乳歯と永久歯が両方生えている混合歯列期からはじめられる、マウスピース型矯正装置(インビザライン・ティーン)というシステムがあります。

 

 

 

 

 

第一小臼歯と第一大臼歯が完全萌出していれば、治療開始できると言われています。

 

だいいちだいきゅうし・・? 完全萌出?? と思われた方

第一小臼歯は、大人の対になっている歯の前から数えて4番目の歯、

第一大臼歯6番目の歯で、6歳臼歯とも言われます。

 

 

子供の歯から、大人の歯に生え変わる順番は端から順番に…ではありません。

6歳ころから下の前歯が生え変わりはじめ、それと同時に乳歯には無かった奥歯が生えてきます。

7〜8歳で上の前歯

9〜12歳にかけて前から奥の順に乳歯から永久歯へと生え変わります。

 

歯の萌出の年齢には個人差もありますが、当医院で最年少でインビザライン・ティーンの治療を行なっている患者さんは10歳です。

 

 

歯の矯正を始める時期は大人からより、子供からの方がよいと一般的には言われています。

 

その理由は

 

1.骨格の成長を利用した治療が可能

 

1-1 歯が動きやすい

1-2 治療期間が短くすむ

1-3 痛みが大人より軽い

 

 

2.早い時期に矯正すると、その分綺麗な口腔内を長く保つことができる

 

2-1 虫歯や歯周病のリスクが減る

2-2 悪い噛み合わせによる歯や顎の負担がなくなる

2-3 正しい発音や呼吸を早くから身につけられる

 

などが挙げられます。

 

 

しかし子供とはいえ、10代の多感な思春期の数年間、ワイヤーの矯正装置を歯に装着することは大人と同じように、いやそれ以上に抵抗があるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

そんな10代の患者さん向けに、インビザライン・ティーンがあります。

 

普通のインビザラインと同様に、1日20時間以上透明のマウスピースを装着していただき、10日前後で交換します。

ほとんど目立ちませんし、違和感も少ないので吹奏楽部や、激しく身体を動かすスポーツ、体育会系の部活動にも支障をきたしません。

 

 

 

インビザラインとインビザライン・ティーンの異なる点

 

・歯全体を覆うマウスピースですが、未萌出の歯がある場合はその歯が生えるスペースを確保した設計になっています。

 

 

 

 

 

・装着時間が管理できる

奥歯の目立たないところに、装着時間に応じて色が変わるインジケーターが付いています。

お食事中や歯磨きのときに取り外しできる点はインビザラインのメリット

ですが、装着していないと効果がありません。

お子様がきちんとマウスピースを装着できているか管理することができます。

 

 

 

 

 

・マウスピースの紛失に対する補償システム

インビザライン・ティーンはお子様がマウスピースを破損・紛失してしまっても数に上限がありますが、同じマウスピースを無料で再製作することができます。

 

 

 

インビザラインの技術はどんどん進化しており、マウスピースで成長期を利用した骨格の移動を伴う矯正治療もできるようになってきています。

 

健康な歯であれば歯列矯正に年齢制限が無いのと同じように、インビザラインも子供から大人まで治療することが可能です。

 

 

 

お子様の歯並びが気になっているお父様やお母様方。

まずは初診の無料カウンセリングにて、お待ちしお待ちております。