さいたま市大宮のSHIN矯正歯科 歯科衛生士の佐藤です。

 

 

歯の矯正治療は健康保険がきかないことが多く、決して安いとは言えない治療費です。

そのせいか、意外とインターネットで、「歯並び・自力で治す」と検索している人が多くいます。

 

 

主に「歯並びを自力で治す方法」とは、

① 出っ歯を指で押して引っ込めるといった力技

② 頬杖をつく・うつ伏せや横向きで寝る・口呼吸などの悪癖を治す

この2種類の方法があるようです。

 

 

 

本当に、歯並びを自力で治すことができるのでしょうか?

今日は、この2つのセルフメンテナンスの方法を考察します。

 

 


 

 

① 力技

 

これは、おススメしません。自分の大切な友人や家族、もしくは私自身に「自力で治す方法」を選択するかと言われれば、しません。というか、怖くてできません(^-^;

 

 

 

 

 

 

 

 

・歯を動かす力


 

矯正歯科の治療では、歯に闇雲に力をかけているわけではありません。歯や歯を支える顎の骨へ、ダメージをかけないように計算して歯を動かしています。

 

 

通常、歯科医師が行っている矯正治療の仕組みは、歯に力をかけた方向の「歯を支える顎の骨」が吸収され、歯が元あった空洞部分に新たな骨がつくられることによって、歯を徐々に動かしていきます。

 

 

 

 

 

矯正治療開始前の精密検査ではレントゲン撮影を行います。歯の並びだけでなく、歯と顎の骨の状態、顎のバランスを診るためです。そこで問題があれば、顎の骨の治療を行うことだってあります。歯を動かす方向や力のかけ方は、1歯ずつ異なり、人それぞれ治療計画も違います。

 

 

 

 

 

 

 

これを力ずくでぐいぐい押して、歯に力をかけ過ぎてしまうと、顎の骨が吸収されるばかりで、新しい顎の骨が作られないという現象が起こります。最悪の場合、歯がぐらつき、吸収された歯を支えるための骨は元に戻らず、その歯は抜かなくてはいけない運命を辿るかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

・咬み合わせ


 

これは、とても重要かつ難題です。歯を並べることよりも、咬み合わせを上下左右バランスよく咬み合わせることはとても難しく、知識と技術はもちろん、経験が必要です。

 

 

 

 

自力で歯がきれいに仮に並んだとしても、咬み合わせが正しくできていなければ、食事の問題ばかりか、全身の健康状態の不調を招きかねません。(噛み合わせについては、以前のブログにも書いていますので、チェックされてみてくださいね)

 

 

 

②悪癖を治す

 

歯並びが悪くなる原因の多くを占めるのが、「子供のころからの無意識の癖」だとも言われています。よって、悪癖を取り除くことは大切です。

 

 

しかし、悪癖がなくなれば、これ以上悪い歯並びへの進行を抑えることはできますが、良い歯並びに改善することは難しいです。「悪癖を治す」は歯並びにとって良いことですが、「歯並びを自力で治す方法」ではありません。

 

 

 

・「頬杖をつく」

 

 

・「うつ伏せや横向きで寝る」

 

 

・「口呼吸をしている」

 

 

このような悪癖が残っていると、歯並びをきれいに治しても、「後戻り」といって、時間が経つにつれ歯並びがまた崩れてきてしまいます。「頬杖をつく」「うつ伏せや横向きで寝る」という癖は、ご自分の意識と努力次第でなんとかなりそうですね。

 

 

 

「口呼吸」は、専門的な知識が必要な「MFT」と呼ばれる、口呼吸改善のためのトレーニングを受ける場合や、慢性的な鼻炎が原因によるものだと、自力での改善は難しくなります。

 

 

 

(「口呼吸」に関しては、3回に渡ってこちらのブログで詳しく説明しています。

特に、口呼吸を改善する体操が書かれている『口呼吸と舌の位置』は人気の記事です。)

 

 

 


 

 

 

力技はもちろんのこと、悪癖を取り除くことも「歯並びを治す方法」ではありません。

 

 

 

もし、ご自分の歯並びに違和感を感じたら、まずは、歯やお口を色々なリスクからお守りしながら、より確実な矯正治療を行う矯正専門医にご相談ください。

 

 

 

自力で歯並びを治そうとして、もっと歯並びが悪くなり、ひどい場合歯が抜け落ちてしまった!

そして、結局費用がかかることになってしまった!!なんてことが無いよう、

「歯並び・自力で治す」と検索している人に参考にしていただけると嬉しいです。