療は可能です。妊娠中と同様に授乳中も歯科医院で使用される麻酔は、赤ちゃんに影響しないと言われています。ただし、痛み止めや抗生物質などのお薬を服用した場合は、3時間はあけて授乳するようにしてください。または、お薬を飲む前に搾乳しておきましょう。

 

 

 

産前・産後はお口の中の環境が乱れがち


 

 

妊娠するとホルモンの関係で唾液の分泌量が減り、虫歯や歯周病になりやすくなります。またその影響でか、 歯並びも以前よりガタガタになった気がするという意見もありました。

 

 

毎日待った無し、日々進化!の我が子と向き合いつつ、自分のことは後回し…という反面、育児休暇中のママさんは『今のうちに何か出来ることをしておきたい』と仕事復帰に向けて準備をされる方も多いと思います。

 

 

 

そこで、産後のママさんにピッタリな歯列矯正治療法がマウスピース型矯正装置(インビザライン)なのです。

 

 

 

 

 

インビザラインが産後の歯列矯正にオススメな7つの理由


 

 

①  通院回数が少なく、診察時間が短い

 

1~3ヶ月に1回の通院でOK。一般的なワイヤーを使った矯正よりも通院回数が少なく済むので、子育て中のママも時間が作りやすいです。また、検査や特別な処置が必要な時以外は、診察時間が短い場合が多いので、診察のためにご家族などにお子さんを預ける時間も少なくて済みます。

 

 

 

 

 

 

② 装置のトラブルが少ない

 

ワイヤーを使った矯正と比較的すると、インビザラインの場合は装置によるトラブルが少ないです。また、万が一なにか起きても、すぐの来院が難しい場合は、次回の予約の時に処置するまでそのままでも問題ない場合もあり、育児で忙しく予定外の時間を作りにくいママさんにもピッタリです♫

 

 

 

③ 痛みによるストレスが少ない

 

ワイヤーを使った矯正は、月に1回の処置後 数日~1週間程度、痛み止めが必要なほど痛む場合があります。一方、インビザラインは1週間~10日ごとのマウスピースを交換時に歯が覆われるような圧迫感がありますが、ワイヤーを使った矯正に比べると、痛みが圧倒的に少なくて済みます。

 

 

痛みの心配をしなくていいので、お子さんの目が離せない時期にもストレスなく続けることができます😄

 

 

④ 歯のお手入れが楽

 

インビザラインはマウスピースを外すことができるので、お食事はもちろん、食後の歯ブラシもいつも通り。ワイヤーを使った矯正は、通常の歯ブラシより何倍もの労力と時間が必要です。毎日、毎食後のことですから自分にかけるを時間は なるべく短時間で済む方がいいですよね!

 

 

 

 

⑤ 早い段階で歯並びの改善を実感できる

 

 

インビザラインの治療の進み方は、ある程度歯並びを整えてから噛み合わせ(とても大事!)を調整していきます。そのため、パッと見た目の歯並びのきれいさは、治療の早い段階で実感できることが多いです。

 

 

育児休暇中に始めるなら、できれば仕事に復帰する時までにある程度、歯並びがきれいになっていると、気分がよいですよね。復帰後の不安も、例えばコンプレックスだった口元に自信が持てれば、軽くなるのではないでしょうか。

 

 

インビザラインは治療前に3Dのシミュレーション画像でどんな風に歯並びが変わっていくのかを確認できるので、「仕事復帰する頃にはこんな感じ…」という想像ができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑥  光加速矯正装置(オルソパルス)で治療期間が短縮できる

 

 

 

当院では光加速型矯正装置(オルソパルス)を導入しています。併用すると治療期間が通常の半分くらいで済むんです! オルソパルスを使用した症例について、詳しくはこちらの記事も参考になさってみてください☆

 

出っ歯の矯正治療から一年

 

 

 

⑦  仕事復帰後も装置が目立たないので続けやすい

 

 

 

 

 

 

仕事に復帰してからもマウスピース型で目立たないので、人前に出るようなお仕事の方でも、安心して矯正治療が続けられます。「育児休暇中に矯正始めたんだね」っていう後ろめたさも少ないかも?!笑

 

 


 

 

 

出産後は家事や育児優先で自分のことは後回しになりがちですが、仕事に復帰すれば、家事・育児・仕事の3つをこなさなければならなくなり、ますます自分のための時間が取りにくくなります。

 

インビザラインであれば、限られた時間の中でも効率よく歯列矯正の治療ができます。もし、妊娠・出産の予定もあるけれど、ご自身の歯並びもずっと気になっているという方は、産後でも時間の自由が利きやすい、お仕事復帰前の育児休暇中にインビザラインで歯列矯正を始めることをおすすめします。

 

歯並びの改善と、育児の合間の息抜きが同時にできるような、治療に来てくださる患者さまが居心地のよい医院づくりを、私たちも心がけていきたいと思います。